« 若い女性とふたり酒!? … バー「ピュアー」(野方) | トップページ | 変わったのは鍋ぐらい!? … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場) »

店情報: 「河本(かわもと)」(木場)

    河本
  • 店名: 河本(かわもと)
  • 電話: 03-3644-8738
  • 住所: 135-0042 東京都江東区木場1-3-3
  • 営業: 16:00-20:00(土は -19:00)、日祝と第2土休
  • 場所: 地下鉄東西線・木場駅の4aまたは4b番出口を出て、永代通りを門前仲町(大手町)方面に4ブロック進む。左手前角にサンクスがある信号交差点(木場二丁目交差点、左向こう角はガソリンスタンド)を左折して、緩やかな上り坂をのぼって橋(平野橋)をわたった先の右手角。駅から徒歩10分ほど。
  • メモ: 昭和7(1932)年創業。現在は二代目の店主である真寿美さんが姉弟で営む大衆酒場。ホッピーが誕生した昭和23(1948)年から、ずっとホッピーを出している、ホッピーの元祖的なお店。名物の牛煮込みとホッピーの相性が抜群である。20:00ジャストに閉店。19:45ごろが雰囲気的にラストオーダー。 ホッピー400、にこみ400、(冬)おでん400、(夏)やっこさん大200・小100、(冬)ゆどうふ小100、かけじょうゆ400、さらしくじら400、柿の種200、しおから200、バタピーナツ200、ビール大600・小400、焼酎300、酎ハイ300など。(2014年12月調べ)

    ホッピー300、にこみ300、おでん300、やっこさん(大)200、(小)100、かけじょうゆ400、しおから200など。(2008年4月調べ)
  • HTML版(2003年以前): (01.08.29)(01.02.28)(00.11.17)

|

« 若い女性とふたり酒!? … バー「ピュアー」(野方) | トップページ | 変わったのは鍋ぐらい!? … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/997811

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 「河本(かわもと)」(木場):

» 変わったのは鍋ぐらい!? … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
久しぶりに東京の南東部(深川方面)への出張です。仕事が終わるのを待って向かったのは、懐かしの「河本」です。前回行ったのが、平成13(2001)年の夏なので、実に... [続きを読む]

受信: 2004.07.18 18:05

» 木場の猫屋敷(?) … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
土曜日の今日は「よじかわ」です。普段の「よじかわ」は「4時に「川名」で」の合い言葉なんですが、今日の「よじかわ」は「4時に「河本」」。実は昨年のうちから「深川的... [続きを読む]

受信: 2005.02.13 22:24

» 塩辛でやっこさん … 大衆酒場「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
木曜日。深川界隈での仕事を終えて、雨の中を木場(きば)の大衆酒場、「河本」へと向かいます。途中、携帯電話から呑んだフルさん(「居酒屋紀行掲示板」などで活躍されている飲み仲間。最近mixiでも活動を展開中)に「明日の飲み会の打ち合わせあり。これから、河本でいかがですか」とメール。「まったく。明日の飲み会の打ち合わせを、今日飲みながらかよ!」とあきれられるかな、なんて心配をよそに、フルさんからは「仕事... [続きを読む]

受信: 2005.07.26 11:11

» 深川煮込み(その1) … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
さぁ。昨日の「鈴木屋」の塩味スープ煮込み、そして「春」の幻の煮込みに続いて、今日は深川地区の煮込みをねらいます。煮込み連発勝負、スタートは木場(きば)の「河本」から。ここは4時開店ですからね。その4時をねらって、開店と同時にすべり込みます。 まずはビール(キリンラガー、大瓶、500円)をもらい、煮込み玉子入り(通称ニコタマ、200円)です。 この店に来るといつもはホッピー(300円)をいただくので... [続きを読む]

受信: 2005.09.04 14:24

» 東の“かわ”へ … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
吉祥寺から地下鉄東西線1本で40分弱。木場に到着です。午後5時半の「河本」の店内では、4時から飲んでたというフルさん、くまさんが、すでに3本ずつのホッピー瓶を並べています。我われもビール(キリンラガー、大瓶、500円)とホッピー(300円)をもらって、みんなと乾杯。西の「よじかわ」(開店時刻の4時に「河本」)に合流です。つまみはニコタマ(煮込み玉子入り、200円)とピーナッツ(200円)。土曜日の... [続きを読む]

受信: 2005.09.17 15:59

» バタピーの味噌添え!? … にこみ「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
4月になりました。飲み仲間の呑んだフルさん、H氏と3人で門前仲町の運河沿いの桜を見ながらトコトコとひと駅、木場まで歩き午後4時の開店と同時に「河本」。いつものごとくホッピー(300円)とニコタマ(煮込み玉子入り、200円)でスタートです。 のれん / ホッピー / にこたま 「河本」の煮込みは具がシロだけと、とてもシンプル。うまみの脂肪もたっぷりとついたシロの煮込みに七味もたっぷりとかけていただく... [続きを読む]

受信: 2006.04.24 18:48

» やっこさんをつまみに … 大衆酒場「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
豊洲方面での仕事を終えてトコトコと歩いてやってきたのは木場(きば)の「河本」です(写真)。以前、豊洲に勤務していたころはよくこうやって歩いてきたなぁ。 ガタピシと建て付けの悪い入口引戸を開けて店内に入ると午後6時半の店内は6~7割程度の入り。ホッピー(300円)とニコタマ(煮込み玉子入り、200円)からスタートです。(写真) ここのホッピーはホッピービバレッジ推奨どおりのスタンダードな作り方。昔懐... [続きを読む]

受信: 2006.07.23 15:41

» 煮込みおかわり! … 煮込み「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
横濱(ハマ)の酒場通・iiさんがお仕事で東京にやってきたので、酒友・H氏とともに木場の「河本」で一献。店に着くとおふたりともすでに到着していてiiさんはホッピーに南蛮もやし(300円)、H氏はホッピーにやっこさん小(100円)をもらって飲みはじめています。 「久しぶりねぇ」と笑顔で迎えてくれるマスミちゃん(女将さん)にホッピー(300円)と煮込み玉子入り(200円)を注文します。ちなみに壁の短冊メ... [続きを読む]

受信: 2006.11.19 13:38

» いつもあるのに幻の煮込み!? … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
先日、時々むしょうに食べたいウナギ串焼きのことを書きましたが、同じようにしばらく間があくと食べたくなるのが「河本」の煮込みや豆腐です。 中野「石松」の煮込みが、いつもはない(むしろめったにない)から“幻の煮込み”と言われてるのに対して、ここ「河本」の煮込みは毎日必ずあります。がしかし! ここは営業時間が午後4時から8時までと、とにかく閉店が早いのです。なにしろ8時にはピシャっと閉まりますから、7時... [続きを読む]

受信: 2007.04.15 13:03

» ホッピーに合う煮込み … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
東京でホッピーにもっとも合う煮込み。それが「河本」の煮込みではないかと、このところ私は思っています。ホッピーを飲むほどに煮込みが食べたくなり、煮込みを食べるほどにホッピーが進んでしまう。両者がとても高いレベルで相乗効果を発揮してくれるのです。 そんな「河本」に、今日はグルメ系ブロガーのみなさんとやってきました。声をかけてくれたのは、以前からときどき御一緒させていただいている、「「あ゜」猫の毛も刈り... [続きを読む]

受信: 2007.06.14 05:30

» やっこさんでホッピー … 大衆酒場「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 夏休みの間に、ふだん行くのが難しい店々を回ってみようという試み。初日の今日は「仕事が終わってから出かけると、いつも満席で入れない」という2軒。大門(だいもん)の「秋田屋」、月島の「岸田屋」と、予定の2軒を無事に回ることができて、ひと安心。あとは、のーんびりと飲んで帰りましょう。  せっかく月島まで出てきてますから、酔い覚ましも兼ねて、門前仲町(もんぜんなかちょう)~木場(きば)方面まで散歩して、... [続きを読む]

受信: 2007.08.25 13:28

» 冬場はおでんも大人気 … 大衆酒場「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
「久しぶりに「河本」の煮込みが食べたいなぁ」  そんな思いで、早めの夕方に家を出て、地下鉄東西線で木場へと向かいます。  都内に勤務していたころは、帰りにちょいと足をのばせば、やってくることができた「河本」。今は、土曜日をねらって、出かけていかなければなりません。なにしろ営業時間が午後4時から8時までの4時間(土曜日は7時までの3時間)と短いので、平日の営業時間内には、到着すること自体が難しいので... [続きを読む]

受信: 2007.12.23 22:22

» 最初のホッピー短冊! … 大衆酒場「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 都内での仕事を終えて、木場の「河本」にやって来たのは午後6時前。平日(木曜日)だし、今日はシトシトと雨模様だったこともあってか、「河本」の店内はとても静かで、先客は4人ほどしか居ません。こんな「河本」も珍しいですよねぇ。  まずはいつものようにホッピー(300円)と、煮込みの玉子入り(300円)をもらって飲み始めます。おろっ。しばらく来ない間に、煮込みは300円に値上がりしたんですね。ちなみに煮... [続きを読む]

受信: 2008.05.18 08:26

» 古典酒場巡り・1軒目 … 大衆酒場「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 「TOKIO古典酒場」の美人編集長から、木場の「河本」に行ってみたいというお話をいただき、今日は「河本」です。  地下鉄東西線・木場駅の出口で待ち合わせて、とことこと歩いて「河本」に到着すると、まずそのたたずまいにびっくりされる編集長。のれんこそ今年新調したばかりですが、建物は東京大空襲で焼けたあと、昭和21(1946)年に建てられた、今年で築62年という古い(失礼!)ものですからねぇ。  ちな... [続きを読む]

受信: 2008.07.13 12:16

» 幻の?居酒屋名店三昧 … 大衆酒場「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 木場の「河本」は昭和7(1932)年の創業。現在の建物は終戦後、昭和21年に建てられたもので、今年で築62年となります。コの字カウンターのみ15席分ほどの店内を切り盛りするのは女将の真寿美さんと、その弟さんで通称“あんちゃん”の二人です。最寄り駅からも近くなく、ほとんどの人が素通りしてしまいそうな目立ちにくい立地に加えて、午後4時から8時までの、たった4時間しか営業しないにも関わらず、営業時間中... [続きを読む]

受信: 2008.08.31 07:38

» 名物おでんが始まった … 大衆酒場「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 都内での仕事が早めに終わり、久々となる「河本」に到着したのは午後4時10分。開店時刻から、まだ10分しか過ぎていないのに、店内にはすでに先客が4人ほど。みなさん、早いですねぇ。  この店は、平日は午後4時から8時までの4時間だけの営業。勤務先が都内(しかもこの店からの徒歩圏内)にあったころは、仕事が終わってからトコトコやってくることができたのですが、職場が横浜に移ってからは、平日は営業時間内に到... [続きを読む]

受信: 2009.01.04 10:17

» もつ煮込みとホッピー … 大衆酒場「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 「亀戸餃子」を後に、JR亀戸(かめいど)駅を南口側に出て、都07系統・門前仲町行きの都バスに乗り込みます。酔いざましも兼ねて、バスの揺れに身を任せること約25分。木場(きば)駅前の次のバス停、木場二丁目で下車します。このバス停のすぐ先のコンビニを左に折れた先が、昭和7(1932)年創業の老舗大衆酒場「河本」です。  現在の時刻は午後4時15分。本当は午後4時の口開けの時間に来たかったのですが、ち... [続きを読む]

受信: 2009.04.12 08:20

» 牛煮込みはホッピーで … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 あけて土曜日はの~んびりと自宅で過ごし、午後4時前に深川方面に向けて出発です。最初に向かったのは木場(きば)の「河本」。昭和7(1932)年に創業し、ホッピーが誕生した昭和23(1948)年からずっとホッピーを出しているという、まさにホッピーの元祖的な老舗酒場です。  真寿美さん(女将さん)もアンチャン(弟さん)もお元気なご様子で一安心。いつものようにホッピー(400円)と煮込み(300円)を注... [続きを読む]

受信: 2010.06.07 21:54

» 真寿美さんからひと言 … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 大手町(東京)での仕事を終えて、地下鉄東西線でやってきたのは木場(きば)。1ヶ月ぶりの「河本」です。  金曜日ながら、まだ午後5時と早いので、店内はまだチラホラと空席がある状態。その空席のひとつに座り、さっそくホッピー(400円)とニコタマ(煮込み玉子入り、300円)をもらいます。  昭和23年にホッピーが開発されたときから、ずっと出し続けているという「河本」のホッピー。ほとんどの客がそのホッピ... [続きを読む]

受信: 2010.07.13 21:59

» 煮魚サワラでホッピー … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 都内での仕事を終えてやってきたのは木場の「河本」です。午後6時前の店内は9割がた埋まっています。真上から見るとLIという形をしたカウンターのLの一番上の部分に腰を下ろし、いつものようにホッピー(400円)とニコタマ(300円)からスタートです。  ホッピーは、甲類焼酎をホッピーで割るだけの簡単な飲み物ですが、おいしい店とそうでない店の違いがはっきりと出る飲み物です。ホッピーの鮮度と温度、焼酎の銘... [続きを読む]

受信: 2010.11.24 23:13

» 東京名店めぐり3軒目 … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 1軒目の「宇ち多゛」で合流し、2軒目の「二毛作」でもご一緒させていただいた、宇ち中(うちちゅう)さんと、「『河本』の口開けを目指そう!」と木場(きば)に向かいます。  「河本」の創業は昭和7(1932)年。建物は昭和21(1946)年に建てられたもの。二代目店主・真寿美さんが、弟さんと二人で切り盛りする大衆酒場です。  その「河本」に到着したのは、午後4時10分。口開けには間に合いませんでしたが... [続きを読む]

受信: 2011.07.26 22:01

» 常連席から見える景色 … 煮込み「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 9連休の夏休みも、半ばを過ぎて後半戦。夏休み6日目の今日(木曜日)は、CS放送の旅チャンネルで、太田和彦さんの居酒屋紀行シリーズを長年にわたって制作してこられた小川洋一さんと、木場の「河本」で待ち合わせ。  午後5時の待ち合わせ時刻に、ちょっと遅れて店に到着すると、小川さんはすでに店内で飲み始めています。しかも奥側の常連さん用カウンターにいるではありませんか! 「浜田さんもこっちにどうぞ。いいよ... [続きを読む]

受信: 2011.10.12 20:49

» マグロのかけじょうゆ … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 午後5時ごろ「野暮酒場」を出て、男前H氏と二人で、JR小岩駅経由で木場の「河本」を目指します。  小岩から見ると、木場は南西の方角にあるのですが、その方面に真っすぐに向かえる路線はなく、逆方向(南東)に西船橋まで行って、そこから地下鉄東西線で西へと向かうのが、早くて楽なコースです。  おぉ。木場駅から永代通りを左に折れて、「河本」に向かう道からは、振り返ると真正面に東京スカイツリーが見えるんです... [続きを読む]

受信: 2012.10.11 21:22

» 冬はおでんでホッピー … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 仲町名物・牛にこみの「大坂屋」を出て、「魚三酒場」の行列を横目で見ながら、永代通りを木場方面へ。  今日の2軒目は「河本」です。  土曜日の「河本」は、のれんは出ていないものの、店内の灯りがちらりと見え、酒場らしいざわざわとした声も聞こえてきます。  入口引き戸を開けて店内に入ると、午後5時20分の店内は7割程度の入り。  「アハハ」と談笑しながら、目顔で飲み物をたずねてくれる女将の真寿美さんに... [続きを読む]

受信: 2013.02.17 17:51

» 実は煮魚もうまいんだ … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 土曜日の今日は、「河本」の口開けを目指して、午後3時すぎに自宅を出発。開店時刻の4時に店に着くと、すでに暖簾(のれん)も出てるし、店内もすでに9割りほどの入り。「ン」の字の長い辺の一番上の端にあたる場所(普通席の中で、もっとも常連席に近い席)が空いていたので、そこに腰を下ろして、まずはホッピー(400円)をもらいます。  冷蔵庫で冷やしているのは瓶入りホッピーだけなんだけど、焼酎は500mlのペ... [続きを読む]

受信: 2013.07.08 21:31

» 木場を起点にハシゴ酒 … 「河本(かわもと)」(木場)ほか [居酒屋礼賛]
 土曜日なのに、ちょっと出遅れて、木場の「河本」に着いたのは午後6時。土曜日の「河本」は4時から7時まで、3時間の営業なので、あと1時間ほどしかありません。(平日も8時までの営業なので、1時間違うだけですけどね。)  早い時間帯は満席状態が続き、入るのがむずかしい「河本」ですが、この時間帯になると、一人か二人であればなんとかなることが多い。  小学校側の入口から入った左側、『ン』の字でいうと左下の... [続きを読む]

受信: 2013.08.13 22:21

» 煮込みは売り切れ寸前 … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 しばらく間があくと、無性に食べたくなるもののひとつが、ここ「河本」の牛もつ煮込み(300円)です。  ホッピー(400円)との相性も爆発的にいい!  ホッピーと煮込みは、この店のツートップの人気商品。ほとんどの客が注文します。  あれっ? そういえば店の奥、壁際の席にズラリと陣取る、長年の常連さんたちは、あまり煮込みを注文していないような気がするなあ。  彼ら彼女らは、むしろ日替りの煮魚(400... [続きを読む]

受信: 2013.10.06 00:51

» 森下賢一さんを偲んで … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 さる11月26日(火)、師と仰ぐ森下賢一(もりした・けんいち)さんが、尿毒症のため逝去されました。81歳でした。  今日は江東区の富岡斎場で「お別れの会」が開かれました。  会場には吉田類(よしだ・るい)さんや、「河本」の常連さんたちもいらっしゃっています。  森下さんは、昨年末に足に血栓ができて入院。手術をされたのですが、年が明けた1月、今度は腎臓に血栓ができ、6時間にも及ぶ大手術の結果、なん... [続きを読む]

受信: 2013.12.03 23:05

» うちはホッピー屋だよ … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 ホッピーに一番合うのが、ここ「河本」の煮込み。  逆に、ここの煮込みに一番合うのがホッピーです。  その煮込み(300円)。注文すると、大鍋から、おたまでチャッチャッチャッと煮汁を切りながら、小皿に盛ってくれます。  煮玉子が入った、ニコタマ(煮込み玉子入り)も同じく300円で、牛もつが減る代わりに、煮玉子が1個加わります。  そんなに濃厚そうには見えないんだけど、口に入れるとものすごいコク。牛... [続きを読む]

受信: 2014.01.22 22:23

» 冬場はおでんも名物だ … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
「豆腐を入れて、おまかせで」  と、おでん(400円)を注文したら、女将の眞寿美さんが、豆腐、大根、つみれ、さつま揚げ、竹輪の5品をついでくれました。  おでんは冬場しか出されない、「河本」の楽しみのひとつ。  基本的には、おまかせ5点盛りで400円ですが、どうしても入れてもらいたいものがある場合には、それを指定することも可能です。  今日、「河本」に到着したのは午後5時前。  暖簾(のれん)が出... [続きを読む]

受信: 2015.01.02 11:41

» 常連席はステージだ! … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 「河本」にやって来たら、空(あ)いていれば、平久小学校に近い側(永代通りから遠い側)のカウンター席に座るようにしている。  ここは『常連席』と言われている席の、ちょうど向かい側にあたっている。  この席から見ると、対岸の『常連席』は、横に長いステージのように見える。  そしてここから、毎日のようにやってくる常連さんたちが『常連席』で繰り広げる、毒のあるウィットのきいた会話を楽しみながら飲むのであ... [続きを読む]

受信: 2015.08.19 07:50

» 仮営業が始まりました … 「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
 久しぶり、「河本」の「やっこさん」(冷奴、100円)で黒ホッピー(400円)である。  あぁ~~っ。ここのホッピーがやっぱりうまいよなあ。  女将の真寿美さんが熱中症になったのをきっかけに、「河本」は昨年(2015年)7月からずっと休業していたのだ。  それから1年3ヶ月。9月末に「河本」の仮営業が始まった。   ・火曜日:4時~8時(第3火は休み)   ・木曜日:4時~8時   ・土曜日:4時... [続きを読む]

受信: 2016.12.04 22:00

« 若い女性とふたり酒!? … バー「ピュアー」(野方) | トップページ | 変わったのは鍋ぐらい!? … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場) »