« 生白子酢が220円! … 居酒屋「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | イカは大丈夫! … 立ち飲み「やき屋」(荻窪) »

アンコウの唐揚げ!? … 居酒屋「竹よし(たけよし)」(都立家政)

夕食に家族で回転寿司です。鷺ノ宮駅前にある回転寿司屋は、ひと皿130円均一。にぎりは通常2貫ひと皿で、タネによって(トロなど)は1貫ひと皿です。この店のうれしいところは、「つまみで!」とたのむと、そのタネを3切れに、ツマをそえたものをひと皿(130円)として出してくれるところなのです。

カミサンと子供たちがパクパクお寿司を食べてる横で、つまみで造ってもらった刺身や生ガキ、そして海鮮サラダ(これも130円)などをつつきながら、生ビールをグイグイといただきます。日本酒がないのが残念ですね。

しかし、回転寿司は比較的短時間で食べ終わっちゃうので、ほかの家族3人と、飲んでる私とはペースがまったく合わないのです。午後6時に店に入って、6時半にはもう食事終了です。この店のお勘定は、家族4人で5千円程度。

店を出て、自宅に向かう家族3人に「もうちょっと飲み足してくるね」と言い残して、今日は食後(というほど、私自身は食べてないのですが…)の居酒屋散歩です。

鷺ノ宮駅のすぐ北側の通りを、西武新宿線の線路に沿って、都立家政(とりつかせい)・西武新宿方面に向かって歩くこと10分弱。着いたのは「竹よし」です。

「こんばんは」と店内に入ると、右手の直線カウンターには先客が2人。それぞれ男性のひとり客で、カウンターの手前側と奥側の両端に座っています。私もカウンター中央に陣取ります。入口左手のテーブル席2つは空いている状態。日曜日ですからね。

カウンターの入口側のお客さんからは、「生ビールと湯豆腐ね」という注文が飛びます。なるほど、このお客さんもいらっしゃったばかりなんですね。

私のほうは、さっきの回転寿司屋でお酒(日本酒)が飲みたかったのに、おいてなかったから、ここはいきなりお酒からいきましょうか。「菊正宗」(400円)を燗でお願いします。

つまみはなにをもらおかなぁ。…と考えているところへ、カウンター奥側のお客さんが注文していた料理ができあがってきました。なにやら唐揚げのようです。さっそく口をつけたお客さん。シャクッと軽快な音も実においしそう。さっそく正面上部に張り出された短冊メニューを確認します。「もしかして、これはアンコウの唐揚げ?」「そうですよ」と、そのお客さんと、店主がほぼ同時に答えてくれます。「じゃ、私もこれ!」

今日のお通し(200円)は、生ダコと中華クラゲのダシびたし。それをつっつきながら、お酒をチビチビといただきます。生ダコのプリプリ感、中華クラゲのコリコリ感が、ひとつの小鉢の中で不思議とマッチしますねぇ。

そこへ、アンコウ唐揚げ(750円)が出てきました。丸いお皿の奥側に添えの野菜。そして手前に唐揚げが5個盛られています。「これが肝(アンキモ)、これが腸、こっちのが顔の周りのゼラチンの部分で、このふたつが身の部分です」と店主が説明してくれます。

アンコウの唐揚げ。はじめて食べます。まずは腸からいってみるかな。サクッとした唐揚げの歯応えのあとに、中はクニュプリッとした内臓ならではの食感。内部までホワッとあったまってるので、味も広がりますねぇ。

お酒のおかわり(400円)をお願いして、じっくりと唐揚げに立ち向かいます。

いや、しかしこのアンコウはうまいですねぇ。となりのお客さんも「前回も、これを食べたんですよ。アンコウを唐揚げで出したりするのが、マスターならではですよね」と満足げです。

鍋で食べるよりも、アンコウのそれぞれの部位の特徴がわかりやすいように思います。鍋だと、食感の違いはわかるのですが、味わいそのものは比較的均質な味(鍋のダシの味)に引っ張られちゃいますからねぇ。

ちなみに、アンコウはもちろん鍋のメニューもあって、こちらは一人前1,500円です。ひとり客も多いお店なので、先ほどのお客さんが注文していた湯豆腐なども含めて、鍋はひとり分から注文できます。

「アンコウも今が時期ですからね。今度の夕食会もアンコウでいこうかと思ってるんですよ」と店主。「ブリも今なんですけどねぇ」と、ブリにもちょっと心惹かれているようです。「そうそう。今月はたまたま第2土曜日(2月14日)と第3日曜日(2月15日)が連続になってしまうんですよ。続けてというものなんなので、今月は14日の土曜日、1回だけの夕食会にしようと思います」。は~い。わかりました。土曜日のほうが、心おきなく飲めますもんね、われわれサラリーマンは。

最後に、今回はじめて入荷してみたという熊本の「美少年 吟造り 純米酒」(550円)をいただいて締めましょうか。

どうもごちそうさまでした。今日は1時間20分程度の滞在で、2,300円でした。

店情報 (前回)

《平成16(2004)年2月8日(日)の記録》

|

« 生白子酢が220円! … 居酒屋「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | イカは大丈夫! … 立ち飲み「やき屋」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/200303

この記事へのトラックバック一覧です: アンコウの唐揚げ!? … 居酒屋「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» アンコウ尽くしの夕食会 … 居酒屋「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
今日は「竹よし」の2月の夕食会です。今月のテーマは「アンコウ」。楽しみですねぇ。 [続きを読む]

受信: 2004.05.03 10:02

« 生白子酢が220円! … 居酒屋「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | イカは大丈夫! … 立ち飲み「やき屋」(荻窪) »