« 琉球の味に舌鼓 … 沖縄料理「乙姫(おとひめ)」(浅草) | トップページ | 仕事を終えてくつろいで … 居酒屋「赤津加(あかつか)」(秋葉原) »

店情報: 居酒屋「赤津加(あかつか)」(秋葉原)

  • 店名: 季節料理「赤津加」
  • 電話: 03-3251-2585
  • 住所: 101-0021 東京都千代田区外神田1-10-2
  • 営業: 17:00-22:30(土 -21:30)、日祝および第1・3土休
  • 場所: 秋葉原駅西口交差点を御茶ノ水方向に渡り、その先の角を右に曲がった先の右手路地の中。
  • メモ: 昭和29年創業の老舗居酒屋。よしず張りの天井に天然木の柱。日本酒(460円)は菊正宗の正一合。
    〔刺身〕盛合せ2100、中とろ1200、まぐろぶつ850、たこぶつ800、いか刺し800。 〔酒菜珍味〕にんにく芽牛肉鉄板焼900、鶏もつ煮込み800、豚角煮800、山かけ780、まぐろぬた780、たこ酢780、肉じゃが680、えいひれ680、まぐろたたき豆腐650、いわし丸干し650、サラダ650、たたみいわし580、いか塩辛500、セロリ500、冷しトマト500、冷奴450、もずく酢450、めかぶポン酢450。 〔焼き物〕笹かれい900、さわら西京焼850、穴子照焼850、いかみりん焼730、こまい680、なんこつ焼520、焼き鳥(塩)520、だし巻たまご(2人前)1050。 〔揚げ物〕天ぷら盛合せ1100、穴子天ぷら850、帆立かき揚げ800、若鶏から揚げ680、串かつ680、川海老から揚げ600、揚げだし豆腐550。 〔お食事〕茶そば650、たらこ茶漬け500、梅茶漬け500、海苔茶漬け450、おにぎり(おかか、梅、たらこ)各250、焼おにぎり200、赤だし味噌汁200、上新香450。
    〔季節物〕目光り塩焼730、そら豆750、ホタルイカとうど卵〆800、若竹煮850。
    〔飲み物〕大瓶ビール(キリンラガー、キリン一番搾り、アサヒスーパードライ、サッポロ黒ラベル)各720、サッポロ生ビール(大)830、(中)560、(小)380、菊正宗(本醸造・正一合)460、一ノ蔵(宮城、純米酒、720ml)2650、菊水(新潟、純米吟醸、720ml)3150、菊正宗(樽酒、720ml)2600、菊正宗(吟醸酒、300ml)1250、菊正宗(生酒、300ml)880、菊正宗(冷酒、180ml)530、五番(麦焼酎、720ml)2940、いいちこ(麦焼酎、720ml)2940、白雲郷(そば焼酎、720ml)2940、小鹿くろ(いも焼酎、720ml)2940、薩摩宝山(いも焼酎、720ml)2940、サワー(レモン、梅)450、お茶割り(緑茶、烏龍茶)450、いも焼酎(ロック、お湯割)450、スミノフアイス(レモンテイスト炭酸入アルコール5%)530、ウーロン茶300、梅干(一粒)100。(2013年3月調べ)
  • HTML版(2003年以前): (01.08.09)

