« 紅白刺身の盛り合せ … 居酒屋「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 新装再開 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »

店情報: もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野)

  • 店名: もつ焼き「石松」(いしまつ)
  • 電話: 03-5380-5104
  • 住所: 164-0001 東京都中野区中野5-50-9
  • 営業: 19:00-02:00、木日休
  • 場所: 中野5丁目郵便局のすぐ近く。中野駅から徒歩10分ほど。
  • メモ: もつ焼き「春」が平成17(2005)年12月に移転して「石松」となった。カウンター7席のみの小さなもつ焼き屋。注文してから串打ちして焼きあげるもつ焼きは鮮度抜群で絶品。めったにない伝説のもつ煮込みが食べられればラッキーである。
    〔もつやき(豚)〕かしら(頬肉)100、たん(舌)100、はつ(心臓)100、レバー(肝臓)100、がつ(胃)100、しろ(小腸)100、てっぽう(直腸)100、なんこつ(咽喉仏)130、チレ(脾臓)100、こぶくろ(子宮)100おっぱい(乳房)120。〔やきとり(鶏)〕ねぎま120、つくね150、砂肝100、手羽先200。〔牛やきもの〕牛ハラミ200、牛ミノ150、牛シビレ150。〔お野菜〕ねぎ150、ししとう150、しいたけ150、銀杏200、にんにく200、ピーマン150、冷トマト250、おしんこ250。〔お刺身他〕ガツ刺し380、トン足280、豚ミミ280、ウィンナー焼100、冷奴250、うずら焼100、キムチもやし200。〔お飲み物〕瓶ビール500、日本酒400、焼酎(中)250、ホッピー380、富乃宝山(芋)500。〔ボトル〕金宮焼酎1,500、ジンロ2,200、いいちこ2,500。(2016年1月調べ)

    〔もつやき(豚)〕かしら(頬肉)100、たん(舌)100、はつ(心臓)100、レバー(肝臓)100、がつ(胃)100、しろ(小腸)100、てっぽう(直腸)100、なんこつ(咽喉仏)100、チレ(脾臓)100、おっぱい(乳房)100、こぶくろ(子宮)100、〔やきとり(鶏)〕ねぎま120、つくね150、砂肝100、手羽先180、〔牛やきもの〕牛ハラミ200、牛ミノ150、牛シビレ120、〔お野菜〕ねぎ150、ししとう150、しいたけ150、銀杏200、にんにく200、ピーマン150、冷トマト250、おしんこ250、〔お刺身他〕ガツ刺し380、トン足280、豚ミミ280、ウィンナー焼100、冷奴250、〔お飲み物〕生ビール500、瓶ビール500、お酒380、焼酎(中)200、ホッピー380、〔ボトル〕宝焼酎1,500、金宮焼酎1,500、ジンロ2,200、いいちこ2,500など。(2007年3月調べ)

|

« 紅白刺身の盛り合せ … 居酒屋「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 新装再開 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/8278764

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野):

» 新装再開 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
中野のもつ焼きの名店「春」が、店舗の賃貸契約上の問題で移転。昨年12月に新たにもつ焼き「石松」として再デビューしました。年末の間に一度行っておきたかったのですが行くことができず、新年二日目の今日、初の訪問となったのでした。 店は以前の店のすぐ近くにあります。カウンター席のみ8席分くらいの店内は、年が明けたばかりの午後9時過ぎにもかかわらず満席。とても入ることができず、近所の「王将」で餃子をつつきな... [続きを読む]

受信: 2006.01.22 15:04

» 明日は七草 [Wine&Dish&Music・・・]
<たくさん飲んだせいなのだろうか・・・・・?>大晦日は調子が悪くて、シャンパンで乾杯したものの飲みきれずDH氏にすべてを委ねてしまった。_| ̄|○///oh〜!年越し蕎麦は乾杯前に食べたので◎元旦は普通におせち食べて、ビール・ワイン・日本酒なんか、だらだら飲みでした〜。2日は友人宅での新年会。飲んだのはビールと紅白ワインその後実家の新年会でビール帰ってきて、なぜかラーメン食べたいモードに突入。食べたくないと渋るDH氏を無理やり拉致... [続きを読む]

受信: 2006.01.25 12:50

» 真夜中でも満席 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
神田駅で自宅が別方向の呑んだフルさんと別れ、JR中央線に乗って中野までやってきました。最後にもう1軒寄って帰りますか。中野駅北口を出て、どーんと広がる中野5丁目の飲み屋街へと向かいます。トコトコ歩いて、そろそろ早稲田通りに出るかという手前にあるのが、もつ焼き「石松」です。 人気もつ焼き店だった「春」の賃貸契約が切れたため、昨年末にここに移ってきて、店名も「石松」と変えて新装再開したのです。なにしろ... [続きを読む]

受信: 2006.03.12 18:21

» レバ刺しは内臓一式から … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
仕事関係の飲み会を終えて中野まで帰ってきたのは午後11時過ぎ。この時間なら、いつも満席の「石松」に入れるかも。ちょっとのぞいてみましょうか。 客引きのおにいさんのお誘い攻撃をかわしながら、中野5丁目の深部へと進みます。もつ焼き「石松」の前に立ち、焼き台前の小窓からマスターに「ひとりだけど…」と声を掛けながら店内をのぞくと、この時間でも店内は満席。カウンターの内側まで回りこんでお客さんが入っているよ... [続きを読む]

受信: 2006.04.02 16:59

» シメももつ焼き … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
日曜日の午後9時半なのに「石松」もまたお客さんがいっぱい。日曜日に開いているもつ焼き屋さんが少ないうえに「石松」「秋元屋」と、近くに日曜営業の名店がそろってますからねぇ。自然にモツ好きたちが集うのでしょう。 キープしているキンミヤのボトルを出してもらって、黒ホッピーやチューハイ、生茶割りを作って乾杯です。 焼き物のほうはだれかが注文したのに便乗していっしょに作ってもらうのがこの店の基本。なにしろ注... [続きを読む]

受信: 2006.05.07 14:48

» いろんな味を楽しんで … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
金曜日。横浜での仕事を終えて自宅方面へと移動しつつ、中野駅で途中下車。向かうのはもつ焼きの「石松」です。なにしろ人気の店だけに金曜日の今日は入れないかもなぁ。 「こんばんは」と店をのぞいたのは午後8時過ぎ。うーん。予想どおり7席のみのカウンターはビッシリと満席。カウンター内、一番奥のところに用意された補助席まで使っている状態ですが、その補助席に座って手を振ってくれてるのはなんと「ぶぅログのーと」の... [続きを読む]

受信: 2006.10.15 19:19

» 開いてる間はいつも満席 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
「焼き鳥って書いてあるけど、本当は鳥の肉じゃないんだって。豚の内臓なんかを焼いているらしいよ!」なんて言われていたのも今は昔。今やその「豚の内臓」はすっかり市民権を得たばかりか、おじさんのみならず女性や子供も含めて老若男女で楽しむ専門料理という領域にまで昇華してきています。 ここ中野駅北口エリアにあって開店時間中はいつもほぼ満席というもつ焼き専門店が「石松」です。昼間に仕入れた内臓を、すぐその夜に... [続きを読む]

受信: 2006.11.17 06:45

» 日付けが変わって … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
門前仲町の駅でH氏、K氏と別れ、近所の酒友・にっきーさんとともに地下鉄東西線で中野へ。下町・深川方面から、中央線沿線方面へは地下鉄1本(所要時間約25分)でつながっているので便利なのです。 中野駅に到着したのは日付けが変わって午前0時半。金曜の夜なのでもう1軒行きますか! 鮮度の高いもつ焼きが人気の「石松」は、店が開くのは午後8時ごろと遅いのですが、翌日午前4時ごろまでやっているので、最後の砦とし... [続きを読む]

