« 皿鉢料理の夕食会 … 魚料理・天ぷら「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 英国風パブの老舗 … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷) »

店情報: パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷)

  • 店名: パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷)
  • 電話: 03-3353-8842
  • 住所: 160-0004 東京都新宿区四谷1-9-3
  • 営業: 17:30-24:00(土は18:00- )、日祝休
  • 場所: JR・地下鉄の四ツ谷駅下車。新宿通り左側を新宿方向に向かって徒歩2分。最初の横丁(ここを入ると立ち飲み「鈴傳」)を過ぎて、角から4番目にある新盛ビルの2階。太陽の顔をアレンジしたユニークな看板が目安。
  • メモ: 1974年創業の、現存する最も古い東京の英国風パブ。サッポロ生ビール(700円)、バスペールエール(900円)、ギネス(900円)。シェパーズパイ(1,200円)、オール・デイ・イングリッシュ・ブレックファースト(1,500円)など。開店後の2時間(17:30-19:30)はハッピーアワーと称して、ビールが150円引きなど、飲み物が安くなる。(店のHP)(ぐるなび

|

« 皿鉢料理の夕食会 … 魚料理・天ぷら「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 英国風パブの老舗 … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/4527292

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷):

» 英国風パブの老舗 … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷) [居酒屋礼賛]
「大人の「教養」としてのBAR入門―いい店、いい酒の選び方ガイド」という森下賢一さんの著書があります。この本の中に「パブ入門 - 日本にいながら英国気分」という章があり、その中で『現在も残っている、最も古い東京の英国風パブに、創業から約4分の1世紀経つ四ッ谷駅近くの「ザ・ライジング・サン」がある。創業者のヘガーティさんはアイルランド系だがロンドン育ちで、この店を「外国人も安心して飲める酒場」として... [続きを読む]

受信: 2005.06.12 22:12

» 前回と同じ!! … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷) [居酒屋礼賛]
四ツ谷方面での仕事を終えて、久しぶりにやってきたのは東京で一番古い本格的英国式パブ「ザ・ラインジング・サン」です。店があるのは新宿通り沿いの小さなビルの2階。狭い階段を上がり、店内に入って驚いた! カウンターの中にいる店員さんは前回来たときと同じマレーシア人のおねえさん、そしてカウンターの外で飲んでるのは、これまた前回来たときと同じで、キタさんです! ほぼ1年半ぶりにやってきたというのに、店内の光... [続きを読む]

受信: 2006.10.22 16:06

» ハッピーアワー … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷) [居酒屋礼賛]
四ツ谷方面での仕事を終えて、四ツ谷駅近くのビルの2階にある英国パブ「ザ・ライジング・サン」に入ったのは午後6時。予想どおり、この早い時間、店内には先客はなく、右手の5~6人カウンターも、左手の大きなテーブル席も開店直後のピッチリと整理が行き届いた状態です。 カウンターの中で料理(シェパーズ・パイ)を作っている、この店のバーキーパーのおねえさんに、バスペールエールを注文します。このところいつもサッポ... [続きを読む]

受信: 2006.12.17 20:17

« 皿鉢料理の夕食会 … 魚料理・天ぷら「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 英国風パブの老舗 … パブ「ザ・ライジング・サン(The Rising Sun)」(四ツ谷) »