« 引退相撲の後で … すし「魚がし寿司(うおがしずし)」(都立家政) | トップページ | 豪勢! 刺し盛り … 居酒屋「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

1周年おめでとう! … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方)

都内での仕事が5時少し前に終わり、現地で解散。これなら5時半には野方(のがた)に着くことができそうだなぁ。その時刻ならきっと「秋元屋」にも入れる(まだ空きがある)ことでしょう。よし。「秋元屋」に向かおう!

「秋元屋」はすでに西武新宿線沿線の名店のひとつという貫禄が出てきていますが、実は昨年(2004年)の1月30日に開店したお店。先日1周年を迎えたばかりなのです。

野方駅から「秋元屋」までは歩いて2分ほど。私の前を歩いていたコート姿の男性が吸い込まれるように「秋元屋」の店内に入って行きます。私もそれに続いて店内へ。なんと店内はいっぱいのお客さん。さらに表のテラス席でもグループ客が飲んでいます。まだ5時半なのに、みんな出足がいいなぁ。

カウンターにかろうじて空いていた席に先ほどのコート姿の男性と私とが座って、これでカウンターも満席。もうひとり客も入ることができない状態です。さすがに人気店ですねぇ。

「いらっしゃいませ」と笑顔で迎えてくれた店主は、焼き台のところで大量のもつ焼きさばいている真っ最中。袋入りの手拭きを渡してくれるヨッちゃん(店を手伝っている女性)にホッピー(380円)と煮込み玉子入り(380円)を注文して飲みはじめます。

もつ焼きは次々に焼きあがり、カウンターの外でスタンバイしているたっつんさんに手渡され、たっつんさんが外のテーブルへと運んでいます。たっつんさんは元々このお店の常連さんだったのですが、今は月曜日と金曜日に店のおにいさんとして店主をサポートしているのです。

「ナカ(250円)お願いします」とホッピーの焼酎部分をおかわりしたところで、ちょうど店主も手があいてきたようで「なにを焼きましょう」と声をかけてくれます。待ってました。じゃ、チレとシロ、テッポウ、ハラミを1本ずつ、味噌でお願いします。

ここのもつ焼きは1本100円。味は塩、タレのほかに、味噌ダレがあるというのが大きな特徴です。

チレは豚の脾臓(ひぞう)。表面はプリッとしているのですが噛むとふんわりとやわらかい。プリフニュと実におもしろい食感なのです。このチレには味噌ダレがぴったり合うように思います。

シロは豚の腸。これはクニュクニュとした食感が身上で、塩でもタレでも、そして味噌でもおいしくいただけます。テッポウは直腸。シロにくらべても厚みがあって、噛みごたえも十分。これもチレと同様、味噌ダレがよく合うように思います。

ハラミは横隔膜の部分なので、感覚的には内臓というよりも肉そのもの。塩で食べてもおいしいのですが、根強い味噌ダレファンもいるという一品です。

味噌ダレのもつ焼きを堪能しながらホッピーをいただいているところへ寄り道さんが到着。実は仕事先からこちらに向かうときに「秋元屋に向かいます」という携帯メールを寄り道さんに打っていたのでした。

カウンターは、先ほど入口近くのお客さんがひとり帰ったところで、ひとり分だけ空席がある状態。私の隣にいたお客さんがそちら(ひとつ横)にずれてくれて、寄り道さんも無事着席。これでまた満席状態になりました。寄り道さんもヨッちゃんからお手拭きを受け取りながら「キンミヤと炭酸をお願いします」と飲み物を注文しています。

「秋元屋」では普通に焼酎をたのむと宝焼酎(250円)が出てきますが、下町酒場で標準的に出されるキンミヤ焼酎(280円)も置いており、「キンミヤ」とたのむとそちらを出してくれるのです。

炭酸はこれまた下町で人気のニホンシトロン。爆発的な泡立ちで有名な炭酸ですが、東京西部地区ではここ「秋元屋」以外では見かけたことがありません。

じゃ、私もホッピーをセットで(ナカもソトもおかわり、380円)お願いします。

寄り道さんのもつ焼きの注文にあわせて、私もレバー、コブクロ、ナンコツを1本ずつ塩で注文します。レバーとコブクロはちょい焼きでお願いしますね。

店主の手がややあいてきた頃を見はからって、寄り道さんとふたりで1周年のお祝いの言葉をかけます。「ありがとうございます」とうれしそうな店主。なにしろたった1年で、今や「野方といえば…」と言われるほどの店にしちゃいましたもんね。すばらしいことです。

「これは1周年の感謝ということで」と店主がサービスで出してくれたお酒は栃木・小林酒造の「鳳凰美田(ほうおうびでん)」純米大吟醸生酒。何種かある「鳳凰美田」の中でも最高峰のお酒です。ひやぁ~っ。どうもすみません。でもさすがにうまいっ。

私自身はあまり飲んだことがありませんが、この店は日本酒や焼酎の品ぞろえも豊富で、いろんな銘柄を楽しんでいるお客さんもよく見かけます。下町大衆酒場と同じように安価で楽しめるものから、銘酒居酒屋と同じように美酒を楽しむこともできる。こういういいお酒も、値段は安めの設定のように思います。この幅の広さもこの店の特長のひとつなんですね。

寄り道さんが4杯目の焼酎を注文。私も4杯目となるナカを、キンミヤ(280円)で注文します。だいたいは3杯くらいがちょうどよくて、4杯となると少し飲み過ぎ気味なんだけどなぁ。しかもおいしいお酒(鳳凰美田)も1杯いただいてるし…。でも話もはずんで、ついつい飲み物も進んでしまいます。ま、いいか。明日は休み(土曜日)だし。(寄り道さんは土曜日もお仕事。ごめんなさい。)

そのとき店主から「試しに食べてみてください」と寄り道さんと私にもつ焼きが1本ずつ配られます。おぉ。きれいなピンク。これは串のオッパイですね。うまぁ~い。このプリプリ感と脂肪の甘みがなんともいえません。いいですねぇ、これ。「そうですか。じゃ、商品にしましょう」と、すでに用意されていた「オッパイ」と書かれた短冊が他のもつ焼きの短冊の横に並んで張り出されます。

そこへ携帯電話に「「竹よし」にいます」というまりっぺさんからのメールが入ります。数日前に「金曜日に友人たちと「竹よし」に行く予定なのでもしよろしければ…」とミニオフのお誘いをいただいていたのです。

最初は「秋元屋」→「竹よし」というルートを考えられてたらしいのですが、金曜日の「秋元屋」はきっと満席だろう(たしかに満席です)ということで、まりっぺさんたちは「ホルモン」(沼袋)→「竹よし」というルートで、今「竹よし」に着いて飲み始めたとのこと。それじゃ、私もボチボチと向かいましょうか。どうもごちそうさま。

午後5時半から8時半まで3時間の滞在。ホッピー4杯、もつ焼き7本、煮込み玉子で今日は2,370円でした。あぁ、酔ったぁ。

(同じときの記事が「寄り道Blog」にもありますので、あわせてお楽しみください。)

店情報 (前回)

《平成17(2005)年2月4日(金)の記録》

|

« 引退相撲の後で … すし「魚がし寿司(うおがしずし)」(都立家政) | トップページ | 豪勢! 刺し盛り … 居酒屋「竹よし(たけよし)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/3102741

この記事へのトラックバック一覧です: 1周年おめでとう! … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方):

» バスで野方へ … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) [居酒屋礼賛]
寄り道さんとともに「ブリック」を出て、中野駅北口のバスターミナルから野方行きのバスに乗り込みます。ふじもとさんから「秋元屋に女神降臨!」という緊急メールと、「1... [続きを読む]

受信: 2005.03.06 18:35

« 引退相撲の後で … すし「魚がし寿司(うおがしずし)」(都立家政) | トップページ | 豪勢! 刺し盛り … 居酒屋「竹よし(たけよし)」(都立家政) »