« 地酒でいただく地の魚 … 居酒屋「富屋勧商場(とみやかんしょうば)」(北条) | トップページ | 店情報: 焼き鳥「世渡(せと)」(今治) »

三夜連続! … バー「露口(つゆぐち)」(松山)

三夜連続となるバー「露口」です。午後11時の店内は7割がたぐらいの入り。空いていた奥から3番目、4番目あたりに陣取ります。初日と同じ場所ですね。

友人は例によってスティンガー。私はハイボールでスタートです。

一番奥に座っている人は、大手家電メーカーの松山支所長さん。インターネットでこの店を知って来てみたのだそうです。プリントアウトした記事も見せてもらったのですが、なんと、「吉村喜彦のトリスバー探訪」にここ「露口」が載ったんですね。7月26日に載ったばかりなので、まだ二日ぐらいしかたっていない。よく見つけましたねぇ。

その支所長さんは、仕事柄ということもあるのでしょうが、店内一番奥の天井にぶらさがっているJBLのスピーカーにとっても興味があるようです。「ツイーター(高音を出す部分)が分かれてるのが珍しいなぁ」。へぇ、そうなんだ。

支所長さんの飲んでいるカクテルは「ラスティーネール(Rusty Nail)」。スコッチと、ドランブイという蜂蜜と薬草系の甘いリキュールを混ぜたカクテルで、労働者に好まれて飲まれるのだといいます。「ラスティーネール」というのは「錆びた釘」という意味。色合いがそんな風に見えるからかなぁ。

日本でも「直し(なおし)」とか「柳蔭(やなぎかげ)」といって、焼酎を味醂(みりん)で割って(場合によっては蜂蜜や氷砂糖なども加えて)冷やしたものを暑気払いで飲んだりしてたらしいので、洋の東西を問わず、甘いお酒は労働者に人気なんですね。

今日は約1時間であっさり目に飲んで、ふたりで2千円。閉店時刻を過ぎても、まだまだ毎日やってきている常連さんたちでにぎわいの続く店をあとにしたのでした。

店情報 (前回)

《平成16(2004)年7月28日(水)の記録》

|

« 地酒でいただく地の魚 … 居酒屋「富屋勧商場(とみやかんしょうば)」(北条) | トップページ | 店情報: 焼き鳥「世渡(せと)」(今治) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/1152550

この記事へのトラックバック一覧です: 三夜連続! … バー「露口(つゆぐち)」(松山):

» 旧友たちに乾杯 … バー「露口(つゆぐち)」(愛媛・松山) [居酒屋礼賛]
四国です。食卓にはさっそく地元の釣りアジやタコ刺し、そしてタコの天ぷらなどがならびます。このあたりではタコを天ぷらで食べるんですよ。この地のお酒、「雪雀(ゆきすずめ)」との相性もぴったりで、昼間からお酒が進むなぁ。最後のシメは鯛めしで。 釣りアジ / タコ刺し / タコ天 / 鯛めし 夜は夜とて、友人と松山の飲み屋街に繰り出します。まずは魚料理の「志季」。店が移転したのだそうで、以前来たときとは店... [続きを読む]

受信: 2005.09.10 10:16

« 地酒でいただく地の魚 … 居酒屋「富屋勧商場(とみやかんしょうば)」(北条) | トップページ | 店情報: 焼き鳥「世渡(せと)」(今治) »