« おでん・やきとり … 居酒屋「ほ里乃家(ほりのや)」(鷺ノ宮) | トップページ | 琥珀色の夢を見る … バー「ペルル」(鷺ノ宮) »

ちょい焼きで焼酎を … もつ焼き「ホルモン」(沼袋)

土曜日の今日、久しぶりに沼袋の「ホルモン」に出かけてみることにしました。このところ東京方面での仕事がほとんどなくて、平日はべったりと横浜で過ごしていることが多い。金曜日は電車で帰って来るものの、昨日のようにこっちに着くのが10時を過ぎてしまうことが多くて「ホルモン」の営業時間には間に合わないのです。

開店時刻をにらんみながら自宅を出発したので、ジャスト午後5時に店に到着。「こんにちは」と口開け第1号のお客として店に飛び込みます。「いらっしゃいませ」と迎えてくれる店主にまずは小ビンのビール(サッポロ黒ラベル、310円)とおしんこ(100円)を注文します。それらがすっと出されたところで、レバとコブクロのちょい焼きを2本ずつ(もつ焼きは1本100円)注文。なにしろ他にお客さんがいないので遠慮なく注文することができるのがうれしいなぁ。

今日のおしんこはキャベツとキュウリ。それを爪楊枝でつっつきながらビールです。

しかし、お客がひとりという珍しい時間もほんのつかの間。すぐにひとり、またひとりとお客さんが入ってきて、店もにぎわいはじめます。

さぁ、ちょい焼きが出てきました。じゃ、このタイミングで焼酎(210円)ももらいましょうか。焼酎は受け皿にちょっとこぼれるくらいたっぷりとついでくれ、それとは別にサントリー角瓶に入れられた梅シロップがトンと置かれます。表面張力の部分をツツゥ~ッとすすっておいて梅シロップを投入。透明な焼酎にフワッと褐色が広がります。それをまた口から迎えにいってチビリ。っくぅ~っ。効きますなぁ、梅割り焼酎。

ちょい焼きは文字通りもつ焼きをちょっとだけ焼いたもの。この店ではモツの刺身は扱っていないため、このちょい焼きがもっとも生に近い状態なのです。数あるもつ焼きの中で、ちょい焼きの設定があるのはレバとコブクロの2品だけ。またメニューにはないので、知る人ぞ知るという焼き方なのです。素焼きで炙って、刻みネギとおろし生姜を添えた醤油でさっぱりといただきます。

焼酎(210円)をおかわりして、続いてたのんだのはアブラ、オッパイ、テッポウ、タンの4品を1本ずつ。塩焼きでお願いします。

店の向かい、ちょうど道路を挟んだ反対側ではマンションの建設中。8階建てくらいの大きなマンションになるのだそうで、これができるとすっかり眺めが変わっちゃうでしょうねぇ。しかし「ホルモン」の真向かいだからなぁ。もつ焼き好きの人にはたまらぬ立地条件ですね。毎晩寄れる(笑)。

さてと。どうもごちそうさま。開店から1時間強の滞在で、おしんこともつ焼きを8本に、飲み物はビール(小瓶)と焼酎を2杯。今日のお勘定は1,630円でした。

店情報 (前回)

《平成17(2005)年3月19日(土)の記録》

|

« おでん・やきとり … 居酒屋「ほ里乃家(ほりのや)」(鷺ノ宮) | トップページ | 琥珀色の夢を見る … バー「ペルル」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/3549664

この記事へのトラックバック一覧です: ちょい焼きで焼酎を … もつ焼き「ホルモン」(沼袋):

» ちょい焼きに惹かれて … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) [居酒屋礼賛]
もつ焼きが食べたくて、呑んだフルさんとともに沼袋の「ホルモン」です。金曜午後6時の店内は7割程度の入り。カウンターの一角に陣取り、まずはビール(大ビン、490円)とお新香(100円)をもらって乾杯。ビールはサッポロラガーとサッポロ黒ラベルが選べるのでラガー(赤星)にしました。 お新香の内容は日替わりで、今日はカブとキュウリ。このお新香は人気の品で、この店に来る人のほとんどが、まず最初のつまみとして... [続きを読む]

受信: 2006.01.02 13:06

« おでん・やきとり … 居酒屋「ほ里乃家(ほりのや)」(鷺ノ宮) | トップページ | 琥珀色の夢を見る … バー「ペルル」(鷺ノ宮) »