« 店情報: 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜・日ノ出町) | トップページ | 暗い床屋の片隅で … バー「日の出理容院(ひのでりよういん)」(横浜・桜木町) »

モツ料理たっぷり! … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜・日ノ出町)

福田フライ」を出て、別の約束もあった伊東さんは一旦別れて「末広」へ。残る泥酔院さん、tamさんここっとさんと私の4人で向かったのは、先日G.Aさんが発見されたばかりの中華料理屋、「第一亭」です。発見の経緯は「半魚人Aの陸(おか)ボケ日記」の「2005年8月」の日記、8月21日(日)のところに詳しく書かれているのですが、なにしろ『看板にはホルモン鍋・ホルモン炒という文字があり、ひさしにも舌・尾・頭・耳・豚足と書かれていちゃぁあなた、入らない訳にはイカンでしょう』というお店なのです。

店内はいかにも中華定食屋といった雰囲気。我われ4人もそのテーブルの一角に陣取ります。先客は2~3人ほどで、食事やお酒を楽しんでいるようです。

さぁさぁ。なにからいきますか。まずビール(キリンラガー、中ビン)はいただいておきましょうね。

ここっとさんは店に入る前から「尻尾、尻尾!」と尻尾を楽しみにしていたのですが、店に入ってみるとメニューにはなくガッカリ。かわりに「豚足うま煮」(700円)をいただきます。「豚胃(チート)」(600円)も当然いただきましょう。「青菜炒め(チンゲンサイ)」ももらいましょうね。

050907e 050907f 050907g
豚足うま煮 / 豚胃(チート) / 青菜炒め(チンゲンサイ)

豚足うま煮はトロットロのやわらかさ。

これは紹興酒でしょう。ボトルのまま燗をつけてもらって、それをロックでいただきます。この飲み方を伊東さんから教わって以来、「燗してロック」がすっかり定着してしまいました。

「子袋炒め」(600円)もいただきましょうか。さらには「しじみ醤油漬」(600円)も注文するものの、残念ながらこちらは売り切れ。しかし年配の店長の「ちょっと残ってただろう。出してあげて」のひと言で、残っていたシジミを小鉢で出してくれたのでした。ありがとうございます。

050907h 050907i 050907j
紹興酒 / 子袋炒め / しじみ醤油漬

ちょうど飲み終わったころあいで、伊東さんも友人Tさんとともに合流。さぁ、次へ向かいましょう!

8時前から9時過ぎまでの約1時間半の滞在は、4人で5,600円(ひとり1,400円)ほどでした。他にもメニューがたくさんのお店なので、ぜひまた来ないといけないですね。

(同じときの記事が「濱の戯言」、「帰り道は、匍匐ぜんしん!」にもありますので、あわせてお楽しみください。)

店情報

《平成17(2005)年9月7日(水)の記録》

|

« 店情報: 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜・日ノ出町) | トップページ | 暗い床屋の片隅で … バー「日の出理容院(ひのでりよういん)」(横浜・桜木町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/7086785

この記事へのトラックバック一覧です: モツ料理たっぷり! … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜・日ノ出町):

» 忘年会のシメはパタン … 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜・日ノ出町) [居酒屋礼賛]
NIFTY-Serve(現在の@nifty)パソコン通信時代の仲間たちと4人で忘年会。集合したのは野毛の「福田フライ」です。瓶ビール(キリンラガー大、620円)をもらって乾杯し、まずはカキ、アサリ、串カツ、レバー(各120円)を辛いソースで。この店に来るのははじめてという人にも、ニンニクのよく効いた辛いソースは好評で、続けて白モツ(豚の腸、350円)やチート(豚の胃、350円)も辛いソースで炒めて... [続きを読む]

受信: 2007.02.10 15:50

« 店情報: 中華料理「第一亭(だいいちてい)」(横浜・日ノ出町) | トップページ | 暗い床屋の片隅で … バー「日の出理容院(ひのでりよういん)」(横浜・桜木町) »