« 西の“かわ”へ … 焼き鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 酒場めぐり もう一軒! … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

最後は“あき”へ … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方)

川名」を出て、吉田類さんここっとさんと3人、タクシーで野方の「秋元屋」に向かいます。土曜日、午後10時過ぎの「秋元屋」はまだお客さんがいっぱい。かろうじて空いていたコの字カウンターの手前側に陣取ってビールやホッピーをもらって飲みはじめます。

吉田類さんは「秋元屋」ははじめて。メニューのラインナップを見ながら「いいねぇ」と目を細めています。店主の秋元さんも、さっそく吉田類さんの近著「酒場歳時記」を持ってきて、サインしてもらったりしています。店主自らが、店が休みの日(毎週水曜日)には下町の酒場などをまわって勉強されてますからねぇ。類さんの本も持ってるんですね。

先客として店内にいた黒ジャージさんも話の輪に加わり、「吉田類さんがいらっしゃるのなら」ということで、夕方、木場で別れたフルさんも野方まで出てこられました。

閉店時刻の12時まで、約2時間楽しんでお勘定は4人で3,400円でした。どうもごちそうさま。

みんなと別れての帰り道、つい近所のバーに引っかかってしまいます。店内には大常連のEさんがひとり。私もカウンター手前側に陣取ります。本日これで5軒目。吉祥寺の「いせや」からはじまり、木場の「河本」、阿佐ヶ谷「川名」、そして野方の「秋元屋」と、モツの名店を東京せましとハシゴした1日でした。そんな1日のシメの酒として選んだのは「ファイアー・ミスト(Fire Mist)」(630円)。クラッシュアイスを詰めたオールドファッションドグラス(ロックグラス)に、「ロンリコ(RONRICO)151」というアルコール度数75.5%のラムをたっぷり注いでできあがり。くぅーっ。効きますねぇ! 楽しかった1日に、乾杯!

店情報 (前回)

《平成17(2005)年7月30日(土)の記録》

|

« 西の“かわ”へ … 焼き鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 酒場めぐり もう一軒! … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/5985513

この記事へのトラックバック一覧です: 最後は“あき”へ … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方):

» 酒場めぐり もう一軒! … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) [居酒屋礼賛]
吉田類さんから、「昨夜の秋元屋を正式に取材したい」という連絡があり、今日もまた「秋元屋」です。類さんは現在、「夕刊フジ」や「アサヒ芸能」に酒場情報を連載されており、今日は「夕刊フジ」の「酒場めぐり もう一軒!」の取材です。集まったのは吉田類さんのほか、寄り道さん、青地さんと私。 店に入ったのは午後5時半。日曜日もお客さんでいっぱいです。まずは瓶ビール(サッポロラガー、大ビン、530円)とマカロニサ... [続きを読む]

受信: 2005.09.18 08:23

« 西の“かわ”へ … 焼き鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 酒場めぐり もう一軒! … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »