家呑みで胃が巨大化!? … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

Img_6796a_20200705173401

 フレックス勤務での仕事を終えて、そぼ降る雨の中を野方「すっぴん酒場」にやって来た。

Dsc04050a

 店に着いたのは午後4時50分。店の奥のほうには、すでに5~6人のお客さんたちが立ち飲んでいて、私はその手前、ちょうど焼き台が見えるあたりに立って、いつものように「黒ホッピー」(セットで450円)からスタートした。

 お代は品物と引き換え払い。カウンターに立つと同時に出される支払用のザルに小銭(500円玉、100円玉、50円玉)を、そしてザルの下に、千円札を1~2枚、敷いておくのが一般的。

 品物が出ると、ここからその代金を持って行って、お釣りを入れてくれるのだ。

 ちなみに、この店のメニューの料金は50円刻みになっているため、10円玉、5円玉、1円玉は不要です。

Dsc04052a

 すぐに出される「お通し」は定番の大根、カブ、キュウリのお新香。

 この定番のお新香が無くなると、これと同じ、小さいガラスの器に盛られたポテトサラダやマカロニサラダなどが出されるのだ。

 「お通し」には新品の串2本が添えられる。この2本を箸代わりにするのである。

 箸代わりの串2本は、これから店を出るまで、ずっと箸代わりとして使わないといけないので大事に扱うことが肝心だ。

 そしてお代は品物と引き換え払い。

Dsc04053a

 もつ焼きも、これまたいつものように「れば」「ちれ」「しろ」(各100円)の3種3本セットからスタートする。

 「すっぴん酒場」に来ると、この3本からスタートしないと始まらない。これはもう、自分のルーティンとして定着してしまっているのだ。

 お通しのお新香を食べながら喉をうるおしているうちに、まずは「れば」のタレ焼きが焼き上がってくる。これには七味唐辛子をかけていただく。

Dsc04054a

 2番目に焼き上がってくるのは「ちれ」の塩焼き。

 この店では、ネタの名前だけ指定して、味付けは指定しない常連さんが多い。

 私もいつも味付けは指定せずに注文しているが、「れば」は必ずタレ焼きで、「ちれ」は必ず塩焼きで出してくれる。

Dsc04055a

 そして3番目の「しろ」は必ずタレ焼き。

 3種3本は、いつもこの味付けで出されるんだけど、それでもこれら3本の味付けに飽きることがないんだなぁ。

Dsc04057a

 奥のお客さんから「セロリ漬け」(150円)の注文が飛んだので、私も思わず便乗注文。

 そのセロリを小鉢に盛ってくれながら、「今日、ラッキョウも漬けたからねぇ。あと1ヶ月ぐらいしたら食べられるよ」とママ。

 おぉ~っ。それは楽しみだ。

 この店で自家製で漬けたラッキョウが、すっごくうまくて人気が高いのだ。

 あと1ヶ月ってことは、7月の中旬以降ってことだな。楽しみだ。

Dsc04058a

 黒ホッピーの「中身」(250円)をおかわりしつつ、2巡目の焼きものとして、「さがり」「はつみみ」「あぶらにんにく」(各100円)の3種3本セットを注文した。

 先に焼き上がってきたのが「さがり」(上の写真手前)と「あぶらにんにく」(写真奥)の2本。

 どちらも人気が高くて、売り切れてしまうことも多い品だ。

Dsc04059a

 そして「はつみみ」。

 これは豚ハツ(心臓)のヘリ(フチ)のほうの部分なので、『ハツの耳』ということで「はつみみ」という名前。

 ハツミミの間には、ネギとピーマンが挟まれている。

Dsc04061a

 ソト1・ナカ4の4杯めとなる「中身」をもらって、焼きものは「れんこん」(150円)。

 「れんこん」は、つくねファミリーの中の1品で、レンコンの穴の中、そして表面に、たっぷりとツクネが付いている。

Dsc04062a

 さらに「ハラミナンコツ」(写真手前、100円)と「かしら」(写真奥、100円)も追加注文。

 この2本も含めて、ここまでで9本の焼きものをいただいたことになる。

 在宅勤務で、ずっと家呑みをしているうちに、胃袋が大きくなってしまったかなぁ。

 これは、やばいっ。

Dsc04064a

 と、そこへ!

