« ブツの石井バージョン!? … 豚の「味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | バスで野方へ … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

酎ハイへの対抗策!? … バー「ブリック(Brick)」(中野)

中野駅北口を出て「ブリック」についたのは午後9時ちょうど。祝日前夜の店内はお客さんでいっぱいです。「いらっしゃいませ。お2階へどうぞ」とニッコリ笑顔の店主から声がかかります。2階はまだゆったり目。さっそくカウンターのまん中付近に陣取ります。

「いらっしゃいませ。お久しぶりです」とあいさつしてくれたのは、以前、ボトルキープをしていた頃に1階入口側を担当されていたバーテンダーのおにいさんです。「あ。ごぶさたしてます」とあいさつしながら、お手拭きを受け取り、まずは生ビールの小(モルツ、400円)を注文します。横浜から1時間以上かかって移動してきましたからね。最初はやっぱりビールでしょう。お通しは炒った大豆。まずは生ビールをググゥ~ッと飲んで、大豆をポリポリとかじります。

そうかぁ。このおにいさんは、2階のチーフバーテンダーさんになってたんですねぇ。2階も1階と同じくバーテンダー2人で切り盛りしていて、奥側がチーフとしてフロア全体をとりしきり、手前の若いおにいさんが飲み物を担当します。

おつまみはオイルサーディン(500円)をいただきましょうか。たまぁに食べたくなるのが、このオイルサーディンとコンビーフです。オイルサーディンは缶詰めのものなのですが、上にちょいとパセリが飾ってあって、櫛切りにしたレモンが1切れ付いています。

それじゃいよいよウイスキーにいきますか。「トリハイ(200円)をお願いします」。

他のウイスキー(ホワイトや角など)が注文に応じてシングル(30ml)かダブル(60ml)で作られるのに対して、「トリハイ」は最初から1ジガー(45ml)分と決まっています。大き目のタンブラーに氷を入れて、メジャーカップで1ジガーのトリスを計量してタンブラーへ。そこへ炭酸を注いでクルクルっとステア。最後にピッとレモンピールしてできあがりです。

あぁ~っ。うまいっ。

サントリーのホームページ内にある「トリスバー探訪」のコーナーによると、ここ「ブリック」にはトリスを置いていない時期もあった。しかし酎ハイが居酒屋でブームになった昭和60(1985)年に、それに対抗するために『うまい!安い!』のトリスのハイボールを復活させたのだそうです。大き目のタンブラーも、最後に絞るレモンピールも、まさに酎ハイへの対抗策だったんですね。

「こんばんは」と2階に上がってきたのは寄り道さんです。横浜での仕事を終えて、こちらに向かっているときに携帯メールで「ブリックに向かいます」なんてメールのやりとりをしていたのでした。

寄り道さんは白角のハイボール(280円)でスタート。お通しには松の実が出されます。

ここはなにしろサントリー・チェーン・バーなので、サントリー系のお酒しかないかわりに、それらのお酒はとっても安く飲むことができるのです。あ。サントリー系というのは、けっしてサントリー製のウイスキーだけのことではありません。サントリーが取り扱っている、たとえばザ・マッカラン、ボウモア、グレンフィディック、バランタイン、アーリータイムズ、ジャックダニエル、カナディアンクラブなども置いてあるのです。普段は扱っていない(メニューにのっていない)品物も、ボトルキープをするのであれば仕入れてくれることもあるみたいで、バックバーにはそういうボトルも並んでいます。

おいしそうにハイボールを飲む寄り道さんは、すでに武蔵小杉の「文福」で一杯やって、ここが2軒目なのだそうです。「カレー風味の煮込みがおいしかったです」と語る寄り道さんは、そこですでにホッピーを3杯もやっつけてきたそうなのです。

その後、私はトリハイをおかわりし、寄り道さんも白角ハイボールを2杯おかわりして「ブリック」を終了。約1時間の滞在で、お勘定はふたりで2,910円(ひとり当たり1,500円弱)でした。

なお、2階席のお勘定は2階でレシートだけをもらって階段をおり、ちょうどその階段の下にあるレジのところで店長に支払います。「どうもありがとうございました」という店長の笑顔に見送られながら店をあとにしたのでした。

(同じときの記事が「寄り道Blog」にもありますので、あわせてお楽しみください。)

店情報 (前回)

《平成17(2005)年2月10日(木)の記録》

|

« ブツの石井バージョン!? … 豚の「味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | バスで野方へ … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/3195554

この記事へのトラックバック一覧です: 酎ハイへの対抗策!? … バー「ブリック(Brick)」(中野):

» 二次会はトリハイ … バー「ブリック(BRICK)」(中野) [居酒屋礼賛]
「やっちゃん」でたっぷりと肉を堪能した一行は、タクシー2台に分乗して中野駅へ。ここで残念ながらG.Aさんは帰路につかれます。残った5人(横浜の酒場通・伊東さん、深川のモツ好き・Takahashi-iさん、ここっとさんとその妹のちびちゃん、そして私)で向かったのは中野駅近くのバー「ブリック」です。店内には、お仕事の都合で一次会には参加できなかったにっきーさんがすでに到着し、奥のテーブル席を確保してく... [続きを読む]

受信: 2005.09.11 16:39

« ブツの石井バージョン!? … 豚の「味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | バスで野方へ … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »