« 店情報: 居酒屋「あさがや えべす」(南阿佐ケ谷) | トップページ | まさにセンベロ … 居酒屋「川名(かわな)」(阿佐ケ谷) »

ここも「川名」グループ … 居酒屋「あさがや えべす」(南阿佐ケ谷)

日曜日。地元の呑んべ仲間であるにっきーさん、寄り道さんとともに「あさがや えべす」です。この店の店主・川名さんは、中村橋「川名」の息子であり、かつ阿佐ケ谷「川名」の甥っこ。寄り道さん曰く、「居酒屋界のサラブレット」なのです。

待ち合わせの5時に店内に入ると、右手のカウンター席ではすでににっきーさんが生ビール(480円)を飲みはじめています。「こんばんは!」とあいさつしながらそのすぐとなりに座り、私もホッピーセット(410円)からスタートです。お通しはキュウリの塩もみ。こりゃまたさっぱりといいですね。

すぐに寄り道さんも登場です。じゃ、3人になったので場所を移りますか。店内は入り口右手に今座っているカウンター席(7席)、左手はテーブル席(4人席×4)。そして店の奥には大きな座敷席(といっても畳敷きではなくてフローリングの床。4人席×10くらい)があります。「奥に移っていいですか?」「はい。どうぞ」。

掲示板で「オフ会(忘年会)を開こう」という話になり、今日はその会場の下見もかねての「えべす」なのです。なるほど。この座敷は広いですねぇ。

「つまみはなにもらう?」「まずは焼き鳥の盛り合わせかな」。そうそう。なにしろ他の「川名」グループ同様、ここも“やきとり”を中心とした居酒屋で、店頭でもお土産用の“やきとり”を販売してますからね。あえて“やきとり”とひらがな表記してるのは、これまた他の「川名」グループ同様に、鶏も豚も焼いているからです。

「さっきから、壁に貼ってある『鶏もつ鍋(830円)』というのに引かれてるんだけど、これも1人前いいかなぁ。」「いいですねぇ。それとシメサバももらいましょうね」とつまみが決定。さっそく店のおにいさんに注文します。

阿佐ヶ谷「川名」は店員さんは女性アルバイト(つまり、おねえさん)なのですが、中村橋「川名」と、ここ「えべす」は男性アルバイト(おにいさん)が多いようです。ここは店主もそうですが、店員さんも若い人が多くてとっても活気があります。

まず出てきたのは「焼き鳥盛り合わせ」(570円くらいだったかな?)。砂肝、手羽先、正肉、皮、ぼんじりという、まさに正統派“焼き鳥”です。そしてシメサバ。これまた酒飲みに人気の一品ですね。

おすすめなのは「鶏もつ鍋」。これは鶏モツとツクネを、キャベツ、ニラとともに仕上げるひとり用の鍋で、最後にうどんまでついてきます。ひとりで来たのであれば、この1品で、飲みはじめから仕上げまで十分という秀逸なつまみです。

このあと、にっきーさんもホッピーに切り替え、ナカ(ホッピーの焼酎おかわり、310円)ももらってひとしきり飲んで、3人で5,400円ちょっと。ひとり当たり1,800円ちょっとの飲み会でした。メニュー設定や価格構成は、中村橋の「川名」に似てますね。

阿佐ヶ谷駅からちょっと距離がある(徒歩10分くらいかかる)ものの、オフ(12/4予定)の一次会はこの店に決定です。

店情報

《平成16(2004)年11月14日(日)の記録》

|

« 店情報: 居酒屋「あさがや えべす」(南阿佐ケ谷) | トップページ | まさにセンベロ … 居酒屋「川名(かわな)」(阿佐ケ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/2164032

この記事へのトラックバック一覧です: ここも「川名」グループ … 居酒屋「あさがや えべす」(南阿佐ケ谷):

» 居酒屋礼賛忘年会 … 居酒屋「あさがや えべす」(南阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
「はやいもので、門仲での「なんだったか忘れた会」からもう、1年になります」というゆこねぇさんの書き込みが掲示板に載ったのが10月27日。それをきっかけに、大変な... [続きを読む]

受信: 2004.12.19 20:50

« 店情報: 居酒屋「あさがや えべす」(南阿佐ケ谷) | トップページ | まさにセンベロ … 居酒屋「川名(かわな)」(阿佐ケ谷) »