« おすすめ! 湯豆腐 … 立ち飲み「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷) | トップページ | ちょっとおしゃれに … バー「Alfonso(アルフォンソ)」(阿佐ヶ谷) »

店情報: バー「Alfonso(アルフォンソ)」(阿佐ヶ谷)

  • 店名: バー「Alfonso」(アルフォンソ)
  • 電話: 03-3330-5602
  • 住所: 166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-2-1
  • 営業: 17:30-03:00、第1、3、5水休
  • 場所: JR中央線阿佐ヶ谷駅北口を出て左折。中央線ガードにそって徒歩約30秒、右手。
  • メモ: チャージ300円。飲み物も600円くらい(カクテルは700円)で飲めるものが多く、リーズナブル。紹介web

|

« おすすめ! 湯豆腐 … 立ち飲み「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷) | トップページ | ちょっとおしゃれに … バー「Alfonso(アルフォンソ)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/1892441

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: バー「Alfonso(アルフォンソ)」(阿佐ヶ谷):

» ちょっとおしゃれに … バー「Alfonso(アルフォンソ)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
立ち飲みの「富士屋本店」を出て、渋谷駅前から路線バスに乗って阿佐ケ谷に向かいます。電車で行けば30分かからないような距離ですが、バスだと1時間近くかかる。しかし... [続きを読む]

受信: 2004.11.07 21:50

» 阿佐ヶ谷探訪 … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
せっかくまりっぺさんたちが阿佐ヶ谷まで遠征してきてくれているので、阿佐ヶ谷駅近くで2軒目のお店を選びます。まずは先日「寄り道Blog」で紹介された「葉山房(はざんぼう)」をのぞきますが、残念ながら今日は休み。この並びのドイツパブ「G.G.C」もいい店なんですが、こちらも休み。なにしろ日曜日ですからねぇ。 「そうだ。アルフォンソは年中無休ですよね」と、阿佐ヶ谷駅北口のバー「アルフォンソ」に向かいます... [続きを読む]

受信: 2005.04.10 22:17

» 最後はバーボンソーダ … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
横浜から自由が丘、渋谷を経由して、阿佐ヶ谷駅に到着したのは真夜中の0時半。ここまで帰ってきたらもうひと安心。あとは這ってでも帰れます。そんなわけで、ちょっくらもう1軒寄って帰りましょうか。 入ったのは阿佐ヶ谷駅北口にあるバー「アルフォンソ」。年中無休で夜中の3時まで開いているこのバーは、深夜に帰ってきたときにも強い味方なのです。「こんばんは」と入ると、カウンターだけの店内(壁際に補助カウンターみた... [続きを読む]

受信: 2005.08.16 16:16

» ネイバーフッド・バー … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
都心の盛場ばかりではなく、郊外のごく普通の町の中にもいいバーが普通に存在するようになってきたのはうれしい限り。私の家から徒歩圏内にあるところだけでも阿佐ヶ谷駅近くの「アルフォンソ」、鷺ノ宮駅近くの「ペルル」、野方の「ピュアー」といったバーを思いつくほど。さらにまだ行ったことのないバーもたくさんあるのです。 午後11時半の「アルフォンソ」のカウンターはお客さんがいっぱい。かろうじて一番奥の席が空いて... [続きを読む]

受信: 2006.11.19 13:31

» ひとりでクールダウン … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 昼過ぎから、大勢でワイワイと飲み騒いだ日は、最後は独り静かにクールダウンして締めくくりたい。  そんな思いで、阿佐ヶ谷駅で後輩Aを見送った後に立ち寄ったのが、北口ガード下にあるバー、「アルフォンソ」です。  カウンター6席と、壁に造りつけの補助席があるだけの小さな店内は、土曜日の深夜(0時半)にもかかわらず、先客が4人。空いていた、カウンター一番手前の席に座り、ジンリッキー(700円)を注文し... [続きを読む]

受信: 2007.11.10 15:42

» 戦い終えて夜も更けて … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 立石での飲み会を終えて、京成押上線から都営浅草線・京急線に直通する電車に乗り込み、中央線沿線メンバーは浅草橋で、総武線各駅停車に乗り換えます。立石からの帰り道はいろんなルートがあるんですが、中央線方面だと、1回乗り換えるだけのこのルートが一番楽かな。土曜日11時過ぎのこの時間、電車内はけっこういっぱい。年末の忘年会シーズンだからでしょうか。しかしながら、途中から座ることもできて、うつら、うつらと... [続きを読む]