    〔刺身〕盛合せ2000、中とろ1200、まぐろぶつ850、たこぶつ800、いか刺し800。〔酒菜珍味〕にんにく芽牛肉鉄板焼900、鶏もつ煮込み800、山かけ800、豚角煮800、まぐろぬた780、柳川780、たこ酢780、肉じゃが680、えいひれ680、まぐろたたき豆腐650、いわし丸干し650、サラダ600、たたみいわし580、いか塩辛500、セロリ500、冷しトマト500、冷奴450、もずく酢450、めかぶポン酢450。〔焼き物〕笹かれい900、さわら西京焼850、穴子照焼850、こまい680、いかみりん焼680、なんこつ焼520、焼き鳥(塩)520、だし巻たまご(2人前より)1人前520。〔揚げ物〕天ぷら盛合せ1100、穴子天ぷら850、帆立かき揚げ800、若鶏から揚げ680、串かつ680、川海老から揚げ600、揚げだし豆腐520。〔お食事〕茶そば650、たらこ茶漬け500、梅茶漬け500、海苔茶漬け450、おにぎり(おかか、梅、たらこ)各250、焼おにぎり200、赤だし味噌汁200、上新香450。
    〔飲み物〕大瓶ビール(キリンラガー、キリン一番搾り、アサヒスーパードライ、サッポロ黒ラベル)各720、サッポロ生ビール(大)830、(中)560、(小)380、菊正宗(本醸造・正一合)460、一ノ蔵(宮城、純米酒、720ml)2650、菊水(新潟、純米吟醸、720ml)3150、菊正宗(樽酒、720ml)2600、菊正宗(吟醸酒、300ml)1300、菊正宗(生酒、300ml)880、菊正宗(冷酒、180ml)530、五番(麦焼酎、720ml)2940、いいちこ(麦焼酎、720ml)2940、白雲郷(そば焼酎、720ml)2940、小鹿くろ(いも焼酎、720ml)2940、薩摩宝山(いも焼酎、720ml)2940、サワー(レモン、梅)450、烏龍茶割り450、玉露割り450、いも焼酎(ロック、お湯割り)450、ウーロン茶(500ml)300、梅干(ひと粒)100。
    〔季節物〕しまあじ刺し1050、いさき刺し1000、石かれい刺し950、完熟トマトと帆立酢浸し780、枝豆700、はも天ぷら880、すずきとアスパラのバター焼880、鮎塩焼800、新玉ねぎと豚バラ肉やわらか煮800、焼茄子とろろ掛け750。(2009年6月調べ)

|

« 琉球の味に舌鼓 … 沖縄料理「乙姫(おとひめ)」(浅草) | トップページ | 仕事を終えてくつろいで … 居酒屋「赤津加(あかつか)」(秋葉原) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/6931574

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 居酒屋「赤津加(あかつか)」(秋葉原):

» 仕事を終えてくつろいで … 居酒屋「赤津加(あかつか)」(秋葉原) [居酒屋礼賛]
社外での仕事を終えて秋葉原にたどり着いたのは午後7時半。秋葉原駅近くにある昭和29(1954)年創業の老舗居酒屋「赤津加」に入ります。水曜日ながら店内はお客さんがいっぱいで、かろうじて空いていたテーブル席のひとつに案内されます。 まずはビールですね。ビールはアサヒ、キリン、サッポロから選べるようです。古い居酒屋は3種類すべてを置いているところが多いですね。じゃ、キリン一番絞り(大ビン)をお願いしま... [続きを読む]

受信: 2005.11.06 21:43

» 秋葉原「赤津加」、とんかつの「丸五」 [麹町の電池スト日記]
昨日も一日中家にいると毒なので散歩に出ました。またまた、神保町を巡り神田「まつや」で蕎麦を手繰り,歩いて秋葉原へ移動しました。 秋葉原は、元々は秋葉原(あきばがはら)だったらしいのですが、ここへ駅を作る際に、駅名を”秋葉原(あきはばら)”と読みを替えたの...... [続きを読む]

受信: 2008.04.03 12:42

» トークイベント収録で … 季節料理「赤津加(あかつか)」(秋葉原) [居酒屋礼賛]
 「古典酒場」のトークイベントの収録でやってきたのは、秋葉原の中心部に奇跡的に残る、昭和29(1954)年創業の季節料理の店、「赤津加」です。  メイド姿の若い娘が、笑顔をふりまきながら呼び込みをしているすぐ横にある、粋な黒塀(くろべい)に囲まれた、そこだけ古風な建物。渋いですよねぇ。  店内はコの字のカウンター席のまわりにテーブル席が数卓。我われは、入口左奥の小上がりの座敷席に座り、「赤津加」に... [続きを読む]

受信: 2009.07.19 10:29

» 大人気!鶏もつ煮込み … 季節料理「赤津加(あかつか)」(秋葉原) [居酒屋礼賛]
 電気の街、オタクの街として知られる秋葉原にも、呑ん兵衛(のんべえ)垂涎(すいぜん)の老舗(しにせ)酒場がある。それが昭和29(1954)年創業の「赤津加」です。  メイド服姿のおねえちゃんたちの間を突っ切って進み、粋な黒塀(くろべい)の建物が見えたら、そこが「赤津加」。右に折れた路地の先に入口があります。  紺地に白で「赤津加」と染め抜かれた暖簾(のれん)をくぐり店内に入ると、正面のカウンター席... [続きを読む]

受信: 2013.06.26 22:24

« 琉球の味に舌鼓 … 沖縄料理「乙姫(おとひめ)」(浅草) | トップページ | 仕事を終えてくつろいで … 居酒屋「赤津加(あかつか)」(秋葉原) »