« 店情報: 居酒屋「路傍(ろぼう)」(中野) | トップページ | 店情報: バー「羊仔(ようこ)」(中野) »

ゆっくりと樽酒を … 居酒屋「路傍(ろぼう)」(中野)

神居古潭」を出ると、目の前の角にあるのが居酒屋「路傍」です。ということで、1軒目の店を出るなり、2軒目に突入。この間、わずか10秒程度。

「こんばんはぁ」と店内に入ると、J字型カウンターのみ、約10席の店内は9割がたぐらいの入り。ふたり分並んだ空席はない状態です。しかしながら、右のほうに座っていたふたり(それぞれひとり客)が、「ちょうど帰るところですからどうぞ」と声をかけてくれます。

「どうもすみません」とあいさつをして、そのお客さんたちと入れかわりに、カウンター右端の位置に陣取ります。ちょうど「千福(せんぷく)」の酒樽の前ですね。ほんじゃ、まずはこの樽酒をいただくことにしますか。

樽酒は、大きな樽からトクトクと片口の器に注がれ、それから1合升に移されます。そして、かたわらにはあら塩を盛った小皿がつけられて登場です。

お通しに出てきたのは…。なんだろう。大根の干したのを煮たものなんだけど、切干大根じゃない。なんですか、これは。「割干(わりぼし)大根というんですよ」とおかみさん。この店は店主とおかみさん(店主の奥さん)のふたりで切り盛りされているのです。

ここ「路傍」と、中野駅南口側にある「北国」は、会話で盛り上がっていくスタイルの居酒屋です。今日も店主夫妻を中心に、さまざまな話題が広がります。

話をしている間に、おかみさんが、小鍋でなにやらジャラジャラとやりはじめ、しばらくしてみんなに「炒り大豆」が少しずつ出されます。「ちょっとさめてからのほうが歯応えがいいですよ」と言われますが、ついつい手が伸びてしまうのが、豆ですねぇ。

「ちょっとですけど、イブリガッコも残ってるのでどうぞ」。いやぁ。これもおいしいんですよねぇ。なんだか、店主夫婦の家に遊びに来て、そこで飲んでいるようなやわらかい雰囲気なのです。

そうそう。どういう会話の展開だったかは定かではありませんが、店主の話では、武蔵新田(東急多摩川線)にある「三嶋屋豆腐店」(03-3759-7565、大田区矢口2-5-14 )の青大豆の豆腐がおすすめなのだそうです。ただし、水にさらすと普通の豆腐になってしまうので、気をつけないと、なんて話もありました。

このあたりで、Ebiさんと「最後に(ウイスキーの)ハイボールが飲みたいねぇ」という話になり、「路傍」も樽酒1杯で腰をあげます。お勘定は2人で2,200円。ひとり1,100円ずつでした。

おそらく樽酒が1合800円で、つまみが1品300円なのだと思います。ということは、お通し(割干大根)以外のおつまみは、サービスしていただいたんですね。そのときには気づきませんでしたが、ありがとうございました。

ちょうど1時間の、ゆったりとした居酒屋タイムでした。

店情報 (前回)
・Ebiさんのブログ(写真つき)

《平成16(2004)年3月19日(金)の記録》

|

« 店情報: 居酒屋「路傍(ろぼう)」(中野) | トップページ | 店情報: バー「羊仔(ようこ)」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/363181

この記事へのトラックバック一覧です: ゆっくりと樽酒を … 居酒屋「路傍(ろぼう)」(中野):

» 中野3連発2 樽酒 路傍(モバイル投稿) [Ebisu]
ジンギスカンで飲んだ、食ったのあとは、日本酒で飲みなおしです。先ほどのカムイコタ [続きを読む]

受信: 2004.04.02 04:24

» 煮物ととんぶり … 酒房「路傍(ろぼう)」(中野) [居酒屋礼賛]
「北国」を出て午後10時。ウイークデイですが、せっかくここっとさんがこちら(中野)にいらっしゃってるので、もう1軒寄ってから帰りますか。 「北国」から中央線のガードをくぐり北口側へ。北口に連なる酒場街を散策しつつ深部へとすすみます。とはいえ、ここっとさん自身、「ブリック」や「川二郎」「春」などの、中野の中でも名店と言われている店の数々にはすでに足を運ばれているので、そういう店を基点にしつつ、その途... [続きを読む]

受信: 2005.07.25 18:00

« 店情報: 居酒屋「路傍(ろぼう)」(中野) | トップページ | 店情報: バー「羊仔(ようこ)」(中野) »