受信: 2006.11.23 07:15

» 今夜も中野のシメは … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
中野の夜は、最後はやっぱり「石松」。カウンター8席だけの店内は金曜日の夜とあって満席かと思いきや、ちょうど先客が帰ったばかりでカウンターの手前側に座ることができました。となりの席にいるのはこの近くに住む大常連のBUSHさんです。 今日のお通しはガツの酢の物。これも珍しいですねぇ。 ちょうどツクネを作りはじめたマスターに、まわりから我も我もと便乗注文が飛び交います。BUSHさんに続いて、私もツクネを... [続きを読む]

受信: 2006.12.24 23:55

» よじあきメンバーと合流 … 「秋元屋」(野方)~「石松」(中野) [居酒屋礼賛]
横浜から東急東横線、JR山手線、西武新宿線と乗り継いで野方(のがた)です。今日は宇ち中さんやH氏、K氏ご夫妻が「よじあき」をするということでお誘いを受けていたのですが、横浜地区飲み会の先約があったので「帰りに連絡します」ということにしていたのです。 電車の中からメールをしてみたりしたのですが、返事が返ってきません。うーむ。現在の時刻はすでに午後10時をまわっているので、「よじあき」のメンバーがその... [続きを読む]

受信: 2007.01.28 10:41

» 伝説のもつ煮込み … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
「北国」を出て午後10時。金曜日なので、席がまったく空いてない可能性は高いけど、ひとまず「石松」をのぞいてみてから次のお店を決めることにしましょう。「北国」から「石松」までは歩いて5分ほど。どうかな? 「ひとり? 入れるよ」と店主(マスター)。ラッキーッ! カウンターのまん中あたりにポツンとひとつ空いていた席に座り、キープしている焼酎(キンミヤ)を出してもらって生茶割りで飲み始めると、今日のお通し... [続きを読む]

受信: 2007.02.18 09:39

» 遅く帰った夜は … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
金曜日です。横浜の職場を出るのが遅くなり、中野駅に到着したのは午後10時。いつもは2軒目、3軒目として行くことの多い「石松」ですが、今日はこの時間なので1軒目で「石松」にやって来ました。 予想どおり店内はびっしりと満席ながら、店主(マスター)が「中に入って飲む?」と言ってくれて、直線カウンターに並ぶお客さんたちの背後を「すみません、すみません」と店の奥へと進みます。この店の直線カウンターには7~8... [続きを読む]

受信: 2007.03.05 05:16

» 週はじめからどっぷりと … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
「第二力酒蔵」を出てにっきーさんとふたり向かったのはもつ焼き「石松」。中野に来たらついつい足が向いてしまうお店です。 今日も金宮焼酎をホッピーで割ったり生茶で割ったりしながら、レバ刺し(380円)からはじまって、シロ(小腸100円)タレ2本に、テッポウ(直腸100円)醤油2本、ツクネ(150円)を塩・タレ各1本ずつに、オッパイ(乳房100円)塩を2人前を、ゆっくりゆっくりと、他の人たちの注文にも便... [続きを読む]

受信: 2007.03.29 05:30

» 幻の煮込みはバランスの妙 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
うなぎ串焼の「川二郎」から徒歩約2分。もつ焼きの「石松」です。金曜・夜10時半の「石松」は例によって補助席まで満席。カウンターにずらりと座ったみなさんの後ろに立って、キンミヤ生茶割りを飲みはじめたところに入ってきたのは、歩く酒場データベース・K口さんです。K口さんも私の横に立って飲みはじめます。 今日のお通しはセンマイ刺し。千切りのキュウリが添えられてるのがまたいい食感を生むんですよねぇ。 少し立... [続きを読む]

受信: 2007.04.06 05:00

» ウズラ玉子入り幻の煮込み … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
「路傍」を出て、「せっかくの中野なので、ぜひもう1軒」と向かったのはもつ焼きの「石松」です。 橋本さんも「何度か近くを探したんだけど見つけることができなかった」とおっしゃる「石松」。今日も店外にはまったく灯りもついていない状態で、ひそやかに営業されています。なるほどなぁ。ここに「石松」があると知ってるとすぐに来れるんだけど、知らない人にとっては、ここを発見すること自体がむずかしいかもね。 焼き台の... [続きを読む]

受信: 2007.04.15 12:59

» 今夜はほとんど顔見知り … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
大久保駅で渋谷方面に帰る3人と別れ、ひとり中央線でやってきたのは中野です。「近くの名店を探る」。2~3軒の新しいお店や久しぶりのお店を回ったあと、いつも最後は行きつけのお店でシメです。初回の荻窪~阿佐ヶ谷編では「ペルル」で、2回目の西国分寺~武蔵小金井編では「やき屋」でした。今回、高田馬場~大久保編のシメは、中野にあるもつ焼きの名店「石松」です。 中野駅の北側に広がる中野5丁目エリア。ここが中央線... [続きを読む]

受信: 2007.05.24 06:01

» 横浜で飲んで、中野へ … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
連休明けの1週間もバタバタと過ぎて、気がつけばもう金曜日。午前中の都内での仕事を終えて、帰り道にJR京浜東北・根岸線は新杉田駅の近くにある「バーグ」で昼食です。ここ「バーグ」はカレーとハンバーグの店で、名物はスタミナカレー(720円)なんだそう。さっそくそのスタミナカレーを注文すると「玉子は焼きますか? 生ですか?」と店のおばちゃん。トッピングとして玉子が1個付くのですが、それが目玉焼きでも、生で... [続きを読む]

受信: 2007.06.05 05:30

» 乳首は噛み切れない!? … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
うなぎ串焼きの「川二郎」を出たのは、午後7時過ぎ。この時間、「石松」はまだ開いてないだろうけど、ちょっとのぞいてみましょうか。 最近、「石松」に行くお客さんたちの何人かが、「石松」の目の前にできた、立ち飲み「パニパニ」にも行っている様子。もし「石松」が開いてなければ、その「パニパニ」にも行ってみるのもいいかもね。 お。「石松」の窓や、入口が開いている。ということは、店主(マスター)は、すでに来てる... [続きを読む]

受信: 2007.06.19 05:00

» “丸いの”を塩で2本 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 1時間ほどで「魚屋よ蔵」を切り上げて「石松」へ。通常席7席は満席ながら、にっきーさんは一番奥の補助席に、私はカウンター内の特別席(?)に、かろうじて入り込むことができました。カウンターには先ほど「パニパニ」で飲んでいたBUSHさんをはじめ、常連のみなさん方がずらりと並んでいます。  カウンターの中では、ちょうど店主(マスター)がレバーを切っているところだったので、まずはレバ刺し(380円)を1人... [続きを読む]

受信: 2007.07.22 05:45

» ぐるり中野の酒場巡り … 「北国」「ブリック」「パニパニ」「石松」(中野) [居酒屋礼賛]
 人があふれかえる金曜日の渋谷を後に中野へ。まずは南口側で50年以上営業を続けている老舗酒場「北国」に向かいます。この店は午後10時閉店なので、あと1時間ほどの営業。店内には、まさに二日とあけずにやってくる大常連さんがふたり、静かに盃を傾けています。  飲み物は日本酒、焼酎、ウイスキーと選べるのですが、今日はウイスキー(サントリーホワイト)を水割りでもらいます。お通しは、じゃが芋とトウモロコシ。 ... [続きを読む]

受信: 2007.08.01 08:34

» 今夜もやはりハシゴ酒 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 渋谷駅前でみんなと別れ、このまままっすぐ帰ればいいものを、やっぱり中野駅で途中下車です。金曜、土曜に飲みに出ると、もうハシゴ、ハシゴで止まりませんなぁ。  向かった先は、もつ焼きの名店、「石松」です。  あいかわらず、カウンター8席のみの店内は満席に近い状態。入口近くに空いていた席に座り、ボトルキープの金宮を、生茶割りで飲み始めます。  その場で下ごしらえする新鮮そのものの、もつ焼きが、この店... [続きを読む]

受信: 2007.09.30 11:15

» 幻の煮込みで大々満足 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
(煮込みハーフ)  中野での2軒目は、もつ焼きの「石松」です。カウンター7~8席しかない店内は、たいていいつも満席状態。今日はどうかな、と恐る恐るのぞき込むと、なんと空きが2席ほど。やったーっ。  さっそくキープしている金宮ボトルを、生茶割りでいただくと、今日のお通し(380円)は、牛ハツ刺し。はじめて食べるお通しです。  入口近くに座っているお客さんが、若鶏ねぎ間串焼(120円)を注文したので、... [続きを読む]

受信: 2007.12.09 07:39

» 酔ってても料理は上手 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 門前仲町の駅で地下鉄東西線に乗り込み、終点・中野に到着したのは、日付けが変わった午前0時過ぎ。 『この時間帯なら、もしかすると入れるかな』  と向かった先は、もつ焼きの「石松」です。まわりの店はすでに閉店し、後片付けも終えている状態の中、「石松」の灯りだけが煌々と……、と言いたいところですが、「石松」はふだんの営業時間中も、店の外には照明は灯っておらず、焼き台の窓が開いているかどうかしない限り、... [続きを読む]

受信: 2008.04.20 19:55

» さすがのシロたれ焼き … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 「路傍」を出て、さらに中野5丁目の深部へ。そろそろ早稲田通りに出るかというあたりにあるのが、もつ焼きの「石松」です。  カウンター7席だけの小さな店内は、水曜・午後10時40分のこの時間帯も、まだほぼ満席ですが、一番入口のところが空いていて、そこに入ることができました。  ちょっと喉も渇いたので久しぶりに瓶ビール(サッポロ黒ラベル中瓶、500円)からスタートすると、お通しは、さっと炙った牛ハツの... [続きを読む]

受信: 2008.06.15 09:22

» 今夜は中野でハシゴ酒 … 「北国」「石松」(中野) [居酒屋礼賛]
 金曜日。都内での仕事を終えて中野で途中下車。午後6時過ぎのこの時間は、まだとても明るくて、まるで昼間の続きのようです。そんな明るい街なかを歩いて、南口の路地の中にある昭和32(1957)年創業の老舗酒場、「北国」にやってきました。  午後6時が開店時刻の「北国」は、少し前に開いたばかり。それでも店内は、毎日やってくる常連さんたちで半分くらいは埋まっています。  去年まで店を手伝っていた、女将さん... [続きを読む]

受信: 2008.07.19 09:42

» 近所の酒場をハシゴ酒(3) … 「北国」「石松」「川二郎」 [居酒屋礼賛]
1軒目:酒房「北国(きたぐに)」(中野)  1週間の夏休みに入ったので、近所の酒場をハシゴ酒シリーズ第2弾(第1弾はこちら)。今日は中野にやってきました。今日の1軒目は、中野駅南口の小さな路地の中にある酒房「北国」です。  午後6時半の店内には、すでに4人ほどの常連さんが、カウンターで談笑しています。  この店の常連さんは、ベテランの飲み手ぞろい。この店に初めてやってきたのは、今から7年前、平成1... [続きを読む]

受信: 2008.09.07 07:53

» この春開業した人気店 … 立ち飲み「おかやん」(中野) [居酒屋礼賛]
 渋谷でシメのラーメンまで食べたはずなのに、にっきーさんと二人、中野方面に向かううちに「もう1軒、寄って帰りますか」なんて話になるのが呑ん兵衛ですよねぇ。二人で中野駅で下車します。 「おすすめの立ち飲み屋さんがあるんですよ。今年の4月にオープンしたばかりの新しい店なんですけどね…」  と言いながら、にっきーさんが連れて行ってくれたのは、中野駅北口から歩いて3分ほどのところにある立ち飲みの「おかやん... [続きを読む]

受信: 2008.11.09 07:32

» ハイボールを湯呑みで … 立ち飲み「泡(あわ)」(中野)など [居酒屋礼賛]
 渋谷の「鳥竹」を出て、すぐ近くの「博多天神」で豚骨みそラーメン(500円)を食べたあと、自宅が近くのにっきーさんと一緒に中野へ。  あれっ!? こういうシーンはついこの間もありましたよねぇ。  渋谷の「富士屋本店」で飲んで、「博多天神」で豚骨みそラーメンを食べたあと、にっきーさんと二人、中野に帰ってきて「おかやん」から「石松」へと飲み歩きました。ちょうど3週間前のことです。今日も行きますか!? ... [続きを読む]

受信: 2008.11.30 12:28

» 年末年始を飲み歩く2 … 「鳥竹」「パニパニ」「石松」「満月」 [居酒屋礼賛]
12月29日(月)  今年も、残すところあと3日。今日は毎年恒例の飲み仲間の忘年会で、渋谷の「鳥竹」(前回)です。集まったのは、呑んだフルさん、おっとこまえH氏、にっきーさん、宇ち中(うちちゅう)さん、「さいき」「武蔵屋」の常連・K氏、ここっとさんご夫妻と私の8人です。  いつものように焼き鳥(1本315~368円)やナンコツ唐揚げ(410円)、黒板メニューのうなぎチャンプル(650円)をいただい... [続きを読む]

受信: 2009.02.08 11:10

» 名物の逸品をずらりと … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 その場で下ごしらえをして串に刺し、そのまま焼き上げて出してくれるのが「石松」の大きな特長。だから、ほとんどの場合はもつ焼きは1本、また1本と、焼きあがった順にゆっくりと出てきます。上の写真のように、いろんな品がずらりと並んで出てくることはほとんどありません。非常に貴重な画像と言えますね!  左から順にカシラ(100円)、タン(100円)、牛ミノ(150円)、ツクネ(150円)、レバたれ(100円... [続きを読む]

受信: 2009.02.15 11:01

» タンシタはタン下の肉 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 タンシタというと、よく目にする解説は「タンの根元の部分」あるいは「舌についているやわらかい部分」といったようなもの。これを読んで、私自身は「舌の奥のほうの部分なんだろうなぁ」と思っていたのです。  ところが、今日、「石松」でタンやタンシタの下ごしらえをする様子を見ていたところ、タンとタンシタとは、近くにあるんだけど、かなり違う部位であることが判明しました。  上の写真を見ていただくのが一番分かり... [続きを読む]

受信: 2009.02.22 09:15

» 週に四日は品川に通う … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 中野駅北口に広がる呑ん兵衛タウン、中野五丁目。その中野五丁目の一番北の端、早稲田通りに抜ける直前にあるのが、もつ焼きの「石松」です。よく見ると、店の上部に小さく「もつ焼き 石松」と書いてあるものの、店の表には特に照明もなく、電灯看板もない。知った人でなければ、たどり着くのさえ難しいお店なのです。  わざとそうしたかのように目立たなくしているのに、カウンター7席だけの店内は、ほぼいつも満席。今日も... [続きを読む]

受信: 2009.04.05 19:18

» カリッとテッポウ醤油 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 熊さんとふたり、築地「ねこ屋」を出て、「最後にもう1軒」と向かったのは中野のもつ焼きの名店「石松」です。  今日は午後5時に蕨(わらび)のやきとり「喜よし」で飲み始め、午後8時過ぎに、秋葉原にこの春オープンしたばかりのやきとん「元気」へ。午後10時前に築地「ねこ屋」に行き、そして今、日付けが変わって、午前0時半に、本日4軒目となる「石松」に到着です。  カウンター7席だけの小さな店内は、この時間... [続きを読む]

受信: 2009.09.03 21:31

» 〔コラム〕 大型連休で帰京 … 野毛~中野・鷺ノ宮 [居酒屋礼賛]
 大型連休に突入です。4月28日(水)の今日は横浜に出張。仕事を終えて、まずまっ先に向かったのは、野毛の「武蔵屋」です。この酒場だけは、首都圏のみならず、他の地域を含めてもなかなか見当たらない酒場なんですよねぇ。  酒場としては昭和21年創業。飲み物は日本酒(櫻正宗)と瓶ビール(キリン)のみ。つまみも何十年来、毎日変わらぬ玉ネギ酢漬け、おから、タラ豆腐、納豆、お新香の5品のみ、しかもカウンター上に... [続きを読む]

受信: 2010.05.02 11:01

» 東京で食べたいものは … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 東京に帰ってくると食べたいのが“もつ焼き”、飲みたいのが“ホッピー”です。  そんなわけで、中野駅南口の「北国」を出て、今度は北口側に広がる中野5丁目の酒場街へ。目指すは「石松」です。  カウンターのみ、普通に座って7席、がんばって詰めても9席くらいの店内は、満席で入れないことも多いんだけど、今日はどうかな!?  よしっ。空いてる!  午後9時半の店内は、ちょうど入れ替わり時間帯なのか半分ほどの... [続きを読む]

受信: 2011.06.03 10:28

» 〆もやっぱりもつ焼き … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 向島の「かどや」を出て、間近に見える東京スカイツリーを見上げながら東京メトロ押上駅へ。地下鉄を乗り継いで中野まで戻り、最後は地元の酒友・にっきーさんと共にもつ焼き「石松」です。  他のお客さんたちの注文に便乗して、我われもタン塩をもらいます。  タンはもちろん豚の舌。東京のもつ焼き屋は、基本的に豚の畜産副生物を使います。  ざっくりと言うと、生体から枝肉を取った残りが畜産副産物で、その畜産副産物... [続きを読む]

受信: 2011.10.22 11:41

» 絶妙な焼き加減が特長 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 「ふくべ」を出て、すぐ近くの日本橋駅から地下鉄・東西線で中野へ。にっきーさん、「宇ち中さんと向かう2軒目は、もつ焼きの名店「石松」です。カウンター7席だけの店を、店主・三浦さんがひとりで切り盛りしています。  「石松」のメニューはとてもシンプルで、豚のもつ焼きが9種類で、ほぼ1本100円、ナンコツだけが130円です。他には、鶏の焼き物(焼き鳥)が4種、牛の焼き物が3種、野菜が8種と、豚耳、冷奴な... [続きを読む]

受信: 2011.12.01 23:44

» 店主自慢の牛ハツ炙り … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 「まるます家」からの帰り道、別の電車に乗るアヤパンマンさんと赤羽駅で別れ、同じ電車で帰途についていた倉嶋編集長と中野駅で別れて、『最後にもう1軒!』と向かったのは「石松」です。東京に帰ってきたら、やっぱりもつ焼きも食べたいですもんね。  カウンター7席のみで、いつも満員御礼状態の「石松」ながら、ひとりだったのと、着いた時間(午後10時20分ごろ)も良かったのか、スルッと入ることができました。  ... [続きを読む]

受信: 2012.01.19 23:24

» ウイスキー黒ホッピー … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野)ほか [居酒屋礼賛]
 池袋の老舗大型大衆酒場「ふくろ」をあとに、本日の2軒目は、中野のもつ焼き「石松」です。  実は、さっき「ふくろ」で飲んでいたとき、酒友・にっきーさんから「中野の『石松』に、秋元さんがいらっしゃってます!」というメールをいただいたのです。  「石松」は東京西部エリアのもつ焼きの名店の1軒。他には野方「秋元屋」や、そこから独立したお弟子さんの店々をはじめ、荻窪「カッパ」、沼袋「ホルモン」、祐天寺「ば... [続きを読む]

受信: 2012.06.25 09:14

» とろける煮込みに舌鼓 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 この店のもつ焼き、もつ煮込みは、うなるほどうまいっ。  『加減』がちょうどいいんですね。  もつ焼きは、まるで肉の中が見えているかのような絶妙な焼き加減。  もつ煮込みは、腸のもつ弾力感を残しながらも、とろりととろける軟らかさを実現した、絶妙な煮込み加減。  名店と言われるもつ焼き屋は、どこも、この『加減』がすばらしいのですが、特にここ「石松」の店主・三浦さんは群を抜いています。  今日はなんと... [続きを読む]

受信: 2013.08.19 22:00

» 倉嶋編集長とハシゴ酒 … バー「アルフォンソ(Alfonso)」(阿佐ヶ谷)など [居酒屋礼賛]
 「古典酒場」の倉嶋編集長と合流して、当然のことながら1軒で終わろうはずはなく、2軒目は中野は昭和新道商店街にある、立ち飲みの「パニパニ」に入ります。  つい先日オープンしたような感じがする「パニパニ」ですが、創業は平成18(2006)年の『パニの日(=8月2日)』。もう創業7年なんですね。  いつも明るく楽しい店主の長谷部智明さんは、この商店街の役員でもあり、毎年夏に中野駅周辺で実施されている「... [続きを読む]

受信: 2013.12.10 22:13

» 博多長浜豚骨ラーメン … 「御天(ごてん)」(下井草)ほか [居酒屋礼賛]
「せん菜(さい)炒め(550円)ありますか?」 「あと1人前だけ残ってます」 「それください!」  「御天」に来たら、せん菜炒めは絶対にはずせない。  ここに来るといつも、このせん菜炒めをつまみに、シークワサーサワー(400円)を飲む。これが定番になっています。  せん菜というのは、細い細いもやしのこと。細かく切ったチャーシューと一緒に炒めて、刻みねぎをトッピングして出してくれます。シャキシャキと... [続きを読む]

受信: 2014.01.09 22:27

» いつも絶妙の焼き加減 … もつやき「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 酒房「北国」を出たところで午後8時過ぎ。中野には行きたい店がたくさんある。  「北国」と同じ、中野駅の南側方面だと、荻窪「やきや」の姉妹店、中野「やきや」がある。  南口駅前ビルの地下には、戦後の闇市の名残を残す一角もあって、その中の1軒、焼とん「いちふじ」は、戦後すぐの開店以来の名物という『とんもつスープ』が売り。  中野駅の北側に出ると、そこが中野を代表する一大飲み屋街、中野5丁目です。  ... [続きを読む]

受信: 2015.03.16 06:04

» いつも絶妙な焼き加減 … もつやき「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 店主・三浦さんの『焼き』の技術を味わうために、中野の「石松」にやってきた。  焼いている肉の内部が見えているんじゃないかと思うほど、絶妙な焼き加減で出してくれる。  ただし店内はカウンター7席のみと狭くて、たいてい満席。なかなか入ることができない店なのだ。  ボトルキープしている「金宮焼酎」(1,500円)をお茶割りでもらって、他の人の注文に便乗して牛シビレ(150円)を注文すると、まず出された... [続きを読む]

受信: 2016.02.03 05:46

» 1軒目で来るのがいい … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
 久しぶりに、1軒目の酒場として「石松」にやってきた。  カウンター席の中央部に腰をおろし、キープしている金宮ボトルを緑茶割りでお願いすると、入口近くのお客さんから牛ハラミ(200円)とツクネ(150円)の注文が飛んだ。  私もすかさず便乗注文する。 「こっちも牛ハラミ1本と、ツクネはタレと塩で1本ずつください」  カウンター席の奥のほうに座っているお客さんからも「オレもツクネをもらおう」と便乗注... [続きを読む]

受信: 2016.06.21 22:07

» 金宮焼酎をお茶割りで … もつやき「石松(いしまつ)」(中野)ほか [居酒屋礼賛]
 久しぶりの「石松」は、いつもどおり満席で、カウンターの一番奥に補助席を出してもらって、なんとか入店することができた。  いつものようにボトルキープしている金宮焼酎をお茶割りで飲み始めると、まずはお通しとして、「牛ハツ炙り(おろしニンニク添え)」を出してくれた。いい色合いだ!  そしてもつ焼きは、これまたいつものように、他のお客さんが注文して、今まさに下ごしらえをしようとしているものを、次々と便乗... [続きを読む]

受信: 2017.09.13 23:26

« 紅白刺身の盛り合せ … 居酒屋「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 新装再開 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) »