受信: 2008.01.27 09:32

» 近所の酒場をハシゴ酒(4) … 「路傍」「アルフォンソ」「さぬき亭」 [居酒屋礼賛]
4軒目:樽酒「路傍(ろぼう)」(中野)  「川二郎」を出て路地を抜けると、その角にあるのが樽酒の「路傍」です。「石松」への行きがけ(午後8時半頃)にもちょいとのぞいてみたのですが、そのときは店内がいっぱいで入れなかったのでした。10時過ぎのこの時間帯は大丈夫。先客はJ字カウンターの手前側にふたりです。  そのふたりの左側、ちょうどJ字に曲がった先端のあたりに腰を下ろすと、ちょうど目の前が小さな炉。... [続きを読む]

受信: 2008.09.07 08:07

» ウイスキー黒ホッピー … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野)ほか [居酒屋礼賛]
 池袋の老舗大型大衆酒場「ふくろ」をあとに、本日の2軒目は、中野のもつ焼き「石松」です。  実は、さっき「ふくろ」で飲んでいたとき、酒友・にっきーさんから「中野の『石松』に、秋元さんがいらっしゃってます!」というメールをいただいたのです。  「石松」は東京西部エリアのもつ焼きの名店の1軒。他には野方「秋元屋」や、そこから独立したお弟子さんの店々をはじめ、荻窪「カッパ」、沼袋「ホルモン」、祐天寺「ば... [続きを読む]

受信: 2012.06.25 09:14

» 倉嶋編集長とハシゴ酒 … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷)など [居酒屋礼賛]
 「古典酒場」の倉嶋編集長と合流して、当然のことながら1軒で終わろうはずはなく、2軒目は中野は昭和新道商店街にある、立ち飲みの「パニパニ」に入ります。  つい先日オープンしたような感じがする「パニパニ」ですが、創業は平成18(2006)年の『パニの日(=8月2日)』。もう創業7年なんですね。  いつも明るく楽しい店主の長谷部智明さんは、この商店街の役員でもあり、毎年夏に中野駅周辺で実施されている「... [続きを読む]

受信: 2013.12.10 22:13

» アルフォンソで飲んで … 長浜ラーメン「御天(ごてん)」(下井草)ほか [居酒屋礼賛]
 「川名」、「さくら水産」で飲んだあと、阿佐ヶ谷駅改札口で解散。  地元住民なので、電車には乗らないQちゃん、にっきーさんと3人で、阿佐ヶ谷駅近くのバー「アルフォンソ(Bar Alfonso)」に入ります。  夜遅くまで、リーズナブルな値段で本格的なカクテルを、じっくりと楽しむことができるバー「アルフォンソ」。この近辺では、いちばん好きなバーです。  3人とも、それぞれ好みの飲み物を注文。  私は... [続きを読む]

受信: 2014.08.31 20:29

» ジンリッキーにうなる … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 久しぶりにやってきたバー「アルフォンソ」で、ジンリッキー(Gin Rickey)を作ってもらう。  そして出されたジンリッキーのおいしさにうなる。  ジンリッキーの作り方はとても簡単。ジンを炭酸水で割って、ライムを搾り入れる。基本的にはこれだけだ。  つまり、ライムサワーの焼酎がジンに代わったようなものということ。  でも、これを「アルフォンソ」のようなきちんとしたバーで、その店長・村川真さんの... [続きを読む]

受信: 2016.11.12 09:22

» 麻布起点でのれん分け … 大衆割烹「和田屋(わだや)」(阿佐ヶ谷)ほか [居酒屋礼賛]
 焼鳥「川名」を出たところで、すでに午後9時前。  ここでいったん解散となり、寄り道さん、宇ち中さん、ここちき&みやさんご夫婦と私の5人は、二次会として阿佐ヶ谷駅近くの大衆割烹「和田屋」へと入る。 「5人です」と声をかけると、 「お2階へどうぞ」  と2階の座敷席に通してくれた。  すでに「川名」でたっぷりと飲んだあとなので、みんな思い思いのサワーを注文。私はシークワサーサワー(400円)をもらっ... [続きを読む]

受信: 2017.05.14 21:09

« おすすめ! 湯豆腐 … 立ち飲み「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷) | トップページ | ちょっとおしゃれに … バー「Alfonso(アルフォンソ)」(阿佐ヶ谷) »