« 黄金の輝き、ブルショット … バー「HIGHLANDER(ハイランダー)」(虎ノ門) | トップページ | 店情報: 居酒屋「三州屋(さんしゅうや)」(飯田橋) »

シメサバ&イカワタ … 居酒屋「竹よし(たけよし)」(都立家政)

恵比寿界隈での仕事を終えて、仕事仲間たちとどういうわけだか小じゃれたチェーン居酒屋へ。いや、けっしてここをねらったわけではなくて、もともとこの場所にあったビアホール(これまた大規模チェーン店)でビールを飲んで帰ろうという計画だったんだけど、しばらくぶりに来てみると店が変わっちゃってたんですねぇ。

ちょっとしたつまみにしたって、つけあわせの大根の千切りがキューンと天をつくようにとんがって盛りつけられたりしていて、それはすごい。見ていて恥ずかしいくらいなんだけど、まわりは男女の二人連れか若い男女のグループばっかり。おじさんたちだけで来てるのって、うちのグループくらいじゃない?

やや居心地の悪い思いをしつつも、2杯目のジョッキを飲み干すころにはいつものペースで、まわりも気にならずの状態になってきます。酔っちゃうと結局どこでも一緒だな。

そんなおしゃれな(?)飲み会を終えて、恵比寿駅で仕事仲間たちと別れ、電車でゴトゴトと都立家政へ。ひとりでの飲み直しはいつもの「竹よし」です。午後9時の店内は先客はやや年配の男性客ひとり。私もそのおじさんの逆サイド、カウンターの一番奥に陣取ります。

「今日はもうひとしきり飲んできたので、いきなり燗酒からいただこうかな。」「それがねぇ。ちょうど「菊正宗」が切れてて、今日の燗酒は「爛漫(らんまん、400円)」なんですよ。ちょっと好みよりも甘口かな」と店主(マスター)。ほぉ。じゃ、それをいただいてみましょう。

入り口側のおじさんはと見ると冷酒をいただいているようです。冷酒は気がつかないうちに酔っ払ってるから怖いんですよねぇ。お酒の強い人にはどうってことないんでしょうが、私の場合は、量はそんなに飲めないですからねぇ。昔からよく「二合半(こなから)」なんてことを言いますが、まさにそのくらいがちょうどよい。気持ちよく酔えて翌日に残らない量です。これより多くなれば多くなるだけ、徐々に二日酔いに近づいていくのでした。

そんなことを考えているところへ、お酒が出てきました。この店は、湯煎(ゆせん)で燗をつけるのでちょっと時間がかかるんですよね。でもその分お酒もうまいってもんです。ど~れ。ックゥ~ッ。温かい酒がしみわたりますなぁ。たしかに甘口だけど、嫌いじゃないぞ、この酒は。

お通し(200円)として出てきたのは小鉢に入った「タラコ煮」です。丸いボール状に整形されたタラコが2個。魚の子(卵)は大好きです。

おじさんのところになにやらつまみが出され、「よかったらどうぞ」とこちらにもそのおすそ分けがきました。「ん。こりゃいいよ。これだけでお酒が2~3本いけちゃいますよ」とおじさん。どれどれ。あ、ほんとだ。「大根の葉っぱの塩もみです」と店主。へぇ。これはいいつまみですねぇ。

「もう1本いただきましょう。こいつぁいいね」。このおじさん、背筋もピシッと伸びて、声もよく通るし滑舌(かつぜつ)もいい。しかも語り口調も咄家(はなしか)さん風。「どっかの咄家さんなのかなぁ」と思わず顔を見てしまったくらいです。(実際には近所に住んでる普通の方とのことですが…。)

「なにか作りますか」と店主が声をかけてくれます。「さっきからシメサバ(500円)やイカワタのルイベ(400円)が気になってるんですけど、あんまりお腹もすいてないんでどっちにしようかと思って…。」「どっちもおすすめですよ。じゃ、半分ずついきましょうか」。ありゃりゃ。わがままを言ってすみませんねぇ。そうしていただけるとありがたいです。

まず出てきたシメサバは、店主が「今日のサバはいいですよぉ」と言ってたとおり、まさに光り輝くようなきれいな切り身です。ん~。食感もしっかりしてますねぇ。お酒のおかわり(400円)をお願いします。

そしてイカワタのルイベ。丸まるのイカワタの塩辛をルイベ状にしたものなんですが、とけてくるにつれて中がトロットロになってくる。最初のシャリッとした状態も好きなんですが、とろ~んとなってきてからもまたうまい。日本酒にぴったりのつまみです。

咄家風のおじさんは「最後にマグロの赤身を握ってもらいましょうか」と寿司を注文します。トロではなくて、赤身というところがまた江戸っ子風でいいですね。

マグロの握りを食べ終わったおじさんが店を出て、入れ替わるように入ってきたのはYkさんです。「こんばんは」とあいさつしながらカウンターへ。Ykさんは、いつものように生ビールからスタートです。

テレビではちょうど10月23日に発生した新潟県中越地震関連のニュースが流れています。「私、阪神淡路大震災(平成7(1995)年1月17日に発生)のとき大阪に住んでて、あの地震を体験したんですよ」とYkさん。最初にゴォ~ッという音が聞こえてきて、なんだろうと思っていたらカタカタカタと箪笥や棚が揺れはじめ、次の瞬間にはドッカァ~ンと、立っていられないほどの大きな揺れがやってきたのだそうです。「大きな地震の時には、普通の地震と違って音が先にやってくるんだ」と思ったそうです。

ここでYkさんはタラの白子を「焼き」で注文。なるほどなぁ。メニューには「タラ白子酢」しかのっていないのですが、たしかにタラの白子を焼いたものはうまいですからねぇ。さすが、通ですなぁ。ほかにもタラ鍋やカキ鍋なんかもメニューに登場していて、冬の訪れを感じさせます。

さて。今週も始まったばかりなので、今日はこの辺で引き上げますか。どうもごちそうさま。1時間半の滞在で、今日は1,600円でした。それじゃ、Ykさん、お先にぃ!

店情報 (前回)

《平成16(2004)年11月8日(月)の記録》

|

« 黄金の輝き、ブルショット … バー「HIGHLANDER(ハイランダー)」(虎ノ門) | トップページ | 店情報: 居酒屋「三州屋(さんしゅうや)」(飯田橋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/2042367

この記事へのトラックバック一覧です: シメサバ&イカワタ … 居酒屋「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» 今月の夕食会はカワハギ … 居酒屋「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
「竹よし」は、第38回目となる夕食会です。今日のテーマはカワハギなんですが、それだけじゃさみしかろうと店主(マスター)が選んだのが生ガキと秋サバの棒寿司。カワハ... [続きを読む]

受信: 2004.11.28 22:59

« 黄金の輝き、ブルショット … バー「HIGHLANDER(ハイランダー)」(虎ノ門) | トップページ | 店情報: 居酒屋「三州屋(さんしゅうや)」(飯田橋) »