« おでん鍋の前で … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | ハムカツ3連発! … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

「北国」でミニオフ … 酒亭「北国(きたぐに)」(中野)

ここっとさんから「jirochoさん、H氏と中野で飲む予定ですがいかが?」というお誘いをいただいていた金曜日。週末はいつも仕事が終わりじまい的なところがあって、終了時刻がなかなか読めないんですよねぇ。といいつつも、今日は6時半過ぎには会社を出ることができました。「仕事終了。中野に向かいますので、店が決まれば連絡ください」とメールをしつつ帰りの電車に乗り込みます。

横浜から東京方面に向かう電車は、大勢の人が通勤するのとは逆方向なので、ゆったりと座って乗れることが多い。今日も席に座っての~んびり。ビビィ~ンとメール着信のバイブレーションが鳴り、携帯を見ると「北国来ましたー」。えぇ~っ! すごいっ! お店が古いだけに、一見さんにはけっこう敷居が高く見えてしまう「北国」。ずいぶんあっさりと入っちゃいましたねぇ。「jirochoさんにはホヤ塩辛が、ここっとさんにはチーズ巻きがおすすめです」と返信。

「北国」に到着したのは、みなさんから遅れること1時間ちょっとの午後8時過ぎ。もうみんなできあがってるんじゃないかなぁ。ガラガラガラ。「こんばんは」。「あら。いらっしゃい」と女将さん。見れば店内は左手のカウンターは満席、奥の小上がりも使っている。そして手前のテーブル席に手前からjirochoさん、H氏、そしてここっとさんが座って飲んでいます。私もそのテーブル席に仲間入り。すぐにコップとお通し(おひたし)を持ってきてくれたユミさんが「お連れの方だったの」とニッコリ。

さっそくみなさんが飲んでいたビール(キリン一番絞り大ビン)を1杯いただき、乾杯です。っくぅ~っ。1杯目のビールのうまいこと。

人心地(ひとごこち)ついて、あらためてH氏とごあいさつ。実は先日「竹よし」の店内にいらっしゃったそうなのですが、意識してお会いするのは今日がはじめてなのです。よろしくお願いします。ここっとさんが「おっとこまえ」と書かれているとおり、たしかにすらりとスマートで細面(ほそおもて)。それでいてニコニコとやさしげで、語り口調もとっても穏やか。

テーブルの上には、この店の人気の一品「チーズ巻き」(380円)と、私自身はじめて見る「ニラ玉」がならんでいます。お。ニラ玉、おいしいっ!

「ホヤ塩辛」(280円)は残念ながらなかったのだそうです。「ホヤ塩辛」というのは赤ホヤを塩辛にしたものなのだそうで、日本酒にピタリと合うのです。

「おでんを食べようと思ってきたんですけど…」とここっとさん。残念。実はおでんはもう終わっちゃったんですよ。ほらあそこに燗付け器があるでしょ。少し前まであの場所にドーンとおでん鍋がのってたんです。

しばらくビールを飲んだところで、いつものようにウイスキーをもらうことに。jirochoさんとH氏も「じゃ、我われもウイスキーを飲んでみよう」とつきあってくれます。ウイスキーはサントリーホワイトの水割り。1杯ごとにレモンスライスが1枚ずつ入れられ、その枚数で何杯飲んだかわかるようになってるのです。(実際にはレシートにも数をつけてるみたいですので、レモンスライスを数えてる姿は見たことありません。)

「はい。ウイスキーです」とカウンターに座っている常連女性がお盆にのったウイスキーをこちらに差し出してくれます。どうもすみません。お客さんにやっていただきまして。こうやって満席近くになるとお客さんが飲み物をリレーしてくれたりするんですよね。

この後は席が空くこともなく、入口扉を開けてのぞき込むお客さんにも「ごめんなさいね」とお断り。すごいなぁ。さすが金曜日の夜ですねぇ。

9時半ごろまで飲んで、お勘定は4人で7,500円でした。どうもごちそうさま。

(同じときの記事が「帰り道は、匍匐ぜんしん!」にもありますので、あわせてお楽しみください。)

店情報 (前回)

《平成17(2005)年5月20日(金)の記録》

|

« おでん鍋の前で … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | ハムカツ3連発! … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/4527734

この記事へのトラックバック一覧です: 「北国」でミニオフ … 酒亭「北国(きたぐに)」(中野):

» ばったりとふたり飲み … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) [居酒屋礼賛]
明日の都内での仕事に備えて自宅へと戻る道すがら、中野駅で途中下車して「北国」です。午後8時前の店内はカウンターに先客が3人だけという比較的ゆったり気味。水曜日だし、なにしろ外が雨ですからね。 先客3人のうち2人が女性。ゆみさん(店を手伝っている女性で、ママさんの姪)もカウンターに座って一緒に話をしています。私もL字カウンターの入り口側、短辺のところに陣取り、まずはビールを注文します。今日のお通しは... [続きを読む]

受信: 2005.07.25 16:09

« おでん鍋の前で … おでん「米久(よねきゅう)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | ハムカツ3連発! … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »