« 煮物ととんぶり … 酒房「路傍(ろぼう)」(中野) | トップページ | 復活! 深川的日常 … 大衆酒場「だるま」(門前仲町) »

塩辛でやっこさん … 大衆酒場「河本(かわもと)」(木場)

木曜日。深川界隈での仕事を終えて、雨の中を木場(きば)の大衆酒場、「河本」へと向かいます。途中、携帯電話から呑んだフルさん(「居酒屋紀行掲示板」などで活躍されている飲み仲間。最近mixiでも活動を展開中)に「明日の飲み会の打ち合わせあり。これから、河本でいかがですか」とメール。「まったく。明日の飲み会の打ち合わせを、今日飲みながらかよ!」とあきれられるかな、なんて心配をよそに、フルさんからは「仕事があと1時間くらいかかりますが行きます!」という即答。うれしいなぁ。

店に着いたのは午後6時半。雨の日とはいえ、常連さんの多い店内は6~7割り程度の入り。ンの字になったカウンターの、「ン」で言うと右下の部分に陣取り、まずは例によってホッピー(300円)とニコタマ(煮込み玉子入り、200円)でスタートです。

店の女将、ますみさんが、1リットルのコーラ瓶に入れて冷やしてある焼酎を計量コップからホッピージョッキにあざやかな手つきで移してくれて、これまたよく冷えたホッピーの栓を抜き、ジョッキといっしょに出してくれます。これを自分で割ってホッピーを完成させるのですが、これがホッピーの標準スタイル。ちょうど瓶1本のホッピーを入れきると、ジョッキのふちまでいっぱいになります。

ニコタマ煮込み鍋から小皿によそってくれる煮込みは、この店の人気の一品。ほとんどの人が注文しています。煮込みばっかり何回もおかわりしながらホッピーを飲んだりしている人もいるくらいです。

2杯目のホッピー(300円)を注文し、“やっこさん”(冷奴)の小さいの(100円)と塩辛(200円)を注文するころにフルさんも到着。さっそく明日の飲み会の打ち合わせは10分以内で終了!(電話で話しても済むくらいのことなんですが、結局こうやって一緒に飲むことが目的なんですねー。(笑))

“やっこさん”もこの店の人気の品。大(200円)は豆腐丸々1丁分で、今食べてる小(100円)でも半丁分あります。これを一緒についてくるお醤油でいただくのではなくて、塩辛と一緒にちびちびといただくのがマイブーム。ホッピーも進みますなぁ。

閉店時刻の午後8時まで1時間半ほど滞在し、フルさんと一緒にお勘定をたのみます。ひとりずつ計算してくれて「じゃ、こちらはイチイチね」とますみさん。これは1,100円ってことですね。どうもごちそうさまでした。

明日も飲むけど、今日も当然次に行きましょうね、フルさん。(笑)

店情報 (前回)

《平成17(2005)年6月16日(木)の記録》

|

« 煮物ととんぶり … 酒房「路傍(ろぼう)」(中野) | トップページ | 復活! 深川的日常 … 大衆酒場「だるま」(門前仲町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/5157081

この記事へのトラックバック一覧です: 塩辛でやっこさん … 大衆酒場「河本(かわもと)」(木場):

» 深川煮込み(その1) … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
さぁ。昨日の「鈴木屋」の塩味スープ煮込み、そして「春」の幻の煮込みに続いて、今日は深川地区の煮込みをねらいます。煮込み連発勝負、スタートは木場(きば)の「河本」から。ここは4時開店ですからね。その4時をねらって、開店と同時にすべり込みます。 まずはビール(キリンラガー、大瓶、500円)をもらい、煮込み玉子入り(通称ニコタマ、200円)です。 この店に来るといつもはホッピー(300円)をいただくので... [続きを読む]

受信: 2005.09.04 14:26

« 煮物ととんぶり … 酒房「路傍(ろぼう)」(中野) | トップページ | 復活! 深川的日常 … 大衆酒場「だるま」(門前仲町) »