« 今日の彼女は「湯あがりの君」 … バー「PURE(ピュアー)」(野方) | トップページ | 定食の小鉢をつまみに … 食事処「百工房(ひゃくこうぼう)」(鷺ノ宮) »

“もつ”も“おでん”も … 居酒屋「ほ里乃家(ほりのや)」(鷺ノ宮)

明日は「秋分の日」。横浜での仕事が遅くなり、西武新宿線鷺ノ宮駅に到着したのは午後11時15分。南口の階段を下り、橋を渡った先、「ほ里乃家」に。

「いらっしゃいませ」と店主に迎えられながら店内へと進みます。Jの字型のカウンター(Jの右上が入口)には男性が入口近くと奥のほうにひとりずつ。私はズズイと進んでカウンターの一番奥(Jの一番下のところ)に陣取ります。

まずは瓶ビールをもらいましょうか。ここの瓶ビールはスーパードライの大瓶で550円。この界隈、スーパードライのお店が多いのです。今日のお通し(200円)は枝豆。ビールにはぴったりです。

入口近くに座っているのは、この店の大々常連さんであるK藤さん。少なくとも、私がこの店に来たときには必ずK藤さんが飲んでるのです。「玉子焼きを注文してもいいかなぁ」と、そのK藤さんから注文が入ります。「いいよ」と店主(マスター)。ここの玉子焼きは400円というごく普通の居酒屋価格ながら、注文を受けてから玉子を溶いて、玉子焼き専用のフライパンで焼き上げる。熱々フワフワで人気の品なのです。

店主が手際よく玉子焼きを仕上げて、「なにかお造りしましょうか」と問いかけてくれます。「マグロ納豆(400円)をお願いします」。昼ごはんを食べてから、ズゥ~ッとなにも食べていないので、ちょっと腹にたまるものがほしい気分なのです。

マグロ納豆は、小鉢に盛られたマグロブツの上に、納豆と刻みネギをのせて、横にちょいとカラシを添えて出てきます。これに醤油をかけてグリグリネバネバとかき混ぜるのです。よ~し、美味しそうになってきたぞ。それじゃ、お酒をお願いします、燗で!

ここの日本酒は、普通に「お酒」とたのむと辛口の「剣(つるぎ)」(320円)が出されます。甘口がいい場合には「剣菱(けんびし)」(320円)を指定する必要があります。私は、どっちかというと甘口(というよりも本当に好きなのは旨口)のお酒が好きなので、だいたいいつも「剣菱」のほうをもらっているのですが、店主がそのことを覚えていたのか、今日は「お酒」と注文しただけで「剣菱」を燗づけてくれました。

このほかの日本酒としては、特別純米の「穏(おだやか)」や、同じ「穏」の吟醸酒などが置いてあります。

J字カウンターの私に近い側に座っている男性からも「お酒をもうひとつ」と注文が入ります。この人も常連さんのようで、店主やK藤さんが話しているところでは、これでどうやらお銚子8本目。やや呂律(ろれつ)が回らない感じにはなっているものの、まだ壊れている(!)感じではない。そういえば、最近あまり酒場で壊れている人を見かけないなぁ。新橋や神田などのサラリーマン地帯で飲んでないからかな。

「こんばんは」と、いつもK藤さんのとなりで飲んでいるK子さんが入ってきて、いつものようにK藤さんのとなりに座ります。うん。こうやって二人そろうと、深夜の「ほ里乃家」っちゅう雰囲気が高まりますね。このおふたりはご夫婦ではないようなのですが、どういう関係なんでしょうね。そんなことを考えながら飲むのもまたおもしろい。

え~と。焼さつま揚げ(350円)をお願いします。

ぼちぼちとマグロ納豆が底をつきそうになってきたので、追加のつまみを注文します。常に自分のまわりに2~3品のつまみがないと気にいらないといったタイプの人もいらっしゃるようですが、私の場合はこうやって1品また1品と、1品ずつ注文していくことが多いのです。

その焼さつま揚げはイカが入ったさつま揚げと、野菜が入ったさつま揚げの2種類が盛られています。ちょっと炙った練り物をショウガ醤油でいただくのが、これまた燗酒に合うんですよねぇ。

ガラリと入口引き戸が開いて、入ってきたのは近所の居酒屋のママさん、H子さんです。入口のすぐ近く、K藤さんの向こう側に腰掛けながら、「あら、こんばんは」とこちらにもあいさつをくれます。そのお店は11時に閉店になるので、店を閉めてからこちらにいらっしゃったんですね。「ほ里乃家」にはそういう同業者のお客さんも多いようなのです。

「マスター。浜田さんに1本さしあげて」とH子ママから「剣菱」が1本届きます。ありゃ、どうもすみません。

そこへ、この店のおかみさんも2階から降りてきて、1階のカウンターの中に入ります。ピークの時間帯(夜11時くらいまでかな?)を過ぎると、おかみさんは2階で片づけをして12時ごろには帰宅されるようなのですが、今日は降りてみるとお客さんが大勢(といっても5人ですが)いたので、カウンターの中に手伝いに入ったんでしょうね。

せっかくおかみさんがいるので、私もさっそくイカゲソ焼き(250円)を注文します。焼き台を使って焼くつまみはおかみさんが担当していることが多いのです。「すみません。イカゲソ焼きは売り切れたんですよ」。「それじゃ、もつみそ焼き(350円)をお願いします」。

やきとり(もつ焼き)まであるのが、この店のおもしろいところ。もつみそ焼きは、もつ焼き屋さんでいうところのシロ(腸)を串に刺して、味噌味のタレに漬け込んだものを焼いてくれます。1人前が4本なので1本あたりの値段は88円ほど。もつ焼き屋さんのシロほど鮮烈なプリコリ感はないものの、味噌ダレで味が付けられた“もつ”は、日本酒にとってもよく合います。

すみません。お酒(320円)のおかわりをください。これで「剣菱」も3本目です。

閉店時刻である午前1時が近づいてきて、店主はおでん鍋の片づけに入ります。そうかぁ。おでんも始まってたんですね。この間まで暑い暑い夏だと思ってたのに、あっという間に季節が移って、秋らしくなってきました。おでんに燗酒、楽しみですね。

さぁ。それじゃ私も腰をあげますか。今日のお勘定は2,440円。ちょいと飲んで帰るつもりが、けっきょく午前1時の閉店時刻まで腰をすえてしまいました。それじゃみなさん、お先に。どうもごちそうさまでした!

店情報 (前回、関連記事:「寄り道Blog」)

《平成16(2004)年9月22日(水)の記録》

|

« 今日の彼女は「湯あがりの君」 … バー「PURE(ピュアー)」(野方) | トップページ | 定食の小鉢をつまみに … 食事処「百工房(ひゃくこうぼう)」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/1645579

この記事へのトラックバック一覧です: “もつ”も“おでん”も … 居酒屋「ほ里乃家(ほりのや)」(鷺ノ宮):

» 芋の湯割りの後は麦のロック … 居酒屋「ほ里乃家(ほりのや)」(鷺ノ宮) [居酒屋礼賛]
神保町の「兵六」で「吉田類の酒場放浪記」の収録を見学した後、ウイークデイのことゆえまっすぐに鷺ノ宮駅まで帰ってきたもののなんだか飲み足りない。よし。ちょっと飲み... [続きを読む]

受信: 2004.12.29 15:07

« 今日の彼女は「湯あがりの君」 … バー「PURE(ピュアー)」(野方) | トップページ | 定食の小鉢をつまみに … 食事処「百工房(ひゃくこうぼう)」(鷺ノ宮) »