« 店情報: とんかつ「鉄路(てつろ)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | たっぷりと肉ドーフ … 居酒屋「金田(かねだ)」(自由が丘) »

人気の定食屋が復活! … とんかつ「鉄路(てつろ)」(阿佐ヶ谷)

JR中央線阿佐ヶ谷駅のガード下に「鉄路(てつろ)」という名のトンカツを中心とした定食屋さんがあります。この店の売りは盛りの多さと肉のうまさ。ところがここ数年、店が閉まっていることが多かったのです。「どうしたのかなぁ」と思いながら、この近くを通るときにのぞいてみるようにしていたところ、先日、ついに開いているのを発見。とはいえ、ちょっと遅い時間だったので、店はおかあさんと息子さんとか片付けをしている最中。「またやるようになりましたか?」と聞いてみたら、おかあさんから「はい。前のように5時からすぐということにはならなくて、少し遅れて開店ということになるかもしれませんが、やっていきたいと思います。よろしくお願いします」とうれしい返事が返ってきたのでした。

すぐにでも行ってみたいと思っていたのですが、なかなか「鉄路」の営業時間内に阿佐ヶ谷まで帰って来ることもままならず、今日になってしまったのでした。

「こんばんは」と久しぶりに「鉄路」の入口を入ったのは午後7時40分。以前と同じようにカウンターに座ろうとしたところ、おかあさんから「テーブル席にどうぞ」と声がかかります。「え? いいんですか?」

以前はとにかくいつ入っても満席。ひとりで入ってテーブル席に座るなんてことはあり得なかったのです。ところが今は3割程度のお客さんしかおらず、テーブル席にもゆったりと空きがあります。しばらく閉めてたからしかたないのかなぁ。

店内は入口を入るとまずL字型のカウンター(Lの左側が入口)があり、ここに10人ばかり座れます。そしてそのカウンターの右奥すぐのところにテーブル席(4人掛け)が2つ。さらにもっと右奥にウナギの寝床状にテーブル席が2~3個続いているのです。(ウナギの寝床の奥のほうにはほとんど行ってみたことがないので、どうなっているのかよくわかりません。)

さて。この店で私が大好きだったのはポークソテーライス。再開一発目はぜひそのメニューでいきたいですね。どれどれ。壁のメニューを確認してみると、なんとポークソテーがない! ポークソテーばかりか、メニューの半分くらいは上から紙が貼りつけられています。

この店は、以前来てたときはおとうさんとおかあさん、そして息子の3人に、手伝いのおばちゃんが入って4人の体制でやってたのです。ところが、先日も今日も、フロアを担当するおかあさんと、調理を担当する息子の2人で店を切り盛りしている。

どうやら、以前はほぼひとりで調理を担当していたおとうさんになんらかの異変があってしばらく休業状態が続いていたものを、息子ができるレパートリーだけで再開したといった状態のようです。

ポークソテーはないものの、チキンソテーはあるようですね。「チキンソテーライス(950円)をお願いします」。水をもってきてくれたおかあさんに注文したところ、以前と同じように「チキンソテーは少し時間がかかりますが、よろしいですか」という確認が入ります。「はい、大丈夫ですよ。それとビールをください」「はいはい」。

すぐにビール(キリン一番絞り、中ビン、450円)とお通しの冷奴が出されます。さっそく1杯目のビールをプハァ~ッとやり、冷奴をひとつまみしたところで、2品目のお通しであるお新香(キュウリと大根のヌカ漬け)も登場します。そうそう、忘れるところだった。「ご飯は少なめでお願いします」。

なにしろ、ここのご飯は普通だと丼2杯分くらいありますからねぇ! 少なめでも丼1杯分よりは多いかも…。昔はバクバクかっこめてたんですが、さすがにこの年になるとビールも飲んで、普通の量のご飯を食べてというのはむずかしいですからねぇ。

カウンターの中には調理人(昔はおとうさん。今は息子)を取り囲むようにコの字型の三つの辺にそれぞれコンロがスタンバイされていて。コの字のど真ん中に立つと、コの上の辺(調理人の左手)にトンカツなどの揚げ物用の鍋が、右の辺(調理人の正面)には生姜焼きなどのフライパンを振って調理をするためのコンロが、そして下の辺(調理人の右手)に味噌汁用、デミグラスソース用、そしてソテーなんかをするためのフライパン用のコンロがずらりと並んでいるのです。

わがチキンソテーのチキンも下ごしらえが終わり、フライパンに乗せられて下の辺のコンロに乗せられます。「北島亭」(四ツ谷)の焼き肉もそうですが、ここ「鉄路」の焼き肉(ソテー)も、それほど強くない火でジワリジワリと肉に熱が入れられるのです。このあたり、おとうさんの技を息子さんも引き継いでくれていて、とってもうれしく思います。

前にポークソテーを食べたときは、たしか息子が作ってくれたので、彼もポークソテーは作れるんではないかと思うんですけどねぇ。おとうさんが横で目を光らせてたからできたのかなぁ。

ビールを飲みながらチキンソテーの焼き上がりをじっくりと待っている間にも、お客さんは次々と入ってきます。「ランチ(700円)ください」「トンカツライス(950円)ね」「チキン唐揚ライス(950円)お願いします」。なんだか、みなさんが注文しているそれぞれの品物が、みんななつかしいですねぇ。

ここは根がトンカツ屋さんだけあって、トンカツ系は3種類のメニューがラインナップ。まず普通のトンカツである「トンカツ定食(800円)」。ぐんとトンカツが大きくなって「トンカツライス(950円)」。さらにはそのグンと大きいのが2枚のった「大カツライス(1,200円)」です。そうそう。「ヒレカツ定食(1,000円)」というのもあります。

そういえば、昔社宅に住んでたときに、向かいに住んでた奥さんがこの店のスパゲティ・ナポリタンを注文し、(あまりにも大盛り過ぎて)「食べても食べても終わりが来ない」と言っていたのを思い出します。え~と。あ。スパゲティもなくなっちゃいましたか。あのナポリタンもおいしかっただけに、ちょっと残念ですね。

さぁ、来ましたよぉ。懐かしの「チキンソテーライス(950円)」です。銀色の長円形のお皿の右側に主役であるチキンソテーが2塊り。そして左側にはこれまたたっぷりのつけ合わせであるキャベツの千切り。そして左手前にはポテトサラダと、スライスされたゆで玉子(1個分)が添えられています。さらには別皿でご飯と味噌汁、そしてお新香です。

ポークソテーはあらかじめカットされてるんですが、チキンソテーはまるごと出され、いっしょに出てくるナイフとフォークで切り分けながら食べるというのも以前どおり。

ど~れ、まずひと切れ。う…、うまいっ! ちゃんと味を維持してるじゃありませんか。見直したぞ、息子!

そうしてみると、メニューを半分くらい消しちゃったというのは、おとうさんのやってたメニューをすべてやろうというのではなくて、ひとまず自分が自信を持って出せるところに絞ったということなんでしょうね。そうか、そうか。ポークソテーもスパゲティ・ナポリタンも、きっとおいおいと復活してくることでしょう。

長く閉まってましたからねぇ。常連だったお客さんたちにできるだけ早く戻ってきてほしいですね。

どうもごちそうさま。ちょうど1時間の滞在で、今日は1,400円でした。また来なきゃね。

店情報 (前回)

《平成16(2004)年8月30日(月)の記録》

|

« 店情報: とんかつ「鉄路(てつろ)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | たっぷりと肉ドーフ … 居酒屋「金田(かねだ)」(自由が丘) »

コメント

久々にHPを拝見したら、鉄路の記事を見付けました。
私も阿佐ヶ谷に10年近く住み、鉄路は大好きな店です。
ポークソテーも好きなメニューでした。
以前の何時やってるか分からない状態に比べると今はコンスタントに店が開いていて入りやすいです。(それでも以前の客足を思うと寂しい店内ですが…)
中止中のメニューは相変わらずのままですが、大好物のチキン唐揚げは健在なので、それなりに満足していますが、早く頑張って全てのメニューが蘇ってくれる事を祈ってます(特にポークソテー。すもりのポークソテーじゃ満足出来ません・笑)

投稿: 阿佐ヶ谷人 | 2005.09.27 02:30

チキン唐揚げ、私も好きです。>阿佐ヶ谷人さん
でもやっぱり、鉄路ならでははポークソテーなんですよねぇ。本当に、ほかの店では満足できません。早く復活してほしいなぁ。。。

投稿: 浜田信郎 | 2005.10.02 20:52

鉄路は閉店してしましました。私も20年前から鉄路に通ってたので残念ですね。
私の好きなのはハヤシライスで、これたのむひとは少なかったように思いますが、実はこれがとても美味しいですよね。とんかつ食べたいのに、やっぱりハヤシをたのんでしまう。癖になる味で、ハヤシライスでは、日本で一番おいしいんではないでしょうか。(いろんな有名なハヤシライスを食べてきましたが、やはり鉄路が一番でした)

投稿: ゆた | 2010.05.29 16:59

この店のハヤシライス、私も大好きでした。>ゆたさん
生姜焼きを作るときと同じように、豚肉と玉ネギをたっぷりと炒めて、最後にデミグラスソースを入れて混ぜて、たっぷりのご飯にかけてくれる。
いくらでも食べられるハヤシライスでした。
ハヤシライス、生姜焼き、ポークソテー、チキンソテーなどなど。どれも美味しかったなぁ。本当に残念です。

投稿: 浜田信郎 | 2010.05.29 22:43

ええ?閉店してしまったんですか・・・ショックです。
10数年前の学生時代、4年間阿佐ヶ谷に住んでいましたが、よく通いました。
私もこの店のハヤシライスは大好きでした。とにかく何でもおいしくて、量が大盛りなのも嬉しかった記憶があります
社会人になってたまに東京に出張するたびに「久しぶりに行こうかな?だけどまた次の機会にするかー」と思っていたら閉店とは。後悔先に立たずですね。

投稿: 元阿佐ヶ谷住人 | 2011.04.24 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/1478567

この記事へのトラックバック一覧です: 人気の定食屋が復活! … とんかつ「鉄路(てつろ)」(阿佐ヶ谷):

» ぶらりと阿佐ヶ谷で休肝日 … とんかつ「鉄路(てつろ)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
大型連休二日目の昨日は、郊外に一戸建ての大きな家を建てた友人宅で、お祝いの宴会。新品の木の香りに包まれて、奥さまの手料理に舌鼓を打ちながら、日本酒を飲んだり、ワインを飲んだり、焼酎を飲んだりしているうちに、気がつくとすっかり酔っ払いのできあがりです。 そして連休三日目の今日は、「近くの名店を探る」という、この連休のテーマにそって、阿佐ヶ谷方面に出没です。 JR中央線・阿佐ヶ谷駅の北口を出ると、左手... [続きを読む]

受信: 2007.05.17 07:42

« 店情報: とんかつ「鉄路(てつろ)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | たっぷりと肉ドーフ … 居酒屋「金田(かねだ)」(自由が丘) »