日本一予約が取れない … すし処「まさ」(新橋)

Dsc01821b

 新橋駅前ビル1号館での、ビールだけのゼロ次会を終えて、やって来たのはすぐとなり、新橋駅前ビル2号館の地下1階にある「すし処まさ」である。

 店の大きさ、わずかに1.82坪(6㎡)。3席(詰めて4席)のみの店内は完全予約の2交代制。

 それゆえ『日本で一番予約の取れないお寿司屋さん』とも言われているほどの店なのだ。

Dsc01783b

 新橋駅前ビル2号館の地下というと、人気の立ち飲み店、「工藤軒」や「こひなた」があるのと同じフロア。

 ここにそんなすごい寿司屋があるというのは知らなかった。

Dsc01823b

 そんな「すし処まさ」に、今日は4人でやって来た。

 森一起さんの記事によると、ここにはもともと6席のL字カウンターが付いていたのだが、

「6席だと狭い空間で知らない方同士が一緒になってしまう。だったら1組だけにしてゆったり楽しんで貰おうと思いました」

 という店主の考えで、あえて3席のカウンターに改装したんだそうな。

Img_6347b

 今日の予約は、近所の飲み仲間・荒木マタエモンさんによるもの。

 荒木さんは、これまでにも何度もこの店に来られていて、来るたびに、次回の予約をしているとのこと。

 今日の予約も、何年か前にしたものなんだって!

Dsc01824b

 ここは最初から日本酒で。

 先ほど「信州おさけ村」で購入したばかりの持ち込み酒を、店主がていねいに注いでくれた。

Dsc01833b

 本日のネタが披露される。

 ずらりと並んでいる、それぞれのネタが美しいこと。

 ミズダコの吸盤のでっかいこと!

Dsc01832b

 境港で上がったという天然ブリの断面。ため息が出るほど美しいよねぇ。

Dsc01838b

 まずはおつまみから。水ダコ、赤貝のヒモ、そして先ほどの境港の天然ブリの3点盛りが出された。

Dsc01839b

 追いかけるように、でっかいミズダコの吸盤の炙りも出される。軽く塩でいただくのが旨いね。

Dsc01842b

 ツブ貝もひとり1個ずつ。日本酒が進むのぉ。

Dsc01846b

 焼きものはメバチマグロのカマ。

 一緒に出されるつけダレは、粒マスタードを裏ごしして醤油と合わせたもの。

Dsc01847b

 厨房にはガスコンロ1個しかないので、焼き物や椀物などはできない。

 そのためこの鉄板で、お客自身がメバチマグロのカマを焼いていただくのである。

 粒マスタードのつけダレ。いいですねぇ。

Dsc01849b

 自家製の豆腐は、店内で投入ににがりを入れて固めたもの。

 できたての熱々である。

 味わいがとても濃厚で、醤油なんてなくても大丈夫。というかむしろ醤油なしで、そのまま味わいたい逸品だ。

Dsc01857b

 そしてここから握りに入る。

 青森の三厩みんまやでとれた天然マグロの赤身は『づけ』で出してくれた。

 魚も旨いけど、酢めしも旨い。赤酢と塩だけの、昔ながらの酢めしなんだそうな。

Dsc01860b

 スミイカ。イカの身の軟かさが、酢めしとよく合っている。

Dsc01862b

 ヒラメの昆布締め。

Dsc01864b

 赤貝。

Dsc01866b

 コハダ。

 1尾で握り1個が作れるようになるとコハダなんだって。

 その前はシンコ。コハダより大きくなると、コノズミ、コノシロと呼び名が変わっていくんだそうな。

Dsc01870b

 エビの握りは形も面白い。

 くるっと円を描くように盛られたエビの身の中央部には、エビのミソがのっていて、最後に尻尾が飾られる。

Dsc01872b

 店主が「キンメダイです」と出してくれた瞬間に、荒木さんと、これまでにここに来たことがあるミッチーから、

「あぁ。これで最後か……」

 という残念そうな声が漏れる。

 最初のお披露目で出てきたネタケースの、右端に置かれていたネタが出てくるとコースが終了となるんだそうな。

 ちょうど2時間のお任せコース(8,000円/人+税)と持ち込み酒。

 お勘定は4人で40,480円(36,800円+税)。ひとり当たり10,120円(9,200円+税)でした。どうもごちそうさま。

 この人数(店主+客4人)だと、店主も含めた全員の一体感があって、本当に居心地がいい。

 美味しくて、楽しくて、大満足なり。

店情報

《令和2(2020)年1月31日(金)の記録》

» 続きを読む

| | コメント (0)

店情報: すし処「まさ」(新橋)

  • すし処まさ店名: すし処 まさ
  • 電話: 080-5442-9866(完全予約制)
  • 住所: 105-0004 東京都港区新橋2-21-1 新橋駅前ビル2号館(B1)
  • 営業: 17:30~20:30と20:30~の2交代完全予約制、日祝休
  • 場所: 新橋駅前ビル2号館の地下1階
  • メモ: 2010年オープン。3席のみ(詰めて4席)の店内は、完全予約の2交代制。おまかせコース(8,000円/人+税)のみ。飲みものは別会計。店主・鈴木優さんは1861年創業の老舗「寿司政」(九段下)の出身。(2020年1月調べ)

| | コメント (0)

軽くビールでゼロ次会 … 地酒ミュージアム「信州おさけ村」(新橋)

Dsc01788a

 近所の飲み仲間・荒木マタエモンさんから、なかなか予約が取れないというお寿司屋さんにお誘いいただいて新橋である。

 集合場所は、新橋駅前ビル1号館の1階にある地酒ミュージアム「信州おさけ村」である。

Dsc01805a

 ここは信州のお酒の直売所であるとともに、有料試飲コーナーが併設されたスタンドバーでもある。

 ここでお寿司屋に持ち込む日本酒を仕入れるとともに、食前のビールを飲んでいくのが、荒木さんがこのお寿司屋さんに行くときの定番の流れなんだそうな。

Dsc01817a

 基本的には信州の日本酒(清酒)がメインのお店なんだけど、信州のビールなどもたくさん置いている。

Dsc01811a

 レジのところで飲みたいものを注げるて、支払いをすると、その飲みものを出してくれる仕組み。

 それを持って、空いている場所にいき、立ち飲むのである。

Dsc01808a

 銘柄がたくさんあってよく分からないので、荒木さんが買ったのと同じビール「雷電カンヌキIPA」(330円)をいただいた。

 これは長野は東御とうみ市にあるオラホビールで造られたビール。

Dsc01814a

 クルリと缶を回してみると、歌舞伎調の横顔が描かれている。

 東御市出身の力士・雷電為右衛門なんだそうな。勝率9割を誇るこの力士の禁じ手が『かんぬき』だったんだそうで、その名がビールに付けられた。

Dsc01815a

 今日は寿司屋の前なのでビールだけで暖機運転だけれど、つまみも120円から選べて、海外のお客さんも多いのか、英語のメニューも並んで掲示されている。

Dsc01812a

 こちらは350円のおつまみメニュー。

Dsc01816a

 『ちょっとお得なおつまみ』というのもある。

Dsc01818a

 なんといっても引かれたのは「おたぐり」(250円)だ。

 次に普通に飲みに来たときには、これは絶対に食べたいですね。

Dsc01819a

 店は午前11時から午後10時まで(土曜日は午後7時まで)やっているので、昼前から飲むことができる。

 これまでまったく知らなかったけど、ぜひまた来たいお店でした。

店情報

《令和2(2020)年1月31日(金)の記録》

| | コメント (0)

店情報: 地酒ミュージアム「信州おさけ村」(新橋)

  • 信州おさけ村店名: 地酒ミュージアム 信州おさけ村
  • 電話: 03-3572-5488
  • 住所: 105-0004 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館(1F)
  • 営業: 11:00-21:30(土は -18:30)、日祝・第2・3土休
  • 場所: 新橋駅から徒歩1分(125m)、新橋駅A3出口直結の新橋駅前ビル1号館の1階中央部にある。
  • メモ: 信州清酒直売所兼スタンドバー。公式サイトあり。(2020年1月調べ)

» 続きを読む

| | コメント (0)

野菜に始まり串焼で〆 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

Dsc01764a

 会社を出るのが遅くなり、「川名」に到着したのは午後9時。

Dsc01766a

 いつもなら「ホッピー」(380円、以下すべて税別表記)か「生グレープフルーツサワー」(380円)を注文するところだが、今夜はシンプルに「酎ハイ(生レモン)」(380円)を選んだ。

 サービスのお通しはミカンである。

Dsc01779a

 ちなみに他の飲みものメニューは、上の写真のようなもの。

 「あかねハイ」(380円)や「めかぶ茶お湯割」(380円)も、しばらく飲んでないなぁ。

Dsc01769a

 こちらは今日のホワイトボードメニュー。この他に、いつもある定番のメニューが、店内に短冊たんざくなどで掲示されている。

Dsc01768a

 そんなホワイトボードメニューから、今日の1品めとして「ごぼうれんこんサラダ」(280円)を注文した。

Dsc01773a

 「酎ハイ(生レモン)」をおかわりして、2品めは「だし大根煮」(180円)。

 おでんの大根のような料理なんだけど、ダシがよく染みた大根がうまいね。

Dsc01774a

 続いては、店の看板メニューでもある焼鳥を注文する。

 店内には『串焼の注文は2本からです』という掲示があるが、複数の種類が混ざってもかまわない。合計が2本以上になればOKなのだ。

Dsc01778a

 そこで、今夜は「白もつ」(120円、写真左)と「鳥皮」(120円、写真右)を、タレで焼いてもらった。

 「白もつ」は『もつ焼き(やきとん)』で、「鳥皮」は『焼き鳥』。

 「川名」にはどっちもあるので、両方を楽しむことができる。

 だから「豚レバ」(120円)と「鳥レバ」(120円)を食べ比べてみる、なんてこともできます。

Dsc01782a

 そうこうしているうちに、もう閉店時刻の午後11時が近づいてきた。

 席料100円と消費税が加わって、今夜のお勘定は1,716円。

 PayPayで支払って、どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年1月30日(木)の記録》

| | コメント (0)

会社帰りにさっくりと … 立呑み「やきや」(荻窪)

Dsc01758a

 会社帰りに一人で軽く飲むときは、荻窪「やきや」、野方「すっぴん酒場」、高円寺「ほんずなし」など、自宅近くの立ち飲み屋に行くことが多い。

 今日も今日とて、荻窪「やきや」にやって来た。

Dsc01751a

 午後6時過ぎの店内は、ほぼ満員で、かろうじて空いていた奥の立ち飲みテーブルの奥側に立ち、いつものように「ホッピー」(白セット、360円)からスタートである。

Dsc01752a

 最初のつまみは、季節限定(11月末~2月末)の「いか大根」(310円)。

 黒々と、味が良くしみ込んだ大根が、とにかく旨いのだ。

 この「いか大根」だけで、最初の1杯と、「ナカ(おかわり焼酎)」(170円)をもらっての2杯めをいただいた。

Dsc01754a

 さらに「ナカ」をもらって、久しぶりとなる「いかしょうが棒」(230円)を注文。

 これはイカ棒天(棒状のさつま揚げ)を炙って、おろし生姜しょうがを添えて出してくれるもの。

Dsc01755a

 今日はこの「いかしょうが棒」を、「いか大根」の残りダレに浸しながらいただく。

 イカ出汁が効いた煮汁に、イカ棒天。合わないはずがない。

Dsc01756a

 ソト1・ナカ4となる「ナカ」には、「いか納豆」(230円)を注文した。

 「いか納豆」に使われるイカの身は、「いか刺身」に使われる部分の、もうちょっと上の部分の、イカが細くなったところの身を、細かく切ったもの。

 この部分のコリコリ感が、納豆の食感とよく合うので、この部位を使うようになったそうだ。

 もうひとつのポイントは、ワサビが添えられていること。

Dsc01757a

 これらを、たっぷり添えられている刻み白ネギと一緒に、醤油をちょっとかけて、よ~くかき混ぜていただく。

 今日はしなかったけど、このよ~くかき混ぜた「いか納豆」を、「冷奴」(190円)にかけていただくのも、これまた旨くて、いいつまみになる。

 さっくりと1時間半ほどの立ち飲みタイム。今夜のお勘定は1,640円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年1月29日(水)の記録》

| | コメント (0)

オススメの料理が旨し … 立ち呑み「ほんずなし」(高円寺)

Dsc01734a

 月曜日は仕事帰りに「ほんずなし」。

Dsc01736a

 いつものように「得得セット」(550円)を、「ホッピーセット(白)」(単品なら500円)と「子っこちゃん」(単品なら300円)で注文した。

Dsc01737a

 「子っこちゃん」は、ししゃもの卵、バラ数の子、スルメ、昆布、緑豆はるさめの醤油漬。

 魚卵好きにはたまらぬ一品である。

Dsc01740a

 「ナカ(おかわり焼酎)」(180円)をもらって、今日のオススメ料理を確認する。

 カウンター上には通常のメニュー(グランドメニュー)と、季節ごとのオススメメニュー(1枚もの)もあるのだが、まずは正面のボードに手書きされた「オススメ」を見るのが、いつもの流れになっている。

 今日の「オススメ」には、今まで見たことがない「揚げじゃがくん」(200円)というのが書き出されていたので、さっそくそれを注文した。

Dsc01741a

 「揚げじゃがくん」などの新作メニューは、お試し価格の200円で出されることが多い。

 この値段であれば、みんな「ちょっと試してみようかな」と思うようで、他のお客さんたちも何人か「揚げじゃがくん」を注文している。

Dsc01744a

 「揚げじゃがくん」という名前のとおり、じゃが芋(マッシュポテト)を揚げたものだが、中に熱々の明太チーズが入っているのがいい。

 ホッピーも進むねぇ。

 ……と、私はいつもホッピーをいただいているが、この店での一押しの飲みものは、なんといっても数々の青森の地酒なのだ。

Dsc01745a

 さらにナカをもらって、つまみには「菜の花のおひたし」(300円)。季節ものですね。

Dsc01748a

 ソト1・ナカ4の4杯めとなる最後のホッピーに合わせて、「源たれ唐揚げ」(420円)を注文した。

 「オススメ」メニューには『生まれ変わって、さらに美味しくなりました』と書かれているんだけど、何が変わったの? と聞いてみたら、

「唐揚げ用の鶏肉を、胸肉から、もも肉に変えたんですよ」

 とのこと。よりジューシーな唐揚げに生まれ変わってました。

 2時間ほどの立ち飲みタイム。合計2,010円のところ、前回のレシートに印刷されている「またこいへ100引クーポン」で、お勘定は1,910円でした。

 Apple Watch の Suica でピッと支払って、どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年1月27日(月)の記録》

| | コメント (0)

もつ焼き&もつ煮込み … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

Dsc01678a

 西日本方面に2週間ほど出張すると、ホッピー切れになるとともに、もつ切れにもなる。

 出張から戻って2日めの今日は、もつの補充のために「すっぴん酒場」へとやってきた。

Dsc01680a

 今日は、カウンターの奥のほうは満員状態で、焼き台に近い入口近くに立って、まずはやっぱり「黒ホッピー」(450円)である。

 ここのホッピーも氷入りで、普通に飲んでソト1・ナカ4のペースになる。

Dsc01681a

 すぐに出される「お通し」(150円)は、マカロニサラダだった。

 ここの定番の「お通し」は、カブ、大根、キュウリのお新香なんだけど、そのお新香がなくなると、マカロニサラダだったり、ポテトサラダだったりするのである。

Dsc01682a

 もつ焼きも、いつものとおり「れば」「ちれ」「しろ」(各100円)からスタートである。

 3種3本を同時に注文すると、たいてい「れば」が最初に焼き上がってくる。

 注文時に味付けを指定しないと、自動的に『おまかせ』になり、「れば」やタレ焼きで出してくれる。

 常連さんたちのほとんどは、味付けは指定せず『おまかせ』にしているようだ。

Dsc01684a

 「ちれ」は脾臓ひぞうの塩焼き。

 間に網脂あみあぶらが挟まれているので、「ちれ」の味わいに、網脂の旨みが加わってコクが出るのだ。

Dsc01685a

 「しろ」は腸のタレ焼き。カリッとした表面の中は、とろりと軟らかい。

Dsc01686a

 ホッピーの「ナカ」(250円)もおかわりだ。

 食べ終わったもつ焼きの串は、カウンターの奥にある串入れに入れる。

 「お通し」に付いてくる2本の新品の串は、はしとして使用する。

 この箸としての串は、最後まで使わないといけないので、親子鍋の取っ手になる部分に刺しておくと、落ちたり、なくなったりすることがない。

Dsc01687a

 冬場は「はくさい漬け」(150円)も外せない一品だ。

 もちろんこの「はくさい漬け」も、箸代わりの2本の串でいただきます。

Dsc01688a

 もつ焼きの2ラウンドめは、「さがり」と「かしら」(各100円)を注文。

 「さがり」は横隔膜おうかくまくなので、正肉に近い味わいだ。

 間に挟まっている白ネギも美味しいね。

Dsc01689a

 「かしら」は、豚の頭部の肉。脂分も多いのが特徴で、旨みが強い。

Dsc01693a

 なにしろ2週間ぶりの『豚もつ』なので、もつ焼きだけで終わることなく、「煮込み」(450円)もいただいた。

 ここ「すっぴん酒場」の「煮込み」と、立会川「鳥勝」の「煮込(牛)」、横浜「豚の味珍」の「牛もつ煮込み」、阿佐ヶ谷「川名」の「牛すじ煮込み」、新橋「美味ぇ津゛」の「芝浦牛にこみ」が、現時点のマイベスト5かなぁ。

 こうして並べてみて初めて、「すっぴん酒場」の「煮込み」(豚)以外は、すべて牛の煮込みであることに気がついた。

 確かに、豚もつ煮込みに比べると、牛もつ煮込みのほうが濃厚なんだよなぁ。

Dsc01697a

 最後は久しぶりとなる「しょうがみょうが」(200円)で締めくくる。

 これは、その名のとおり、生姜しょうが茗荷みょうがを豚肉で巻いて焼いたもの。

 一串に6個刺さっている肉巻きの、先のほうから順に生姜、生姜、生姜、茗荷、生姜、生姜という並び。先っぽから4個めだけが茗荷巻きなのだ。

 たっぷりと3時間半ほど立ち飲んで、黒ホッピーは予定どおりソト1・ナカ4。

 品物と引き換え払い(キャッシュ・オン・デリバリー)での総支払い額は2,850円でした。

 どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年1月25日(土)の記録》

| | コメント (0)

ホッピーとイカを充填 … 立呑み「やきや」(荻窪)

Dsc01677a

 神戸から東京に戻って「やきや」である。

 先週が今治方面への出張、今週が神戸への出張だったので、「やきや」に来るのも半月(17日)ぶり。

 もうすっかりホッピー切れ、イカ切れである。

Dsc01665a

 そんなわけで、何はともあれ、まずは「ホッピー」(360円)だ。

 ックゥ~~ッ。うまいっ!

 『うまい』と言っても、ホッピーの場合は旨みの『うまい』ではない。

 ホッピーの特徴は「低カロリー」「低糖質」「プリン体ゼロ」。

 そのため、焼酎のホッピー割りも、辛口の、さっぱりとした味わいになる。

 この『究極のドライ』とも言えるスッキリ感がうまいのだ。

Dsc01667a

 そして、つまみはこの時季だけの「いか大根」(310円)をもらう。

 イカの出汁だしがしみ込んで、真っ黒になった大根がいいね。

 ド~ンと大きい大根が2切れも入ってるので、これだけでホッピーが2杯(最初のセット+ナカ)いける。

Dsc01668a

 3杯めとなる「ナカ(おかわり焼酎)」(170円)をもらって、つまみは「げそ揚げ」(230円)。

Dsc01670a

 この「げそ揚げ」を、「いか大根」の残り汁に浸しながらいただくのがオススメだ。

Dsc01672a

 ソト1・ナカ4の4杯めとなるホッピーには「自家製塩辛」(230円)を合わせる。

 これよこれ。この塩辛を食べないと、イカ切れは解消しない。

 やっぱり旨いのぉ。

 こちらはしっかりとした旨みの『うまい』だ。

Dsc01675a

 4杯めのホッピーも飲み切ったので、「酒一杯」(北の誉、280円)を燗酒でいただいた。

 たっぷりと3時間弱の立ち飲みタイム。今夜のお勘定は2,010円でした。

 どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年1月24日(金)の記録》

| | コメント (0)

山陰漁港直送の魚介類 … 「米福(こめふく)」(神戸)

Dsc01639a

 神戸での宿泊先は、JR神戸駅のすぐ前にあるホテル。

 部屋の窓からは、JR神戸駅や駅前ロータリーの様子を一望することができる。

 ん……?!

