« ホッコラと、うなぎの白焼 … 居酒屋「上州屋(じょうしゅうや)」(野方) | トップページ | 店情報: たん焼き「忍(しのぶ)」(四ツ谷) »

サイドメニュー3品制覇! … もつ焼き「ホルモン」(沼袋)

久しぶりに沼袋(ぬまぶくろ)で途中下車し、もつ焼きの「ホルモン」に向かいます。野方(のがた)界隈にもいいお店が多いことを、最近再認識しているところですが、沼袋界隈にもふと心をひかれるお店が多いのです。「ホルモン」が満席で入れなかったら、そういう気になるお店に行ってみようと思っているのですが、これまでのところ、幸いにして「ホルモン」に入れなかったということがないため、他のお店に行けないままなのでした。

今日はどうかな。店に近づくと、入口のガラス戸越しに、手前側のカウンターに座っているみなさんの後姿が(部分的に)見えるのです。やぁ。けっこう多いですねぇ。現在の時刻が午後7時前。一番お客さんが多いぐらいの時間帯ですよね。今日は奥側に入ることにしますか。

この店は「ニ」の字型に2本のカウンターが並んでいて、「ニ」の字でいうと、上と下の両側にお客さんが向かい合って座るようになっています。「ニ」の字の内部は、店主とおかみさんとの作業空間。「ニ」の字の上の部分には、テーブル席もあります。

奥の入口から、「こんばんは」と店内へ。こちらも多いですねぇ。しかしながら、一番手前、ちょうど焼き台の横が空いていて、そこに座ります。

「小瓶のビール(310円)とおしんこ(100円)をお願いします」。このところ、この店に来ると必ずこの組み合わせからスタートしています。なんだか、自分のリズムになっちゃってるんですね。

焼きもの(1本100円)も、これまた自分の定番であるレバーとコブクロのちょい焼きを2本ずつ注文です。いつ行っても、同じものが同じように食べられるのがうれしいですね。

ちょい焼きが焼きあがってきたところで、焼酎(210円)をもらいます。表面張力で盛り上がった部分を、口から迎えに行って、ツツゥ~ッとひと口。そうやってできたすき間に、梅シロップを注ぎます。

焼き台の上が少しあいたようで、店主が床に置かれたダンボール箱から、炭の補給をはじめます。ダンボールには「備長炭(びんちょうたん)」と書かれていて、炭同士があたると、カ~ン、カ~ンという、備長炭独特の金属音にも似た音が響き渡ります。

「今日の炭は、長さがちょっと不ぞろいなんですよね」と、店主はちょっと不満そう。ちょうどいい長さのものを選びながら、炭火の下に新しい炭を入れていきます。「上に置くと、パチンとはじけたときに飛び散るんですよ」と教えてくれます。

炭の補給も終わったところで、今度はアブラとオッパイをお願いします。2本ずつ、塩で焼いてください。

もつ焼きの「もつ」ですが、これは関東地方の呼び方らしくて、関西地方では「ホルモン」と呼ばれることが多いそうです。この店なんて、「もつ焼き ホルモン」という店名ですから、関東も関西も融合しちゃってますね。

その「もつ」。欧米では、古来より余すところなく利用されているのですが、日本では昭和30年代ぐらいから一般大衆に消費され始めたという、比較的歴史の浅い食材らしいのです。

「まぼろし闇市をゆく 東京裏路地〈懐〉食紀行」(藤木TDC・ブラボー川上著、ミリオン出版)によりますと、ホルモン料理というのは、もともとは大正期から戦前にかけて、過酷な強制労働を強いられた在日韓国人の人たちが、貧しい暮らしの中から発明したスタミナ食だったのだそうです。これが、太平洋戦争終了後に、各地の盛り場に突如出現した闇市で大人気となり、最悪の食糧事情を克服するのに大いに役立ったのだそうです。これがいわゆる「やきとり」ですね。「焼き鳥」は鶏肉なんですが、「やきとり」は豚や牛の内臓なのだそうですよ。

おかみさんが、となりの人に焼酎を注(つ)ぎにきたので、私もついでにおかわりしましょうか。クイッと最後のひと口分の焼酎を飲み干して、こっちもおかわりお願いしますね。それとねぇ。トマト(250円)もください。

この店では、焼きもの以外のサイドメニューとして、冷奴、月見、トマトの3品(各250円)があり、人気を博しているのです。私自身、冷奴、月見はこれまでに食べたことがあるのですが、トマトは実ははじめてなのです。

来ました、来ました。うわぁ。真っ赤なトマトですねぇ。これはおいしそう。「お塩です」と、カウンターの中から、小瓶に入った塩が出されます。ん~。甘い。これはいいトマトです。人気があるのもわかりますねぇ。

さっぱりとトマトでしめて、今日は1,880円。ちょうど1時間の滞在でした。どうもごちそうさまでした。

店情報 (前回)

《平成16(2004)年2月25日(水)の記録》

|

« ホッコラと、うなぎの白焼 … 居酒屋「上州屋(じょうしゅうや)」(野方) | トップページ | 店情報: たん焼き「忍(しのぶ)」(四ツ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/273400

この記事へのトラックバック一覧です: サイドメニュー3品制覇! … もつ焼き「ホルモン」(沼袋):

» 白物・赤物とりまぜて … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) [居酒屋礼賛]
金曜日です。今日も今日とて、都内での仕事を終えて、午後5時40分には西武新宿線・ [続きを読む]

受信: 2004.05.03 08:05

» 貧乏/明治時代の浅草 [梟の森]
私の父は人にすすめられ花見酒を売った。荷車に菰冠りを三つ並べ、内二つは空樽で、水 [続きを読む]

受信: 2005.02.16 08:54

« ホッコラと、うなぎの白焼 … 居酒屋「上州屋(じょうしゅうや)」(野方) | トップページ | 店情報: たん焼き「忍(しのぶ)」(四ツ谷) »