« たっぷりと鳥もも焼き … 鳥料理「鳥平(とりへい)」(横浜・新杉田) | トップページ | 新メニュー登場! … 立ち飲み「やき屋」(荻窪) »

牛もつ煮込みがはじまりました … 居酒屋「バクダン」(高円寺)

都内での仕事を終えて、午後5時半には高円寺の一角にある大衆酒場「バクダン」です。開けっ放しの脇の入口から店内に入ると、右手のテーブル席には6~7人くらいのグループ客がテーブル2、3卓に陣取っており、左手のカウンターと、そこに一番近いテーブルにそれぞれ男性客がひとりずつ座っていてお互いにおしゃべりをしています。

私もカウンターの男性の奥側に座り、まずはビールでスタートです。ビールはサッポロをお願いしますね。ここは、サッポロ、キリン、アサヒと3銘柄そろってますので、ビールの注文時には銘柄を指定する必要がるのです。ビールは大瓶が480円。この界隈でも最も安い値段ではないでしょうか。

さあ。今日のつまみは何にしましょう。正面入口近くのテレビの下に、今日のメニューが書かれた黒板があるので、ちょっと立ち上がってそちらを確認します。すると、カウンターの中のおにいさんが「こちらにもメニューがあるんですよ」と背後の壁を指し示してくれます。うん? と振り返ってみると、あ、ほんとだ。ここにも今日のおすすめメニューが出されている。これはありがたいですね。や。「コブクロ(ボイル)」(380円)がある。まずこれをもらいましょう。

今日の刺身はマグロやカンパチなんかが450~600円くらいであるのですが、定番的なメニュー(いつもあるメニュー)としてマグロブツ、イカ刺し、タコブツ(各350円)もあって、手軽に刺身をつつきながら飲めるお店なのです。

ありゃあ。さっきは今日のおすすめメニューだけ見てたので気づきませんでしたが、となりに「牛もつ煮込み 350円」という短冊(たんざく)も掛かっています。な~るほど。煮込みもはじまりましたか。ここのはシマチョウの煮込みでおいしいんですよね。

待てよ、もつ煮込みがはじまったということは…と、店のまん中あたりに出ている、定番メニューの短冊も確認します。しかし、残念ながらはじまったのは「牛もつ煮込み」だけのようで、鍋物類はまだのようです。ここの鍋物も湯豆腐(350円)、煮込み豆腐(600円)、ブタ鍋(600円)、タラ鍋(700円)、そしてカキ鍋(800円)と低価格ながら、コンロの上でひとり用の鍋で作られる優れものなんですよね。

ユズ胡椒の香りも心地よいコブクロをつついているうちにビールも終了。ここでも燗酒(250円)をもらいましょうか。このところ、個人的な燗酒ブーム。夏が過ぎたこともあって、燗酒を飲むことそのものがなんだかうれしいのです。

先にお猪口(ちょこ)が出てきて、その後、徳利(とくり)の形をしたガラス容器(150ml)に入ったお酒、「京樽(きょうたる)」(埼玉、石井酒造)がレンジでチンして出できます。

「牛もつ煮込み」もいきたいところですが、1品目が「コブクロ」だったので、あまりにモツモツしすぎますね。2品目は定番の「マカロニサラダ」(250円)をいただきましょう。最近は「マカロニサラダ」といいつつも、スパゲティの麺を使ったサラダが出てくる店も多いのですが、この店の「マカロニサラダ」は、昔風の正しい(?)「マカロニサラダ」です。個人的にはどっちのタイプも好きなんですけどね…。

やぁ、おしかった。どうもごちそうさま。約1時間の道草タイムで、今日は1,360円でした。

ここからバスに乗ると、スゥ~ッと家の近くまで帰ることができるんですが、気候もいいし酔い覚ましに歩いて帰りますか。「バクダン」のある庚申通りを抜け、早稲田通りを横切り、大和町中央通りというこれまた古くから続いていそうな商店街を抜けていきます。

この通りには「民生食堂」というのれんのかかった「天平」や、大衆酒場の「ともしび」、焼き鳥の「大和鳥」、さらには冬のボルシチがおいしいという「イワン」などが並び、なかなか濃い雰囲気をかもし出しているのです。

その大和町中央通りを抜けて、妙正寺川にぶつかったところでひと悩み。ここを川に沿って左側に行くとわが家へ。橋を渡ってまっすぐ行くと「ピュアー」のあるみつわ通りを横切って、都立家政方面へと抜けるのです。どうすっかなぁ。「ピュアー」に寄ろうかなぁ。それともこのまま帰るかなぁ。う~む。きっと明後日の「竹よし」での食事会の後も「ピュアー」に行くから、今日は止めときますか。まだ木曜日だし。と、結局わが家への道を選んだのでした。

ちなみに、この日の「ピュアー」の様子が「寄り道Blog」に載っています。もし「ピュアー」に行くというほうを選んでたら、この状況の中に入ってたんだと思うと、これまたおもしろいですね。

店情報 (前回)

《平成16(2004)年10月7日(木)の記録》

|

« たっぷりと鳥もも焼き … 鳥料理「鳥平(とりへい)」(横浜・新杉田) | トップページ | 新メニュー登場! … 立ち飲み「やき屋」(荻窪) »

コメント

いつも更新を待ち遠しくしているファンです。
高円寺のバクダンなるお店、魅力がありますね。
「バクダン」とは小生の記憶によれば焼酎が安酒の代名詞だった、昭和30年代までの焼酎の炭酸割りの別名だった気がしています。
記憶違いかも知れませんがご参考までに。

投稿: ロメオ | 2004.10.19 23:39

コメントありがとうございます。>ロメオさん
高円寺の庚申通り商店街の中にポツンと古い大衆酒場。カタカナで大きく「バクダン」と書かれていて、思わず「こりゃ、寄らなきゃなるまい!」と決意させるたたずまいなのです。
常連さんたちは一升瓶の焼酎をキープしているので、壁際にはずらりと一升瓶が並んでいるのでした。

投稿: 浜田信郎 | 2004.10.25 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/1704413

この記事へのトラックバック一覧です: 牛もつ煮込みがはじまりました … 居酒屋「バクダン」(高円寺):

» 居酒屋日記 [ふくろうの日記]
なんとかんとか言っても今日も[魚さん]に行く居酒屋日記 [続きを読む]

受信: 2004.10.21 19:13

» 煮込みに引かれて … 居酒屋「バクダン」(高円寺) [居酒屋礼賛]
シマチョウの煮込み、シマチョウの煮込み、シマチョウの煮込み、…。今日はなんだか無性にシマチョウの煮込みが食べたくなり高円寺駅で下車します。向かうのは大衆酒場「バ... [続きを読む]

受信: 2004.12.12 15:13

« たっぷりと鳥もも焼き … 鳥料理「鳥平(とりへい)」(横浜・新杉田) | トップページ | 新メニュー登場! … 立ち飲み「やき屋」(荻窪) »