« 店情報: ドイツパブ「G.G.C(ジージーシー)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 最後の仕上げは … バー「PURE(ピュアー)」(野方) »

レーベンブロイで2次会 … ドイツパブ「G.G.C(ジージーシー)」(阿佐ヶ谷)

えべす」を後にした一行19名は、阿佐ケ谷駅南口に広がるパールセンター商店街のアーケードの中を阿佐ケ谷駅へと進みます。1次会の余韻でワイワイガヤガヤと歩く中、幹事団のにっきーさんと寄り道さんは心当たりの店に電話をかけたりしながら2次会の場所を探しています。「う~む。19人入れるところがないですねぇ。」「阿佐ケ谷駅ビルのG.G.Cなら入れるかも?」「じゃ、ちょっと見てきます」。G.G.Cの電話番号を控えてきてなかったので、寄り道さんがみんなより一足先に阿佐ケ谷駅へと走ります。

阿佐ケ谷駅に着いたところへ寄り道さんもおりてきて(G.G.Cは2階にあるのです。)、「奥のグループ席は埋まってたけど、手前のテーブル席をくっつけてなんとかしてくれるそうです」とのこと。あぁ、よかった。

店に入るとすでにテーブル席がセッティングされており、先ほど同様2グループに別れるもののそれほど窮屈ではなく入れそうです。そうかぁ。奥にも10名くらいのグループがいて、さらにこれだけ入ってまだ余裕があるんだから、店内はけっこう広いんですね。

今度の私の席は、みわピーさんたちのグループといっしょ。みわピーさん、KOBOさんご夫妻とも、昨年の門仲での「なんだったか忘れた会」以来です。今日はさらにみわピーさんの仕事仲間おふたり(女性)も加わって、とっても女性密度の高いグループなのです。

この店はなにしろドイツパブというくらいで、ビールが売り物。「レーベンブロイにしましょうか。じゃ、生中(580円)の人!」という問いかけに、「はぁ~い!」とみんなの手があがります。あれ!? ひとり手があがってないのは、前回オフから連続参加のしぐらさんです。お。これはものすごい注文が入るか…、とみんなが期待したら「私は大ジョッキ(850円)でお願いします!」って。なるほど。その選択肢がありましたか! そういえば、前回オフのときは妊娠中の奥さんもごいっしょでしたね。

レーベンブロイの中ジョッキは陶器のジョッキで供されます。カンパーイのあとにクゥ~ッと飲むこのビールのうまいこと!

つまみのほうも、ザワークラウトやソーセージの盛り合わせ、ジャーマンポテトなどなど、ビールに合いそうなものを次々に注文します。

みわピーさんの友人のおひとりはドイツ料理に詳しいらしく、「なんかちょっと違うなぁ」と言いつつメニューをながめています。なるほどねぇ。ドイツパブといいつつも、近隣の呑んべ(自分たちのこと!?)に合わせて、ジワリジワリと居酒屋風のメニューに変遷させていったのかもね。

みわピーさんのご主人、KOBOさんは荻窪勤務。毎日、ご自宅のある下町から中央線に乗り継いで職場までやってくるそうなのです。どちらも黄金の居酒屋地帯。実にうらやましい環境ですね。

向こうのテーブルではシュタインヘイガー(ドイツ風ジン)をいっています。いいねぇ、シュタインヘイガー。こっちももらいましょう。「わ。けっこうきついですね」と、みわピーさんのお友だち。「これをねぇ。こうやってクイッと一気に飲んで、口の中をリフレッシュして次のビールにのぞむんですよ」。やめときゃいいのに、女性の前だとつい調子にのってシュタインヘイガーをクイッと一気にあけちゃいます。こうやって、今日もまたヘロヘロの酔っ払いになっていくのでした。それにしても、キンキンに冷えたシュタインヘイガー。本当に口の中がキリッとしまりますね!

「久しぶり!」と横にやってきたのは呑んだフルさん。先日、「河本」でばったりと出会って、「だるま」「エコー」と一緒にハシゴしてまわったのが呑んだフルさんです。呑んだフルさんもわれわれと同じくらいの世代ながら、とっても若々しい。呑んだフルさんは、実は今日も「河本」でひとり0次会をしてから、こっちに参加されたそうなのです。

そして、その呑んだフルさんのとなりが青地さん。青地さんはなんと森下賢一さん主催の句会に出席されているのだそうで、同じ句会に参加されている吉田類さんの「酒場放浪記」にも出演されているのだそうです。呑んだフルさんもこの「酒場放浪記」の大ファンで、「あぁ、そうだそうだ。「河本」や「大坂屋」の回で一緒に写ってましたねぇ」と盛り上がります。

ワイワイと飲んでるうちに11時が近くなり、下町方面から参加いただいたみなさんはそろそろ帰路につかないといけない時間になってきました。2次会の会費はひとり2,150円。

今回、残念だったのは1次会も2次会も別のテーブルになってしまって、キンミヤさんとお話しできなかったこと。キンミヤさんは、そのハンドル名のとおり金宮焼酎の大好きな好青年で、恵比寿の「縄のれん」の大常連さんでもあります。ぜひ、「縄のれん」の話もうかがいたかったのになぁ。次の機会にはまたぜひよろしくお願いします。(寄り道さんがキンミヤさんとじっくりお話しされてたみたいなので、今度寄り道さんと飲むときに教えてもらおっと。)

それにしても、こんなにおおぜいのみなさんにご参加いただき、本当にありがとうございました。

店情報 (前回)

《平成16(2004)年12月4日(土)の記録》

|

« 店情報: ドイツパブ「G.G.C(ジージーシー)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 最後の仕上げは … バー「PURE(ピュアー)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/2315960

この記事へのトラックバック一覧です: レーベンブロイで2次会 … ドイツパブ「G.G.C(ジージーシー)」(阿佐ヶ谷):

« 店情報: ドイツパブ「G.G.C(ジージーシー)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 最後の仕上げは … バー「PURE(ピュアー)」(野方) »