« おねえさんと握手 … 居酒屋「だるま」(門前仲町) | トップページ | 店情報: 立ち飲み「福田フライ(ふくだふらい)」(横浜・桜木町) »

みんなで合流 … スナック「エコー」(門前仲町)

「だるま」を出て、別働隊だったT氏、H氏とも合流し、すぐ近くの辰巳新道(たつみしんどう。別名・門仲のションベン横丁)の中にあるスナック「エコー」へ。「あら。久しぶりねぇ」なんて言われながらも、覚えていてくれて心地よく迎えてくれるママさんに感謝です。

T氏はここっとさんの知人で、私は今日がはじめまして。ホッピーをこよなく愛しているそうで、行きつけのお店は新宿の「串元」。このお店には行ったことがないので、ぜひ今度ご紹介ください。T氏のことが載ってるページは「帰り道は、匍匐ぜんしん!」の中にも複数あります。たとえばこちら

H氏は「帰り道は、匍匐ぜんしん!」にも、このページにもたくさん登場してますが、ここっとさんとの出会いのシーンはこちらです。私がH氏とはじめてお会いしたのは中野の「北国」。そのときの記事はこちらです。

おふたりは今日「河本」で飲んだ後、業平のホッピー酒場「大黒屋」にハシゴして、たった今、門前仲町まで戻ってこられたそうなのです。おふたりともスラッと端正な顔立ちなので、ホッピーをがんがん飲ったようには見えないところがすごい。

午後10時を回ったころフルさんから「まだ間に合うようなら、今から顔だけでも出そうかと思います」というメールが入ります。「間に合います。エコーわかりますか?」「わかりますとも!」ということで、フルさんもこちらに向かってくれることになりました。なぜ「わかりますとも」かというと、フルさんとは以前、「河本」→「だるま」→「エコー」という深川ガンガン飲みツアーをやったことがあるなど、ここ「エコー」にも何度かいらっしゃってるのです。

11時も近くなったころ、フルさん到着! どうもお疲れさまでした。

なにも食べてないというフルさんのために、女将(ママ)さん、なんかないですか? 「じゃ、焼きそば作ろうか。けっこう人気あるのよ」。はーい。じゃ、お願いします。

出てきた焼きそばは大皿にたっぷり。小さい干しエビ(干しサクラエビ?)がたっぷりと入っていて、これがまたやけに美味しい。フルさん用にって作ってもらったのに、みんなで寄ってたかって食べる食べる食べる! あー、おいしかった。

そろそろ終電が気になる時刻になって、店を後にします。会計はよく覚えてないけど、いつも大体ひとり3千円くらいなので、今回もそれくらいだろうと思います。

T氏、H氏、私は地下鉄東西線で。フルさん、ここっとさんは地下鉄大江戸線で、それぞれ西へと向かったのでした。

(同じときの記事が「帰り道は、匍匐ぜんしん!~しとりで飲み歩き」にもありますので、あわせてお楽しみください。)

店情報 (前回)

《平成17(2005)年7月1日(金)の記録》

|

« おねえさんと握手 … 居酒屋「だるま」(門前仲町) | トップページ | 店情報: 立ち飲み「福田フライ(ふくだふらい)」(横浜・桜木町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/5353019

この記事へのトラックバック一覧です: みんなで合流 … スナック「エコー」(門前仲町):

» 辰巳新道のスナックで飲む … スナック「エコー」(門前仲町) [居酒屋礼賛]
門前仲町(もんぜんなかちょう)には辰巳新道(たつみしんどう)という飲み屋街があります。幅25m、奥行き40mほどの小さな一角の中に、アルファベットの“y”に似た形に狭い路地が通り、そのまわりに30軒ほどの飲食店が軒を連ねているのです。トイレは通りの中に2ヶ所ある共同トイレ。各店の大きさは一様に九尺二間(間口(まぐち)九尺(約2.7メートル)奥行二間(約3.6メートル))に区切られているところに、東... [続きを読む]

受信: 2006.11.21 07:46

« おねえさんと握手 … 居酒屋「だるま」(門前仲町) | トップページ | 店情報: 立ち飲み「福田フライ(ふくだふらい)」(横浜・桜木町) »