« 夕食会の夜は更けて … バー「PURE(ピュアー)」(野方) | トップページ | いいですねぇ、鳥スープ … 焼き鳥「鳥久(とりきゅう)」(阿佐ケ谷) »

店情報: 焼き鳥「鳥久(とりきゅう)」(阿佐ケ谷)

  • 店名: 炭火焼・鳥料理「鳥久」(とりきゅう)
  • 電話: 03-3310-2606
  • 住所: 166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-12-22
  • 営業: 17:15-24:00(早仕舞いあり)、日祝休
  • 場所: 阿佐ヶ谷駅北口を出て、バスのロータリーを左に向かって(時計回りに)回りながら、松屋、ラーメン屋の先の路地を左折すると、そこが飲食店が連なるスターロード。右手の郵便局を通り過ぎた先の路地を右に入った左手。駅からは徒歩2~3分といったところか。
  • メモ: カウンター8席に、テーブル席2卓8席の小さいお店を店主夫婦と息子さんの3人で切り盛り。福島の伊達鶏、鹿児島のさつま地鶏を丸々仕入れ、ばらして串刺し。つくねはさらに手間をかけ、骨も叩いて自家製ミンチ。それを備長炭でていねいに焼き上げている。濃厚なタレも捨てがたいが、久米島のまろやかな塩で食べれば、鶏本来の味と脂の甘さについうなる。さらに、脂ののった伊達地鶏のガラで取った鳥スープは黄金色に光り、スープ(250円)で鶏の甘さとすっきりとした後味を味わうもよし、ぞうすいや茶漬け(各480円)にして締めるもよし。
    やき鳥120、つくね120、れば120、しんぞう120、かわ焼120、くび肉焼130、なんこつ130、てば先170、しそ焼210、伊達鶏220、砂ぎも1皿350、もも焼、から揚370、もものから揚670、きじ焼600、鶏のたたき600、鳥わさ600、しそ巻350、ささみ納豆350、鳥さらだ370、お新香350、鳥ぞうすい500、のり茶380、鳥茶500、梅茶500、きじ丼セット950、鳥スープ250、ほか。瓶ビール(サッポロ黒ラベル大瓶)550、日本酒(菊政宗)小340・大630、ほか。(2016年3月調べ)

    焼鳥は焼鳥(正肉)、つくね、レバー、心臓などが各110円。さつま地鶏160円、伊達地鶏210円、ももの唐揚げ630円などもある。焼鳥以外のつまみも多い。ビールは大瓶が550円。日本酒は「菊正宗」が小350円、大650円の他、「八海山」「北雪」「黒龍」などの地酒が630円、730円、840円、…という価格帯で出されている。焼酎・サワー(各370円)もあり。

|

« 夕食会の夜は更けて … バー「PURE(ピュアー)」(野方) | トップページ | いいですねぇ、鳥スープ … 焼き鳥「鳥久(とりきゅう)」(阿佐ケ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/490727

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 焼き鳥「鳥久(とりきゅう)」(阿佐ケ谷):

» いいですねぇ、鳥スープ … 焼き鳥「鳥久(とりきゅう)」(阿佐ケ谷) [居酒屋礼賛]
あったかい季節になってくると、なぜか食べたさ度合いが盛り上がってくるのが焼き鳥で [続きを読む]

受信: 2004.04.25 16:15

» 締めの黄金スープ … 焼き鳥「鳥久(とりきゅう)」(阿佐ケ谷) [居酒屋礼賛]
金曜日です。首都圏だけの販売だろうと思うのですが、「散歩の達人」という雑誌がありまして、その今月号(2004年7月号)が、なんと高円寺・阿佐ヶ谷特集。6月21日... [続きを読む]

受信: 2004.07.04 15:59

» 専門店で食べる焼き鳥 … 焼き鳥「鳥久(とりきゅう)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 もつ焼きも好きだけど、純粋に鶏を使った焼き鳥も好き。特に専門店で食べる焼き鳥には独特の味わいや食感があって、ときどき無性に食べたくなる品のひとつです。  今日はJR中央線・阿佐ヶ谷(あさがや)駅のすぐ近くにある「鳥久」にやってきました。  いつも満席状態が続く「鳥久」。今日は絶対に入れるように、午後5時の開店時刻をねらって入店したのですが、同じタイミングで入った同好の士が、私以外にも3人。それぞ... [続きを読む]

受信: 2008.07.06 11:53

» 鳥とうふで菊正宗燗酒 … 炭火焼「鳥久(とりきゅう)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 日替りの手書きメニューの中に、「鳥とうふ」(400円)とある。  焼き鳥をつまみながらも、この料理が気になってしょうがないので注文した。  カウンターの中央あたりに座っているお客さんの前に、ひとり用の小さな土鍋が出ている。もしかすると、あれが鳥とうふなのかな?  それとも、「三州屋」のような、丼で提供されるスタイルなんだろうか?  そんな想像をふくらませながら待っていると、出されたのは小鉢に盛ら... [続きを読む]

受信: 2016.03.11 20:47

« 夕食会の夜は更けて … バー「PURE(ピュアー)」(野方) | トップページ | いいですねぇ、鳥スープ … 焼き鳥「鳥久(とりきゅう)」(阿佐ケ谷) »