 他のお客さんから「煮込み」(400円)の注文が飛んだ。

 当然のごとく、ママがチラッと目線を投げてくれる。

 言葉には出さないけれど、『どうする? 便乗注文する?』と目顔めがおで聞いてくれているのだ。

 これまでの私だったら、絶対に食べられないところだけれど、家呑みで鍛えた胃袋には、まだまだ入りそうな気がする。

「私もお願いします!」

 と元気よく返事してしまった。

Dsc04065a

 とは言うものの、すでに黒ホッピーもソト1・ナカ4で飲み干したところ。

 改めて「酎ハイ」(400円)を「レモン」(50円)と共にいただいた。

Dsc04067a

 ここに来るといつも「黒ホッピー」ばかり飲んでいるから、他のメニューをご紹介したことがなかったが、これがこの店のドリンクメニューである。

 各種酎ハイやビールはもちろんのこと、ホイスやトリハイ(トリスハイボール)に、日本酒、焼酎、ワイン、マッコリまで、いろんなお酒がそろっているのだ。

 この「酎ハイ」も本来ならソト1・ナカ2でいけるところだが、さすがに、この店でナカ合計6杯になると飲み過ぎになってしまうので、「酎ハイ」+「レモン」はソト1・ナカ1で飲みきった。

Dsc04068a

 たっぷりと3時間半に及ぶ立ち飲みタイム。

 これだけたくさんいただくと、品物と引き換え払いの総支払額も3,300円と、この店にしては高額となった。(たぶん自己最高額じゃないかなぁ。)

 超満腹。しかも、このところこんなに長時間立ってなかったので、立ち疲れた。

 店に出ると、朝から降り続いている雨が、まだ上がっていなかった。

店情報前回

《令和2(2020)年6月19日(金)の記録》

| | コメント (0)

久しぶりの3点セット … 立呑み「やきや」(荻窪)

Eaa3743bdce84d269eed643ef204f7e0

 4月に来てから、実に2ヶ月以上のご無沙汰となってしまった荻窪「やきや」。

 店は変わらず営業が続いているんだろうか?

 ママ(女将)やカイト君、ヨーコさん。そしてご常連さんのみなさん方はお元気なんだろうか?

 そんなことを思いながら、荻窪駅南口を出て「やきや」へと急いだ。

 時刻は午後4時半。

 おぉ~っ。のれんは出てないけど、引き戸が開いてる。

 風通しをよくするために、のれんを出していないだけに違いない。

Dsc04043a

 開店から30分の店内は、入口近くと、奥の立ち飲みテーブル席近くに合わせて8人ぐらいのお客さんがいて、中央部が空いている。

 ママとカイト君が、「久しぶり!」と笑顔で迎えてくれる。(ヨーコさんは午後6時からの出勤なので、残念ながらこの時間帯にはいませんでした。)

 そして「ホッピー」(360円)だ。

Dsc04044a

 2ヶ月以上ぶりにいただく「やきや」のつまみ。

 最初の一品は、ここでしか食べることができない「珍味わたあえ」(230円)をチョイス。

 ほんのりと甘い味付けなのに、絶妙な酒の肴になる「珍味わたあえ」。

 一昨年亡くなった大将が、どこかの料理屋で似たような料理を食べて、「これは!」と思い立って創った料理なんだそうな。

 ママもそうだけど、大将もお酒は飲めない。それなのに「珍味わたあえ」をはじめとする「やきや」の人気料理の数々を作ったり、日本酒として安くて、すっきりと飲みやすく、イカにもよく合う「北の誉」を選んだりと、実によく呑兵衛心をつかまえているのだ。

 それが「やきや」の良さなんだなぁ。

Dsc04045a

 「なか(おかわり焼酎)」(170円)をもらって、2品めのつまみは「いかみみ刺身」(240円)を“生姜しょうが”でもらう。

Dsc04046a

 この「いかみみ刺身」はもちろん、1品めにもらった「珍味わたあえ」の残りダレを絡めていただこうと思っているのだ。

 この残りダレには、いつもは刺身に付いてくるワサビを溶き入れて食べていた。

 今日も「いかみみ刺身をお願いします」という注文に、カイト君が「生姜?」と聞いてくれた時に、「いや、ワサビで」と答えようとしたのを止めて、ちょっと考えた。

『せっかく久しぶりに来たんだから、違う食べ方を楽しんでみよう。「珍味わたあえ」の残りダレには、もしかすると生姜も合うかもね。』

 そして、「はい、生姜でお願いします」と、生姜オプションで「いかみみ刺身」をもらったのだった。

 結果、やはりワサビのほうが「珍味わたあえ」の残りダレとの相性はいいようだが、生姜も生姜でおもしろい。今までなかった味わいだ。これもいいねぇ。

Dsc04047a

 3杯めとなる「なか」には、「自家製塩辛」(230円)である。

 珍味わたあえ→刺身(今日はイカミミ)→塩辛。

 久しぶりに「やきや」に来て、どうしても食べたかった3点セット。

 これでコンプリートである。

 午後5時を過ぎるころから、お客さんもちらりほらりと入ってきたが、帰るお客さんもいて、店内は10人程度の状態が続いている。

 4杯めをもらって、ママに状況を聞いてみたところ、やはりお客さんは減っているとのこと。

 いつもは4時台に奥のテーブル席を囲んでいる大常連さんたちも、今日は見かけなかったもんなぁ。

 かく言う自分も、なかなか酒場に足が向きにくい。

 まだ確たる治療薬がないこの状況下で、自分でできる予防策は、「可能な限り外出せず、不特定多数の人と合う機会を減らす」ということぐらいしかないもんなぁ。

 とは言うものの、わたあえ、刺身、塩辛はやっぱり美味しいや。

 さっくりと1時間ほど立ち飲んで、今日のお勘定は1,400円。どうもごちそうさま。

 なんとか早く、安心して酒場に行ける状況になることを祈るばかりです。

店情報前回

《令和2(2020)年6月17日(水)の記録》

| | コメント (0)

家で呑む、酒場で呑む … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

Img_2971a

 自宅に持ち帰りたい資料があったので、久しぶりに会社に出た。

 日曜日なので、予想どおり、他に出勤者は無し。電車も空(す)いていた。

 そしてその帰り道、たまたま今日は日曜営業をしている「すっぴん酒場」に寄り道だ。

 会社に行って仕事をし、その帰り道に行きつけの酒場に立ち寄ってから帰宅する。

 やっぱりこれが正しい流れなんだなぁ。

Img_2972a

 「黒ホッピー」(450円)と「お通し」(150円)のお新香。

 お新香などは、箸代わりの2本の新品串でいただくのが「すっぴん酒場」流。

 前回記事でも書いたとおり、今回の新型ウイルスの状況下で、単身赴任時代から15年以上続いていた、『飲むのは酒場で!』という自分自身のルールを破棄し、4月24日から自宅での晩酌を再開した。

 そうやって自宅で飲み始めると、在宅勤務で仕事をして、そこから改めて飲むためだけに酒場に出かけるということもなくなってきた。

Img_2973a

 「れば」(100円)のタレ焼き。

 4月からずっと続く在宅勤務。そのうちにリズムができてきた。

 出勤していたときと変わらぬ時間に起きて、洗面、朝食などを、これまたいつもと変わらぬリズムでこなす。

 通勤時間と同じ時間に家を出るんだけれど、通勤するわけではなくて、通期とだいたい同じ時間(1時間ほど)をかけて、朝の散歩をする。

 今日は東へ、明日は西へと、毎日、散歩するエリアを変えることで、これまで知らなかった自宅近辺のいろんなところを改めて知ることができた。

Img_2974a

 「ちれ」(100円)の塩焼き。

 ちょうど春のいい季節だったからか、散歩の道すがら、さまざまな美しい花を見ることができたのも良かった。

 途中から、そうやって出会った花の写真を撮って、インスタグラムフェイスブックに載せることも楽しみのひとつになった。

Img_2975a

 「しろ」(100円)のタレ焼き。

 朝の散歩を終えると、いつも会社で働き始める時間に合わせて仕事を開始する。

 在宅勤務が始まった最初の頃こそ、なんだか仕事のリズムがつかみにくかったが、1週間ぐらい経ったあとは、完全にリズムができてきた。

 飛び込みの案件などがほとんどない分、むしろ会社で仕事をするよりも集中することができる。(その分、肩こりや、目の疲れはひどくなったかなぁ。)

Img_2976a

 定番の3種3本を食べ終えた後、今日は「アスパラ巻」(250円)を焼いてもらった。

 アスパラガスの旬は4~6月。まさに今が美味しいシーズンなのだ。

 さて在宅勤務の続き。

 昼休みは、会社での昼休みと同じ時間に取り、10時と3時にはコーヒーブレーク。

 そして、会社の終業時間と同じ時間に仕事を終える。

 このリズムをしっかりと守ることで、仕事の時間には仕事に思いっきり集中できるようになった。

Img_2979a

 大好物の「煮込み」(400円)ももらう。

 終業時刻を迎えた後は、いつもは帰りの電車に乗っている時間に、ゆっくりとお風呂に入る。

 そして会社からの帰り道に酒場に寄っていた時間に、もう家で飲み始める。

 こういう生活習慣って、最初は違和感があるけど、続けるうちにすっかり身についてしまうんですねぇ。

 感染リスクが少ないこともあって、今はこのパターンが最もくつろげる。

Img_2980a

 しかしながら、今日のように会社に出ると、やっぱり帰り道に行きつけの酒場に立ち寄りたい。

 自宅では食べることができない、もつ焼きや、もつ煮込みなどの料理があるのももちろんのことながら、この酒場でしか会えない面々も多いもんね。

 「家呑み」の良さ、「酒場呑み」の良さを改めて体感している今日この頃です。

 黒ホッピーはソト1・ナカ4。お勘定は2,300円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年5月17日(日)の記録》

» 続きを読む

| | コメント (0)

連休が明けて営業再開 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

Dsc03732a

 東京都の「適切な感染防止対策の協力」と「営業時間短縮の協力」の要請を受けて、4月16日から3週間の休業措置をとった「すっぴん酒場」。

 予定どおり、昨日(5月7日)営業を再開した。

Dsc03744a

 しかしながら、その営業時間は15:00(午後3時)から20:00(午後8時)までと、営業時間の短縮は続いている。

 そして、この時間では十分に飲み食いできないお客さんのために、もつ焼きの持ち帰り(テイクアウト)も始まった。

 持ち帰り用のもつ焼きは、1本150円~と、店内で食べるよりも高いが、これは純粋に持ち帰り用だけを注文した場合の値段。

 店内で飲食して、さらに持ち帰り用も焼いてもらう場合には、店内と同じ値段で持ち帰ることができる。

(注: 現在は通常の営業時間に戻っており、持ち帰りもありません。)

Dsc03734a

 再開直後の昨日は、さすがにお客さんが多いかもしれないので、営業再開2日めの今日、「すっぴん酒場」にやって来た。

 そしていつもの「黒ホッピー」(450円)である。

 っくぅ~~っ。

 都立家政「ふじ井」で飲んで以来、18日ぶりのホッピーがうまいこと!

 五臓六腑に染みわたるようだ。

Dsc03737a

 「お通し」(150円)のお新香をつまみに飲んでるうちに、1本めの「れば」(100円)が焼き上がってきた。

 この18日間、どうしていたかというと、「ふじ井」で飲んだ1週間後の、4月24日(金曜日)。ついに我慢しきれず、長年にわたって封印していた自宅飲みを再開した。

 今から19年前、2001年に単身赴任が始まってしばらくしてから、単身赴任社宅も含めて、自宅で飲むことは止めて、『飲むのは酒場で!』と決め、それ以来、ずっとその習慣を守ってきたのでした。

Dsc03738a

 2本めは「ちれ」(100円)。

 『飲むのは酒場で!』とした理由は単純で、その方が単身赴任社宅で飲むよりも、圧倒的に楽しくて、料理も美味しいから。

 単身赴任社宅で飲んでると、ひとり暮らしの気楽さも手伝って、乾きものや缶詰中心で、大した料理もないにもかかわらず、エンドレスに飲み続けられたりするんですねぇ。

 これはもう百害あって一利なし。

 そんなことから、自分で自分に『飲むのは酒場で!』というルールを課して、それ以来、呉にいるときも含めて、単身赴任社宅では飲まないようにしていたのでした。

(ブラジルに単身赴任している1年半の間は、やむなく単身赴任社宅でも飲んでましたが……。)

 その習慣が、単身赴任が終わってからも継続されて、これまではお正月以外は自宅で飲むことはなかったのでした。

Dsc03739a

 3本めは「しろ」(100円)のタレ焼き。

 そうして続いていた『飲むのは酒場で!』というルールながら、これだけながく酒場に行けない日々が続くと、さすがにガマンしきれず、自宅飲みを再開したのでした。

 すぐ近くの「カクヤス」から、何種類かの缶入りアルコール飲料を買ってきて飲んでみた結果、落ち着いたのが「宝 焼酎ハイボール レモン」。

 アルコール度数7%と、ちょっと強めで、あまりレモンレモンしていない味わいが、自分の好みに合ったのでした。

Dsc03740a

 4本めは「あぶらにんにく」(100円)。その名のとおり、カリッと焼けた脂身が並ぶ中に、ニンニクが2個刺さっている。

 このカリッとした脂身と、ほっこりのニンニクのバランスがいいんだなぁ。

 人気が高くて、早い時間に売り切れてしまうことが多いのが玉にキズだ。

Dsc03741a

 5本めは「さがり」(100円)。これも人気が高い。

 ところでさっきの「宝 焼酎ハイボール」だが、愛飲している「レモン」の他にも、「大衆酒場のうめ割り」とか、「ブドウ割り」、「梅干割り」、「強烈塩レモンサイダー割り」といった種類があるようだ。

 今後も長く自宅飲みが続くようであれば、これらもちょっと試してみるかなぁ。

Dsc03742a

 最後は大好物の「煮込み」(400円)をもらって締めくくる。

 ゆっくりと2時間ほど立ち飲んで、黒ホッピーはソト1・ナカ4。

 品物と引き換え払いでの総支払額は2,250円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年5月8日(金)の記録》

» 続きを読む

| | コメント (0)

信玄どりもまた美味し … もつ焼「ふじ井」(都立家政)

Dsc03582a

 3月末に突然閉店(その経緯)となった「竹よし」の『ボトル・思い出の品のお持ち帰り会』が開催された。

 「竹よし」では、いつも日本酒をいただいていた私は、キープしている焼酎などはなかったが、お店を手伝っていた女性陣(竹よしシスターズ)や常連のお客さんと会うことを目的に、「竹よし」に出かけて行った。

 あるお店が閉店するということは、そのお店を核として形成されていた小さなコミュニティーがなくなるということ。

 これまでも何度も経験したが、その店が閉店すると、その店でお会いしていた面々と一堂に会することは、二度とできなくなってしまうのだ。

(ご常連さんたちのうちの何人かと、別の店でばったりとお会いしたりすることはあるんだけれど……。)

 そんな「竹よし」からの帰り道。駅近くの路地をのぞくと、もつ焼き「ふじ井」が営業していたので、吸い込まれるように店に入った。

Dsc03583a

 見るたびに、いつも満席状態が続いている「ふじ井」にすんなりと入れるのは、緊急事態宣言下ならではだろう。嬉しいような、悲しいような……。

 その「ふじ井」も、要請に従って午後8時までの営業で、お酒の提供は午後7時まで。

 まずは「ホッピー白」(390円、以下すべて税別表記)をもらって、喉をうるおす。

Dsc03585a

 つまみは「もつ煮込」(350円)から。

 ここの「もつ煮込」は、立石「宇ち多゛」の煮込みのように、いろんな部位(たん、がつ、ふわ、なんこつ、小腸、こぶくろ、はつもと等)が入っていて、味噌で味付けしたもの。

 西武線沿線のもつ焼き屋は、それぞれの店が特徴のある煮込みを食べさせてくれるのが楽しい。

Dsc03586a

 もつ焼きの1本めには、これまたこの店ならではの「づけもつ焼き」(120円)を焼いてもらった。

 これは、シロを特製のみそだれに漬け込んだもつ焼きで、やわらかいシロの味わいがすばらしい。

Dsc03588a

 2本めは、生から焼き上げる「自家製つくね」(180円)。これも旨い。

 カウンター席では、「竹よし」の常連さんでもある玉井さん、小野さんが飲んでいる。

 一緒に来られたわけではなくて、それぞれひとり客としてやってきたもの。

 玉井さんは、鷺ノ宮「なりた屋」の常連さんでもある。

 その玉井さんによると、「なりた屋」は要請どおりに時間短縮した上で、『会員制』にすることで、常連さんたちを中心とした営業にして、感染拡大の防止を図っているとのこと。

 みなさん、厳しい環境の中で、様々な工夫をされてるんですねぇ。

Dsc03589a

 カウンター席には、ホッピーと一緒に、トマトジュース(ソト)とレモン(くし切り)をもらって、ホッピーをレッドアイ風にして飲んでる常連さんがいる。これはいいかも!

 ソト1・ナカ4のペースでホッピーを飲んでいた私も、4杯めのナカの代わりに「トマトハイ」(390円)をもらい、そこに残っていたホッピー(ソト)を投入した。

 う~~ん、残念。ホッピー(ソト)の量が少な過ぎて、あまりホッピーらしさを感じない。

 レッドアイ風にするには、ホッピー(ソト)とトマトジュース(ソト)のうまいバランスをとる必要があるようだ。

Dsc03590a

 3本めは、もつ焼きではなくて焼き鳥。「信玄どり正肉大串」(160円)を注文した。

 メニューにも、あえて『大串』と書いているとおり、そのずっしりとした重量感がいいねぇ!

 他にも「信玄どりせせり大串」(160円)と「豚バラ大串」(160円)という『大串』メニューがある。

Dsc03592a

 さらには「酢もつ」(250円)。

 本来はガツとミミが入るそうだが、今夜はガツのみのシンプル版だ。

 ゆっくりと2時間ほど楽しんで、席料100円と消費税が加わって、今日のお勘定は2,730円なり。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年4月18日(土)の記録》

| | コメント (0)

時短の影響で再び休業 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

Img_2488a

 4月13日に、東京都から感染拡大防止のため休業要請の詳細が示された。

 居酒屋や飲食店は、「社会生活を維持するうえで必要な施設」ということで休止要請は出されず、その代わり「適切な感染防止対策の協力」と「営業時間短縮の協力」が要請された。

 営業時間の点では、これまで夜8時以降から朝5時までの間に営業していた店舗を対象に、『朝5時から夜8時までの間の営業』と『酒類の提供は夜7時までとすること』が要請されることとなった。

 これを受けて、4月10日から営業を再開した「すっぴん酒場」も、明日4月16日から、5月6日まで、改めて臨時休業することとなった。

 『酒類の提供は夜7時まで』と制限されると、多くの人は仕事終わりに飲むことができないですもんねぇ。

Img_2491a

 長い臨時休業の前に、もつめをしておこうと、「すっぴん酒場」にやって来たのは午後6時前。

 普通の時間に在宅勤務を終えると、最速でもこの時間になってしまう。

 今日もすでに酒類のラストオーダーは午後7時。閉店は午後8時だそうなので、お酒が注文できるのはあと1時間ほど。

 急いで「黒ホッピー」(450円)と、いつもの「れば」「ちれ」「しろ」(各100円)の3種3本セットを注文し、「お通し」(150円)として出してくれたお新香をつまみに飲み始めた。

Img_2494a

 「れば」はタレ焼き。

 お店が休業になると、そのお店の料理が食べられないばかりでなく、そのお店でしか会わない常連さんたちとも会えなくなるのだ。これがけっこうつらい。

Img_2495a

 「ちれ」は塩焼き。

 今日も、早い時間帯の常連さんたちは、すでにいらっしゃっていて、もつ溜め、すっぴん溜めをしている。

 8時までの営業なので、遅い時間帯の常連さんたちは、残念ながら間に合わないだろうなぁ。

Img_2496a

 「しろ」はタレ焼き。そして「なか(焼酎おかわり)」(250円)ももらう。

Img_2498a

 いつもは誰かが注文するのを待って便乗注文する「煮込み」(400円)だが、今日は絶対に食べておこうと、自ら率先して「煮込み」を注文。

 するとカウンターの奥のほうで飲んでいる常連さんからも便乗注文が飛んだ。

Img_2499a

 「煮込み」の間に、さらにもう1杯「なか」をもらって、「煮込み」を食べ終えたところで6時50分。

 ソト1・ナカ4の4杯めとなる「なか」をもらって、「しょうがみょうが」(200円、上の写真)と「れんこん」(150円)を中もしたら、なんと「れんこん」が直前の注文で売り切れていた。

Img_2500a

 そこで「れんこん」に代わって注文したのが「ねぎおやじ」(150円)。

 これは切って開いた白ネギの中に、ニンニクが効いた「おやじつくね」を詰めて焼き上げたもの。

 餃子にも似た風味がいいんだな。

Img_2502a

 さっくりと1時間半ほどの立ち飲みタイム。

 品物と引き換え払いでの総支払額は2,100円なり。

 外を出ると、すでに提灯の灯りも落ちて、店はすっかり閉店モードになっていた。

 次に営業を再開するのは3週間後か。長いなぁ。

店情報前回

《令和2(2020)年4月15日(水)の記録》

» 続きを読む

| | コメント (0)

営業再開しモツを充填 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

Dsc03568a

 緊急事態宣言を受けて臨時休業していた「すっぴん酒場」だが、その後、居酒屋には休業要請は出ないということがわかり、昨日(4月11日)から営業を再開した。

 営業再開当日は、待ちわびた常連さんたちが一斉にやって来るに違いないと思ったので、私は昨日は荻窪「やきや」へ。

 そして再開二日目の今日、満を持して「すっぴん酒場」へとやってきた。

 若宮から野方方面へと、みつわ通り商店街を歩いていくと、「すっぴん酒場」の赤提灯が見えてきた。

 やってるなぁ。

 店が開いてるのは、言ってみれば当たり前のことなんだけど、一度臨時休業になった後の再開は、本当に嬉しい。

Dsc03570a

 午後5時前の店内は先客は無し。

 さっそく「黒ホッピー」(450円)をもらって飲み始めると、すぐに出される「お通し」(150円)は定番のお新香だ。

 店主夫妻の話では、やはり昨日は多くの常連さんたちでにぎわったそうだ。

(今日も、このあと順次、常連さんたちがやって来た。)

Dsc03572a

 さっそく注文した「やきとん」は、いつものとおり「れば」「ちれ」「しろ」の3種3本セット(各100円)。

 最初に焼き上がってくるのは必ず「れば」である。

 ここの「やきとん」は、キャベツを敷いた親子鍋で提供される。

 2巡め以降に出される「やきとん」も、この同じ親子鍋の上にのせてくれる。

 キャベツのおかわりはないので、このキャベツは最後まで大事に残しておいて、帰る直前に、最後の〆としていただくのが、いい食べ方だと思う。

Dsc03573a

 「れば」を食べ終えて、「なか(焼酎おかわり)」(250円)をもらったタイミングで、「ちれ」(写真手前)と「しろ」(写真奥)も焼き上がってきた。

Dsc03574a

 3杯めとなる「なか」には、「アスパラ巻」(250円)を焼いてもらう。

Dsc03577a

 そして4杯め(ソト1・ナカ4)には「さがり」(写真手前、100円)と「アブラニンニク」(写真奥、100円)を焼いてもらった。

Dsc03578a

 ゆっくりと2時間ちょっと立ち飲んで、品物と引き換え払いでの総支払額は2,100円。

 緊急事態宣言下であることに変わりはないものの、ちょっとでも『もつ切れ』を解消することができて良かった。

 どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年4月11日(土)の記録》

» 続きを読む

| | コメント (0)

臨時休業店が増える中 … 立呑み「やきや」(荻窪)

Img_2350a

 三日前(4月7日)に緊急事態宣言が発令され、基本的に完全にテレワーク(在宅勤務)の状態になった。

 運動不足の解消も兼ねて、一昨日は鷺ノ宮・都立家政方面を、昨日は野方方面を散歩してきたのだが、開いてる酒場もあるにはあるものの、多くの酒場が臨時休業(店によっては持ち帰りのみ営業)になっていた。

(上の写真は4月8~9日のもので、現在は各店とも営業されています。)

Img_2385a

 金曜日の今日は、在宅ながらタイムシフト(フレックス)勤務にして、早めの夕方に仕事を終え、トコトコと荻窪「やきや」までやってきた。

 わが家から「やきや」までは、歩くと40分ほどかかる。

 店に到着したのは、午後4時ちょうど。

 開店待ち行列の後ろに着いたところで、のれんが出され、「やきや」がオープンした。

Img_2387a

 行列の先頭の二人は、店の一番手前、焼き台前に立つ常連さん。次の二人は一番奥の、テーブル席を囲む常連さんたちだ。

 それぞれが自分たちの好みの定位置に立ち、私はカウンターの奥のほうに立った。

 みんなが常連さんなので、誰も注文していないのに、自動的にその人の好みの飲みものがずらりと出された。

 私の前にも「ホッピー」(360円)がやってきた。ありがとうございます。

 自宅ではお酒は飲まないことにしているので、今週の火曜日に、ここ「やきや」で飲んで以来、3日ぶりのお酒。休肝あけのホッピーがうまいのぉ!

Img_2388a

 開店直後なので、カウンター上の大皿料理も、すべての品がずらりとスタンバイされている。

 これが6時前になると続々と売り切れていくんだからすごいよね。

Img_2389a

 まずは「珍味わたあえ」(230円)をもらった。

Img_2391a

 「珍味わたあえ」をいただいた場合、2品めの品は必ず刺身だ。

 「いか刺身」(240円)と「いかみみ刺身」(240円)が選べるところ、今日は「いかみみ刺身」を注文した。

Img_2392a

 「いかみみ刺身」に付いてくるワサビを、「珍味わたあえ」の残りダレに混ぜ入れて、そのワサビダレで刺身をいただくのが、たまらなく旨いのだ。

 「なか(焼酎おかわり)」(170円)ももらって、ホッピーは2杯めに突入である。

Img_2390a

 さらに「なか」をもらって、3品めの料理を選ぶ。

 今日のメニューには、最初から「いかやき」(250円)があるので、これをもらうことにした。

 ちなみに、最初から「いかやき」が登場したことで、その下に隠れてしまったメニューは「いかみみ焼」(230円)と「いかげそ焼」(230円)の2品だ。

Img_2393a

 その「いかやき」は、スルメイカの身の部分を焼いて、食べやすく細切りにしたもの。

 通常は、他の焼きものがすべて売り切れた後、「いかやき」の短冊メニューが掲げられるのだが、今日はしょっぱなから「いかやき」がある。これは珍しい。

Img_2396a

 そしてソト1・ナカ4の4杯めとなる「なか」には、今夜も「めかぶ」(190円)をいただいた。

 やぁ、これで落ち着いた。

 1時間半ほど楽しんで、今日のお勘定は1,780円でした。どうもごちそうさま。

Img_2401a

 店を出ると、まだ明るい。荻窪駅へと向かいながら「煮込みや まる。」の前を通ると、ここにも店頭に貼紙が出ている。

 「ここも臨時休業なのかな?」と思いながら、その貼紙を確認してみると……。

Img_2402a

 「出産中」って!

 常連さんが貼ったのであろう「出産おめでとうございます」の貼紙にもほっこり。

 「臨時休業」の貼紙が多いなか、なんだか微笑ましくて、癒されました。おめでとうございます。

店情報前回

《令和2(2020)年4月10日(金)の記録》

» 続きを読む

| | コメント (0)

緊急事態宣言を受けて … 立呑み「やきや」(荻窪)

Dsc03550a

 昨日(4月6日)、『7日に緊急事態宣言を発令する予定』と報道されたので、今日(7日)は、今後、ずっと在宅勤務となっても大丈夫なように、仕事で必要ないろんな資料を持って帰るために出勤。

 出勤してみると予想どおり、明日、4月8日から『可能な限り在宅勤務とする』という方針が出された。

 今日のうちに資料を取りに来てて正解だったなぁ。

 その帰り道、荻窪「やきや」に立ち寄って、「ホッピー」(セット360円)である。

Dsc03551a

 つまみは「いか刺身」(240円)を“生姜しょうが”で出してもらう。

 刺身は「いか刺身」と「いかみみ刺身」(240円)があって、注文することができるのは、ひとりでどちらか一品のみ。

 ややねっとりとした旨みの「いか刺身」か、コリッとした弾力の「いかみみ刺身」か。

 これはもう、その日の気分次第。

 さらに添えてくれる薬味も、デフォルトの“山葵わさび”か、オプションの“生姜”が選べる。

 元々は山葵だけだったようだが、常連さんのひとりが、「山葵の代わりに、『いかしょうが棒』に添えられている生姜を添えてもらえない?」というお願いをしたことから、“生姜添え”のオプションが始まったそうだ。

Dsc03552a

 「なか(焼酎おかわり)」(170円)をもらって、2品めのつまみには「いかげそ焼」(230円)を選択。

 丸1匹分のゲソを、10本連なったままタレ焼きにした後、10本に切り分けて皿に持ってくれる。

Dsc03554a

 ゲソ焼きのほうに七味唐辛子を振りかける人もいるが、私は添えられたマヨネーズに七味唐辛子をかけて、これをつけながら食べる派だ。

 ここ「やきや」にしても、赤羽の「まるます家」にしても、七味唐辛子の回転が速い店は、七味唐辛子ならではの香りがいいねぇ!

