« 最後は幻の煮込み … もつ焼き「春(はる)」(中野) | トップページ | 店情報: 居酒屋「山城屋酒場(やましろやさかば)」(住吉) »

深川煮込み(その1) … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場)

ニコタマさぁ。昨日の「鈴木屋」の塩味スープ煮込み、そして「」の幻の煮込みに続いて、今日は深川地区の煮込みをねらいます。煮込み連発勝負、スタートは木場(きば)の「河本」から。ここは4時開店ですからね。その4時をねらって、開店と同時にすべり込みます。

まずはビール(キリンラガー、大瓶、500円)をもらい、煮込み玉子入り(通称ニコタマ、200円)です。

この店に来るといつもはホッピー(300円)をいただくのですが、今日はこの先の長丁場が予想されるため、軽めにビールにしたのでした。この店でビールを飲むのははじめてかもしれないなぁ。

同行者たちもそれぞれバターピーナッツ(200円)をもらったり、やっこさん(小)(100円)+塩辛(200円)をもらったりしています。やっこさんと塩辛というのは私も好きなんですよね。しかも、ここのやっこさん(冷やっこ)は、小でも豆腐半丁。大(200円)だと丸々1丁分ですから。これだけでけっこう飲めちゃいます。

ここの煮込みはシンプルにあぶらっこい古き良き下町風。どこの酒場でもこういう煮込みが出てたんだろうなぁ、と思える素直な味わいです。この店に来ると、まずはニコタマをたのんじゃいますねぇ。

いかん。やっぱりニコタマを食べるとホッピーが欲しくなる。すみません真寿美さん(←店の女将さん)、ホッピーをお願いします。

ここのホッピーも、ホッピービバレッジ推奨どおりのスタンダードな作り方。よく冷えた焼酎70mlをよく冷えたホッピー(ソト。360ml)で割って、氷は入れない。これでちょうどホッピージョッキにちょうど1杯分のホッピー割りができあがるのです。こうやって割ると、アルコール度数が5%くらいの飲み物になるので、ビールと同じくらいのはずなのに、なんだかビールよりもよく効くんですよねぇ。3杯飲んだらけっこうフラフラ。私はそんなに飲んだことがありませんが、5杯も飲むと腰が抜けるほどになるんだそうです。(笑)

1軒目の「河本」は1時間半程度で終了。それぞれ千円に満たない程度のお勘定を済ませて、さぁ、次に向かいますか。真寿美さん、どうもごちそうさま。また来ます!

店情報 (「帰り道…」、前回)

《平成17(2005)年7月16日(土)の記録》

|

« 最後は幻の煮込み … もつ焼き「春(はる)」(中野) | トップページ | 店情報: 居酒屋「山城屋酒場(やましろやさかば)」(住吉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/5780235

この記事へのトラックバック一覧です: 深川煮込み(その1) … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場):

» 東の“かわ”へ … 居酒屋「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
吉祥寺から地下鉄東西線1本で40分弱。木場に到着です。午後5時半の「河本」の店内では、4時から飲んでたというフルさん、くまさんが、すでに3本ずつのホッピー瓶を並べています。我われもビール(キリンラガー、大瓶、500円)とホッピー(300円)をもらって、みんなと乾杯。西の「よじかわ」(開店時刻の4時に「河本」)に合流です。つまみはニコタマ(煮込み玉子入り、200円)とピーナッツ(200円)。土曜日の... [続きを読む]

受信: 2005.09.17 15:59

« 最後は幻の煮込み … もつ焼き「春(はる)」(中野) | トップページ | 店情報: 居酒屋「山城屋酒場(やましろやさかば)」(住吉) »