« まさにセンベロ … 居酒屋「川名(かわな)」(阿佐ケ谷) | トップページ | ついつい朝まで … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »

煮込みと燗酒 … もつ焼き「ホルモン」(沼袋)

久しぶりの「ホルモン」です。水曜、午後8時の店内は6割程度の入り。今日は二つあるテーブル席にはそれぞれ2人組の男性客が座っていますが、カウンターはすべて男性ひとり客。まさに昔のままのもつ焼き屋さんらしい状態です。

カウンターのいっかくに腰を下ろし、まずはいつものようにビールの小ビン(310円)とおしんこ(100円)を注文します。ここのビールはサッポロ。大ビンは黒ラベルとラガーが選べるのですが、小ビンは黒ラベルのみです。おしんこは白菜。このところキュウリの漬物のことが多かったので、久しぶりといった感じです。

今日もビールやおしんこを持ってきてくれるのは若いおにいさん(おそらく店主の息子)。焼き台を店主が守り、フロア側をおにいさんが受け持っています。奥にはおかみさんもいて、ときどきこちらに姿を見せます。

そのおにいさんに、まずはレバとコブクロのちょい焼きを2本ずつお願いします。ここのもつ焼きはすべて1本100円。1本から注文できます。“ちょい焼き”というのは、文字通りちょっとだけ焼いてもらう焼き方。ここでは、材料は生で出せるくらい新鮮そうなのですが、けっして生(刺身)では出さない。一番生に近い食べ方が、この“ちょい焼き”なのです。“ちょい焼き”にできるのはレバとコブクロの2種のみ。

ちょっとだけ焼かれたレバとコブクロに刻みネギが添えられ、ショウガ醤油とともに出てきます。私の食べ方は、まずレバとコブクロを全部串からはずしてしまう。そして、ひと切れずつ順番に、ネギをのっけて、ショウガ醤油をつけていただくのです。うまいよなぁ、相変わらず。

日本酒(2級、260円)をもらいましょうか。燗でお願いします。

なにしろこの2級酒(銘柄は「淡醸(たんじょう)」)。もちろんアルコール添加の普通酒なのですが、この種の、あまり本格的ではない日本酒がもつ焼きや、油もの(たとえばコロッケなど)にも合うようなのです。ちなみに、ここで言ってる本格的な日本酒というのは純米酒や純米吟醸酒などのことを指しています。これらはつまみはむしろないほうがいいくらい、お酒そのものがうまい(うますぎる)ように思います。

カウンターの向かい側に、ちょっと体格のいい男性ひとり客が入ってきました。ビール(サッポロ黒ラベル、大ビン、490円)と同時にレバ、カシラ、タンを2本ずつタレ焼きで注文。ビールをグイグイやりながら、6本のもつ焼きを次々とやっつけていきます。その速いこと速いこと。あっという間に食べ終えて、今度は冷奴(250円)を注文しました。これまた出てくるやいなやという感じで、冷奴全体を5~6口で食べ終えます。さらに「焼酎の水割り(350円)とアブラ、ウズラ、生揚げを2本ずつ。アブラはタレね」と畳み込むように注文。モグモグともつ焼きをほお張りながら、焼酎の水割りをググゥ~ッと流し込んでいっちょあがり。「ごちそうさんっ!」「ありがとうございます。2,290円です」。見ているこっちのほうが、思わず口あんぐりになって、動作が停まって見とれてしまうくらいあっという間のできごとでした。ある意味、通の食べ方ですなぁ。

カウンターの右端のほうのお客さんから「煮込みね!」と注文が入ります。「あ。私も煮込み(290円)」。口あんぐり状態から我に返って、私も次のつまみを注文します。「お酒(260円)もおかわりください」。

煮込みをつまみにお酒を1杯いただいて、最後の仕上げはキリッと焼酎にしましょうか。「焼酎(210円)を1杯。あと、オッパイ、アブラ、ヒラを塩で1本ずつお願いします」。

いくらアル添の普通酒が油ものに合うといっても、オッパイ、アブラなどの、まさにアブラの旨みを味わうタイプのつまみには、やっぱり焼酎のほうがいいように思います。ヒラ(ヒモ(腸)とテッポウ(直腸)の中間的な部分)はどっちでもいけそうですけど…。

やぁ、おいしかった。どうもごちそうさま。ちょうど1時間の滞在で、今日は2,130円でした。

店情報 (前回)

《平成16(2004)年11月17日(水)の記録》

|

« まさにセンベロ … 居酒屋「川名(かわな)」(阿佐ケ谷) | トップページ | ついつい朝まで … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/2164284

この記事へのトラックバック一覧です: 煮込みと燗酒 … もつ焼き「ホルモン」(沼袋):

» 満席の金曜日 … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) [居酒屋礼賛]
1週間の仕事を終えて金曜日がやってきました。今週は月曜日から木曜日までの4日間休肝日。なにしろ腹痛を伴う風邪もはやっていたりするので、なるべく体力を蓄えておくよ... [続きを読む]

受信: 2005.01.30 22:03

« まさにセンベロ … 居酒屋「川名(かわな)」(阿佐ケ谷) | トップページ | ついつい朝まで … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »