« 英国風パブの老舗 … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷) | トップページ | おでん鍋の前で … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) »

店情報: おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷)

    070413z1
  • 店名: おでん「米久」(よねきゅう)
  • 電話: 03-3338-6851
  • 住所: 166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-11-17
  • 営業: 水日祝休
  • 場所: 阿佐ヶ谷駅北口荻窪寄りにあるスターロードに入り、少し広目の交差点を右折した左側。
  • メモ: おでんは1品120~150円くらいのものが多く、中に250円クラスのものもある。おでん以外は、ポテトサラダ、塩辛、塩らっきょ、冷しトマトなどが各300円。マグロ刺身600円、シメサバ500円、シメコハダ300円などなど。みんなが「おかあちゃん」と呼ぶ女将ひとりで切り盛り。店に入ると「お帰りなさい」と迎えられる。
  • HTML版(2003年以前): (01.09.03)(01.08.21)

|

« 英国風パブの老舗 … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷) | トップページ | おでん鍋の前で … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/4527476

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷):

» おでん鍋の前で … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
英国パブ「ザ・ライジング・サン」を出て四ッ谷駅から中央線で13分。阿佐ヶ谷駅に到着します。パブで飲んだだけでなにも食べてないのでお腹もすいたなぁ。先日、おでんを求めて「北国」に行ったのにもうシーズンが終わってたので、今日は年中必ずおでんがあるおでん専門店でおでんをつっついて帰りましょうか。 阿佐ヶ谷駅北口から歩くこと2分ほど。おでんの「米久」です。ガラリと引き戸を開けて入るとカウンターの手前、おで... [続きを読む]

受信: 2005.06.12 22:21

» 春の息吹をたっぷりと … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
今日はおでんを食べて帰ろうと立ち寄ったのは、JR中央線・阿佐ヶ谷駅すぐそばにあるおでん屋「米久」。おかあさんひとりで切り盛りするこの店は、店の奥に向かって長ーいカウンターだけのおでん専門店。年中いつでもおでんが食べられるのです。 「おかえりなさーい!」と迎えられた、金曜・午後8時半の店内はゆるやかに満席。かろうじてカウンター一番奥あたりが空いていたので、そこに座り、まずは瓶ビールを注文すると「アサ... [続きを読む]

受信: 2007.05.01 08:12

» そ、それは私なんです … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
「うちの店が本に載ったのよ」  この店をひとりで切り盛りしている、おかあちゃん(=女将)が、そう言いながら渡してくれたのは、なんと「酒場百選」ではありませんか。 「うっ。この本、私が書いたんですけど……。黙って載せてすみません」 「やっぱりそうだったの。写真の顔と似てるなぁと思ったんだけど、人違いだったらいけないから、この本を渡してみたのよ。そう、あなただったの! ねぇみんな。この人だって、この本... [続きを読む]

受信: 2008.03.09 12:09

» おかあちゃんまで独占 … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 荻窪の「繁寿司」をあとに、阿佐ヶ谷駅北口で古くから続く、おでんの「米久」にやってきました。  入口の引き戸を開けて店内に入ると、いつものように「おかえりなさーい!」という、おかあちゃん(=女将)の声。いつもは近所の常連さんたちも一緒に「おかえりなさーい」と迎えてくれるのですが、今日は残念ながら先客なしで、おかあちゃんだけが迎えてくれました。金曜日ながら、すでに午後11時なので、もうみなさん帰っち... [続きを読む]

受信: 2008.08.24 10:05

« 英国風パブの老舗 … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷) | トップページ | おでん鍋の前で … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) »