« あの土鍋はなんだろう … 居酒屋「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 天羽のエキス入荷 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

ネクタイゆるめて週末だ! … 居酒屋「竹よし(たけよし)」(都立家政)

あっという間に1週間が過ぎて、もう金曜日です。時間がたつのが早いなぁ、このところ。

西武新宿線・都立家政(とりつかせい)駅についたのは午後11時。遅くなっちゃいましたが、ちょっと「竹よし」によって帰りますか。

「こんばんは」と入った店内には、先客がふたり。それぞれ男性ひとり客でカウンターの手前側と奥側にひとりずつ座っています。それじゃ、真ん中に入れてもらおかな。なにしろまずはビール(スーパードライ中ビン、500円)を…。なにをおいてもこの1杯ですよね。プハァ~ッ。うまいっ! ちょっとお行儀悪いけど、ネクタイもゆるめさせてもらいますか。あぁ、くつろぐ。

「今日のお通し(200円)は、マグロのぬたです」と店主(マスター)。「今日はItさんたちもいて、ついさっきまでは、Ykちゃんもいたんですよ」。そうだったんですか。それは残念。楽しく盛りあがったんだろうなぁ。

さてと。まずはお刺身かな。お。大分産・真サバ(650円)がある。これをいただきましょう。「佐賀関(さがのせき)の近くの港に上がったものだそうですよ」といいながら、店主が真サバを見せてくれます。ほぉ。これはまた立派なサバですねぇ。

佐賀関漁協のブランド戦略なのか、厳密に佐賀関にあがったものしか「関サバ(せきさば)」とは呼んではいけないことになっているので、同じ漁場でとれても別の港にあがると単なる「豊後水道のサバ」になっちゃうんですね。そういえば、愛媛の佐田岬漁港でも、この「豊後水道のサバ」を「岬サバ(はなさば)」としてブランド化しようとしているようです。消費者側から見ると、こういうサバが、より安い値段で食べられる状況がありがたいので、あまりブランド化されないほうがうれしいですね。

来た来た。ほぉ~ら。プリップリ。これですよねぇ! 箸で持ち上げても、しっかりとその形を保っている。いい身の張り。醤油につけると表面にサッと脂が広がります。あぁ。うまい!

これは日本酒ですね。大分のサバだから、お酒のほうも九州(熊本)の「美少年」(吟造り純米酒、450円)にしようかな。

さっき入ってきたお客さんは、活じめのヒラマサ(600円)を注文。これもうまそうですねぇ。カンパチやハマチ、ブリなどと似た刺身です。

本格的な日本料理屋などだと、「金に糸目をつけず」といった感じで、とにかくいい魚が仕入れられるんでしょうが、居酒屋で「手軽に食べることができる値段」という条件つきで仕入れるというのはかえってむずかしいのではないかと思います。

それじゃ、次はサザエのつぼ焼き(500円)をいただきましょうか。

しばらくすると、サザエを焼くいい香りがただよってきます。なんだか夏っぽい感じですね。貝の焼ける匂いは。

つぼ焼きというと、こうやって貝殻ごと焼いたままの状態(これを「苦焼(にがやき)」とも言うそうです)で出てくることも多いのですが、「竹よし」ではここからひと手間。焼きあがった身を殻から取り出して、一口大にカットし、薄切りにしたシイタケといっしょに殻に戻します。そしてだし汁や調味料も加えて再び加熱して完成となるのです。

「はい。お待たせしました」。ど~れどれ。あ。うま~い。焼いた貝と、煮た貝のいいところをあわせもってますねぇ。芳(こお)ばしくて、味わい深くて。サザエとシイタケって、合うんですねぇ。「そうねぇ。サザエとシイタケがこんなにも合うというのを、だれが発見したんでしょうねぇ。今日のシイタケは、たまたま非常にいいものなんですよ」と店主。なるほどねぇ。それにしても、いいつまみだなぁ、これは。

お酒のほうは、今度は富山の「銀盤」(純米大吟醸・播州50、600円)をいただきますか。

奥に座っているおにいさんは、ここでヤリイカ焼き(550円)を注文。イカを焼く匂いもいいですね。ヒラマサを食べていたおじさんは、「サバの刺身とはめずらしいなぁ。ボクもそれをもらおうか」と大分産の真サバ(650円)を注文です。

「サバを召し上がりますか。これで、今カウンターにいるみなさん全員にサバを食べていただくことになります」と店主。へぇ。そうだったんですか。おにいさんも食べたの? あ。そうですか。おいしいですよねぇ、このサバは。どうやら、本日の一番人気のようですね。

ありゃ。気がつくともう12時半。閉店時刻(12時)を過ぎてるではありませんか。お勘定をお願いします。「夏場はだいたい遅くなるんですよ」と店主。今宵は1時間半ほどくつろいで、2,900円でした。

店情報 (前回)

《平成16(2004)年7月2日(金)の記録》

|

« あの土鍋はなんだろう … 居酒屋「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 天羽のエキス入荷 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/946186

この記事へのトラックバック一覧です: ネクタイゆるめて週末だ! … 居酒屋「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» 年に一度はハモですね! … 居酒屋「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
深川な夜から一夜明けて、今日は「竹よし」の夕食会です。お店についたのは、午後5時ちょうど。まずは例によって生ビールからスタートです。 今日のメイン食材は鱧(ハモ... [続きを読む]

受信: 2004.07.18 18:31

« あの土鍋はなんだろう … 居酒屋「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 天羽のエキス入荷 … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »