« 店情報: 串焼「文福(ぶんぷく)」(武蔵小杉) | トップページ | たよりになります orz … うなぎ「ほさか」(自由が丘) »

元祖カレー煮込み … 串焼「文福(ぶんぷく)」(武蔵小杉)

「今日は七夕(たなばた)だから、やっぱり川の両側から集まらなきゃダメだろうよ」。そんな戯言(たわごと)にのせられて、多摩川の東西両側から呑んべたちが武蔵小杉に集まります。

ここは「元祖カレー煮込み」が看板メニューの居酒屋「文福」。午後7時過ぎの店内は満席で、「今、お勘定しているお客様がいますのでしばらく外で待っていただけますか」とのこと。地元でも人気のお店なんですね。私自身はここにくるのは初めてです。

待つことしばし。店内右手奥のテーブル席に案内されます。店は入口から見て左手が店の奥まで続く直線のカウンター席、右手がずらりとテーブル席になっています。2階には40名くらいまで座れる座敷席もあるようです。

まずはビール(サッポロラガー、大瓶、500円)をもらって乾杯です。お通しは梅肉ソースがちょっとのった大根おろし。「元祖カレー煮込み」(400円)をまず注文しておいて、串焼きメニューを選びます。

串焼きはカシラ、タン、ハツ、レバ、シロ、コブクロなどの定番ものが1串100円。焼き鳥系は若鶏、皮、砂肝、手羽先などが各110円です。しかしながら、むしろこれら定番ものよりも、定番でないものに引かれるものが多い。たとえば「かえるのへそ」(140円)。なんだろうねぇ、これは。さらには「ピーコン」(200円)、「焼鳥やのピザ」(170円)、「玉三郎」(140円)。できあがりが想像つかないようなものが多いのです。これらを1本ずつもらって、さらには「ゴーヤとスパム」(130円)と「ぎんなん」(140円)も注文です。

ビールで喉をうるおした後は、男性陣2名はホッピー(300円)に切りかえます。この店には普通のホッピー、黒ホッピー、生ホッピーと、ホッピーが3種そろっているのです。今日はその3種類をすべて制覇する予定。

さて、つまみ。カレー煮込みは、上に刻みネギがかかっているものの、見た目はほとんどカレーです。そのカレーの中からモツが。おもしろいなぁ、これは。さらに中のほうには大きめに切られた四角い豆腐も鎮座しています。他ではあまりないですよねぇ、こういう煮込み。

そして串焼きは「かえるのへそ」。これは書いていいのかなぁ。イカの口の部分から「からすとんび」という鳥のくちばしのような歯の部分をはずした丸っこい身の部分が串に刺さって並んでいます。しっかりとした歯ごたえは「やき屋」で食べるイカナンコツ以上かな。この食感は好きだなぁ。

「ピーコン」はピーマンの中にコーン(とうもろこし)とチーズを詰めて、ベーコンで巻いて焼いたもの。「焼鳥やのピザ」は焼き鳥の上にチーズとピザソース。この2品はチーズ好きの人におすすめです。「玉三郎」は串に刺さったウズラの玉子3つ。味つけ玉子のような感じでしっかりと味がついています。「ゴーヤとスパム」はいつもあるメニューではなくて“今日のおすすめ”というメニューの中の一品。その名のとおりスパム(塩辛いポークハム)をスライスしたゴーヤとともに串に刺して焼いたもの。スパムのしょっぱさとゴーヤの苦味のバランスがよくて、食べやすい。

続いて注文したのはややピリ辛の冷やっこ・「四川奴(しせんやっこ)」(300円)と、いわゆるジャガバタの「じゃが丸」(250円)。待てよ。ジャガバタにイカの塩辛をのせて食べるのもうまいって聞いたことがあるなぁ。「塩辛」(350円)ももらいましょうか。強力なつまみを得て、チューハイもお酒も進む進む。

11時ごろまでたっぷりと4時間ほど楽しんで今日は3人で7,318円(ひとり2,500円弱)でした。どうもごちそうさまぁ、と店を出た3人は、武蔵小杉の駅からそれぞれ東へ、北へ、そして西へと帰路についたのでした。

(同じときの記事が「帰り道は、匍匐ぜんしん!~しとりで飲み歩き」にもありますので、あわせてお楽しみください。)

店情報

《平成17(2005)年7月7日(木)の記録》

|

« 店情報: 串焼「文福(ぶんぷく)」(武蔵小杉) | トップページ | たよりになります orz … うなぎ「ほさか」(自由が丘) »

コメント

お邪魔します
豆腐カレー!(笑
ここに行ってなかったら思いつきませんでした。
いい経験です。
って、久しぶりに本物が食べたくなりました。

乗っているネギ大盛希望したいです(笑

投稿: ここちき | 2009.09.05 10:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/5493204

この記事へのトラックバック一覧です: 元祖カレー煮込み … 串焼「文福(ぶんぷく)」(武蔵小杉):

» 武蔵小杉 「文福」 [千鳥足で365歩のマーチ]
「文福のカレー煮込みが食べたい」  夜中の3時にgちゃんにメール。 朝の返信 「なんであんな真夜中にカレー煮込みのこと考えてるんだよ・・・」  その昔、gちゃんが主催していた日本酒の会の呑み会に、初めて参加したときの会場が文福だった。 私は日本酒のHPを持っ... [続きを読む]

受信: 2005.08.17 20:12

» 二階の座敷でくつろいで … 居酒屋「文福(ぶんぷく)」(武蔵小杉) [居酒屋礼賛]
水曜、午後7時の「文福」はすでにお客さんがいっぱい。「カウンターかお二階の座敷席になります」と店のおにいさん。見れば、カウンターの一番手前側にかろうじて空いたスペース。う~む、ちょっと狭そう。今日は2階にしましょうか。 2階は小上がりの座敷席になっていて、ざっくりと四つくらいに仕切られた各スペースには、それぞれ4人がけの座卓が2卓ずつくらい。つまりひと仕切りの中で8人くらいのグループ飲みができるん... [続きを読む]

受信: 2005.12.04 19:24

» カレー豆腐 [つづく・・・・・・]
温めた豆腐にカレーかけ。 ”煮込み豆腐カレー風味だよ~(^^)” 素直にカレーと言わないのは ”(*´∇`)ノカレー!!ご飯ちょーだーい!” と言うヤツの思考回路をぶち壊す為ヽ(´ー`)ノ 何故? 体重増加中のヤツ。 低カロリー高たんぱくな豆腐でお腹を満たさせる為! その効果かやっと体重減少に。 ”(*´∇`)ノカレーと豆腐って合うね~” ・・・・ばかめが。 子供以上に手が掛かるヤツ・・・ そう言えば、文福というお店のモツ煮込み。 カレー... [続きを読む]

受信: 2009.09.05 10:29

« 店情報: 串焼「文福(ぶんぷく)」(武蔵小杉) | トップページ | たよりになります orz … うなぎ「ほさか」(自由が丘) »