Dsc03555a

 2度め(3杯め)の「なか(焼酎おかわり)」には「自家製塩辛」(230円)。

 今や自分の中でのイカ塩辛の標準は、「やきや」の塩辛になってしまった。

 塩から過ぎない(しょっぱくない)のがいいんだなぁ。

Dsc03557a

 3度め(4杯め)の「なか(焼酎おかわり)」をもらって、「げそ揚げ」(230円)を注文した。

 さっき「いかげそ焼」を食べたのに、なぜ改めて「げそ揚げ」をもらったか。

Dsc03558a

 それは、「自家製塩辛」のタレが残っているからだ。

 これを付けながらいただく「げそ揚げ」が旨いのだ。

 塩辛のタレに、醤油をちょっと足して、それで「いか刺身」や「いかみみ刺身」を食べるのもいい。

Dsc03559a

 これでホッピーがソト1・ナカ4に、つまみが4品。

 いつもはここで飲み終えて、お勘定が1,800円となる。

 しかし、緊急事態宣言が発令されて、今日の深夜(4月8日午前0時)から5月6日までの1ヶ月間、「可能な限りの外出自粛に協力をいただく」ということになったので、次はいつ「やきや」に来れるかわからない。

 もうちょっと「やきや」めをしておこうということで、さらに「にごり酒」(300円)をいただいた。

 銘柄は「にごり酒 親玉 北の誉」。すっごく飲みやすいのが大きな特長だ。

Dsc03563a

 つまみは「めかぶ」(190円)にするか、「漬物」(190円)にするか、ちょっと迷って、「めかぶ」をもらった。

Dsc03565a

 2時間ほどの立ち飲みタイム。今日のお勘定は2,290円でした。どうもごちそうさま。

 明日から緊急事態宣言下に入る。

店情報前回

《令和2(2020)年4月7日(火)の記録》

» 続きを読む

| | コメント (0)

在宅勤務も土日は休み … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

Dsc03504a

 テレワーク(在宅勤務)になって、曜日の感覚がなくなりつつあるものの、土日はやっぱり休みである。

 土曜日の今日は、夕方5時過ぎに、トコトコと歩いて「すっぴん酒場」にやってきた。

Dsc03505a

 いつものように「黒ホッピー」(450円)を注文し、小銭入れの中にあった100円玉5枚をカゴに入れ、千円札を2枚、カゴの下に置いた。

 小銭入れには10円玉や5円玉、1円玉もあるのだが、この店では不要。食べものも飲みものも、すべて50円刻みの値付けになっているので、50円より少額のコインは出番がないのだ。

 黒ホッピーとほぼ同時に、「お通し」(150円)のお新香が出され、「合わせて600円ね」と、千円札から400円のお釣りをカゴに入れてくれた。

 上の写真は、ちょうどその時点のものである。

 カウンターの奥のほうにいる常連さんたちと乾杯し、ググッと喉をうるおす。

 そしてこれまたいつものように「れば」「ちれ」「しろ」(各100円)を注文した。

 何はともあれ、この3種3本は食べないと始まらないのだ。

Dsc03508a

 「れば」。味付けはおまかせだけど、いつもタレ焼きで出してくれる。

 たいてい、この「れば」を食べきったあたりで、1杯めのホッピーを飲み終えて、「ナカ(おかわり焼酎)」(250円)をもらうことになる。

Dsc03509a

 そこへ「ちれ」がやって来る。これは塩焼きだ。

 一切れ、一切れのチレの間に、網脂(アミアブラ)が挟まれているのが、この店の「ちれ」の特徴だ。この網脂がコクを足してくれるのだ。

Dsc03510a

 「しろ」はタレ焼き。

 表面はカリッと焼けてるんだけど、中はトロッとやわらかい。

 「れば」「ちれ」「しろ」の3本は、それぞれ個性が違うから面白んだなぁ。

 毎回、必ず食べてるけど、食べ飽きることがない。

Dsc03512a

 3杯めとなる「なか」をもらって、「さがり」(100円、写真奥)と「あぶらにんにく」(100円、写真手前)を注文した。

 「あぶらにんにく」は早めに売り切れてしまう一品なのだが、さすがにこの時間帯(午後6時過ぎ)だと、まだ大丈夫だった。

Dsc03514a

 新たに入ってきた常連さんが、「煮込み」(400円)を注文したので、私もすかさず便乗注文。

 ここの「煮込み」は、豚モツと野菜を煮込んだ状態で、小ぶりの寸胴鍋ごと冷蔵庫に保管されていて、注文を受けてから人数分を小鍋に取り分け、豆腐も投入して最終煮込みをして仕上げてくれるのだ。

 そしてソト1・ナカ4の4杯めとなる「ナカ」もおかわりした。

Dsc03516a

 ゆっくりと2時間半の立ち飲みタイム。カゴの中には100円玉が2枚、残っている。

 ということは、品物と引き換え払いの総合計は2,300円ということですね。

 どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年4月4日(土)の記録》

» 続きを読む

| | コメント (0)

«職場からの帰り道には … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)