Dsc01636a

 駅に向かう角のところに、なにやら風情のある大衆食堂があるではないか!

 「出雲食堂」(食べログ)か。思いっきり引かれるなぁ。

 これから同行のTさんとロビーで落ち合って、夕食に向かう予定。

 この店を推薦してみることにしよう。

Dsc01640a

 そんなわけで、Tさんと一緒に「出雲食堂」の店頭に立った。

 昔ながらの店頭のショーケースには「親子丼」(580円)、「カツ丼」(700円)、「木ノ葉丼」(530円)、「肉うどん・そば」(480円)、「なべ焼うどん」(600円)などの食品模型が並んでいる他、店頭の黒板には「鳥キモ」(200円)、「牛ミンチ肉コロッケ」(100円)、「おから」(150円)、「サンマ煮付」(250円)、「骨付カシワ」(280円)、「ハムエッグ」(300円)などの品々が書き出されている。

 入口から見える店内は、カウンター8席と、壁際に2人掛けテーブルが1卓。

 先客は3名程度。こりゃいいですねぇ。

 振り返って「どうでしょう?」とTさんに確認した。

 「う~ん。もうちょっとキレイな店がいいなぁ」

 「えっ………(ガックリ)」

 こういうことは、比較的よくあるんです。

 我々おじさんたちの、みんながみんな、昭和レトロな大衆食堂や大衆酒場が好きなわけではない。むしろ古びてて狭い店の造りなどが、お気に召さない人もいらっしゃるのだ。

Komefuku

 そういうときに助かるのが、チェーン居酒屋だ。

 店はキレイで、メニューも幅広く、良くも悪くも強い個性がなくて、万人受けする。

 駅の周辺には、きっとそんな酒場があるはず。

 そして「ここはどうでしょう?」と入ったのが、「天ぷら海鮮と釜飯 米福 JR神戸駅店」。

 初めて入るチェーン居酒屋だが、山陰漁港(島根県、鳥取県)から直送されてくる旬の魚介類や、天ぷら、串天などが売りの居酒屋のようだ。

Dsc01644a

 まずは「アサヒスーパードライ生ビール(中)」(390円、以下すべて税別表記)をもらって乾杯すると、すぐに出された「お通し」(100円/人)は、なんと「湯豆腐」。

 お通しで湯豆腐が出るのは、とても珍しいなぁ。

 桃の果肉をブレンドしたフルーティな味わいの「自家製桃ぽん酢」と、添えられた「大根おろし」でいただきます。

Dsc01649a

 おつまみを何品か注文すると、まず出てきたのは「だし巻き玉子」(490円)。

 とろりと軟らかい、できたての「だし巻き玉子」の美味しいこと。

Dsc01652a

 最初の生ビールに続いては、芋焼酎「金黒」(390円)をお湯割りでいただく。

Dsc01653a

 「カニクリームコロッケ」(490円)は2個が1人前だ。

 

 私が今日一番で気に入ったのが、『米福名物!』という注記が入った「こぼれホルモン肉豆腐」(490円)だった。

Dsc01655a

 芋焼酎湯割りのおかわりをもらって、最後は「おでん」で締めくくる。

 Tさんが「大根」(150円)と「こんにゃく」(100円)を。私が「ちくわ」(100円)と「こんにゃく」を注文すると、それら4品が一緒盛りでやってきた。

 さっくりと1時間半ほどの晩酌タイム。お勘定は二人で4,906円(4,460円+消費税)。ひとり当たり2,453円でした。

 どうもごちそうさま。

 機会を見つけて「出雲食堂」にも行ってみなきゃね。

店情報

《令和2(2020)年1月22日(水)の記録》

| | コメント (0)

«店情報: 「米福(こめふく)」(神戸)