« フライは横浜名物!? … 串揚げ「總彌(そうや)」(横浜・阪東橋) | トップページ | ボリュームたっぷり … 焼き鳥「鳥竹(とりたけ)」(渋谷) »

店情報: 焼き鳥「鳥竹(とりたけ)」(渋谷)

    071229z
  • 店名: 焼鳥「鳥竹総本店」(とりたけそうほんてん)
  • 電話: 03-3461-1627
  • 住所: 150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-6-1
  • 営業: 11:45-01:30(01:00LO)(B1F座敷席は18:00- )、第2月休
  • 場所: 京王井の頭線渋谷駅西口より徒歩1分。渋谷マークシティのイーストとウェストとの間のガード下通路(ウェーヴの広場)の南側角。
  • メモ: 「鳥竹」の鳥の字は、“鳥”っぽいイラスト。1・2階と地下1階の構成。1階はカウンター席とテーブル席。2階がテーブル席。地下は18時(午後6時)から開く座敷席。 やき鳥コースメニュー(2000円コース(税込2,100)はやきとり、鳥きも、つくね、皮、手羽、ピーマン)、丸むし半身1,050。 〔焼き鳥〕やきとり315、とり肝315、皮315、砂肝315、つくね336、つみれ(ピーマン肉つめ)368、手羽683、もも焼788、笹身336、そり368、首肉347、合鴨441、ボンボチ368、ナンコツ336、モミジ210。 〔野菜焼〕ピーマン231、ネギ231、ギンナン420、しいたけ399、シシトウ231、みょうが336、なす504、厚あげ504、うずら玉子347。〔うなぎ〕一串うなぎ609、うなぎ蒲焼1,470より、カブト231、うな肝389。 〔一品料理〕うなぎチャンプル683、湯葉さし578、馬さし840、煮こごり525、山かけ609、月見546、奴豆腐399、なめこおろし504、もろみキュウリ504、煮込651、皮いため630、上新香525。 〔揚げ物〕唐揚げ840、ナンコツ唐揚げ410、串カツ840。 〔酢の物〕もずく酢420、うざく630、皮ポン酢504、笹身のぬた和え525。 〔サラダ〕和風サラダ578、冷やしトマト504。 〔鍋料理〕鳥なべ1,260、肝なべ1,260、皮なべ1,155、笹身なべ1,575、水炊1,575、どじょうなべ998、柳川なべ1,050、湯豆腐788。 〔御食事〕丸むし定食1,313、鳥なべ定食1,680、肝なべ定食1,680、うな重3,150、うな丼1,575、やき鳥丼998、とり肉丼788、きじ丼998、カツ丼945、親子丼893、玉子丼788、チキンライス840、チキンカツライス945、おにぎり(1人前2個、鮭・たらこ・梅・おかか)357、ライス263。 〔お茶漬け〕鳥茶漬683、うなぎ茶漬け683、サケ茶漬630、タラ茶漬630、梅茶漬630、のり茶漬578。 〔スープ〕特製スープ788、なめこ椀336、豆腐椀315。
    飲み物:〔ビール(サッポロ)〕ラガービール大瓶662、生ビール大830、中714、小546。〔サワー〕レモンサワー、ウメサワー、ウーロンハイ、チュウハイ、緑茶割り(ホットもできます)各470、れんとのソーダ割り557、鍛高譚のソーダ割り515。〔梅酒〕梅酒420、梅酒ソーダ525。〔ソフトドリンク〕ウーロン茶、オレンジジュース、サイダー、コーラ各315。〔ワイン〕無添加赤ワイン(赤300ml)1,029、イエローテイル(赤750ml)2,940。〔焼酎甲類〕368。〔焼酎ボトル〕からり芋2,940、二階堂2,940、いいちこ2,940、鍛高譚2,625。〔芋焼酎〕佐藤651、富乃宝山641、吉兆宝山641、黒伊佐錦410、島美人410、特選白波410、三岳410。〔麦焼酎〕一粒の麦473。〔黒糖焼酎〕天下一515、れんと452。〔しそ焼酎〕鍛高譚410。〔日本酒〕江戸自慢336、江戸自慢ダブルサイズ630、自慢升酒546、生酒788、美少年グラス683、美少年とっくり1,260。〔ウイスキー〕シングル368。
    おみやげ(出前は16:30より):〔やきもの(大串1串、タレ・塩お好みで)〕やきとり284、とり肝284、砂肝284、皮284、ナンコツ284、笹身294、うずら玉子294、つくね294、ピーマン肉つめ315、ボンボチ368、ももやき368、手羽525、ピーマン200、シシトウ200、ネギ200、しいたけ336、ギンナン389、一串うなぎ609、うなぎ蒲焼1,365より、丸むし・時価(グラム単位。1,200~1,800位)。〔お弁当(ごはん大盛りは100円増し)〕鳥竹弁当1,155、焼鳥弁当998、きじ焼弁当998、鳥肉弁当788、親子弁当893、カツ弁当945、オムライス998、玉子弁当788、チキンライス840、カツライス945、おにぎり(1人前2個、鮭・たらこ・梅・オカカ)357、うなぎ弁当(梅)1,470、(竹)1,995、(松)2,940(松には上新香、肝吸が付きます)、豆腐椀315、なめこ椀336、上新香525。(2008年10月調べ)

    飲み物:〔ビール(サッポロ)〕ラガービール大瓶630、生ビール大788、中683、小525。〔サワー〕レモンサワー、ウメサワー、ウーロンハイ、チュウハイ、緑茶割り(ホットもできます)各470、れんとのソーダ割り546、鍛高譚のソーダ割り504。〔梅酒〕梅酒420、梅酒ソーダ525。〔ソフトドリンク〕ウーロン茶、オレンジジュース、サイダー、コーラ各315。〔フランスワイン〕デキャンタ赤・白1,575。〔焼酎甲類〕368。〔焼酎ボトル〕からり芋2,940、二階堂2,940、いいちこ2,940、鍛高譚2,625。〔芋焼酎〕佐藤609、富乃宝山609、吉兆宝山609、黒伊佐錦399、島美人399、特選白波399、三岳399。〔麦焼酎〕一粒の麦441。〔黒糖焼酎〕天下一504、れんと441。〔しそ焼酎〕鍛高譚388。〔日本酒〕江戸自慢336、江戸自慢ダブルサイズ630、自慢升酒546、生酒788、美少年グラス683、美少年とっくり1,260。〔ウイスキー〕シングル368。(2007年7月調べ)

|

« フライは横浜名物!? … 串揚げ「總彌(そうや)」(横浜・阪東橋) | トップページ | ボリュームたっぷり … 焼き鳥「鳥竹(とりたけ)」(渋谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/8136603

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 焼き鳥「鳥竹(とりたけ)」(渋谷):

» ボリュームたっぷり … 焼き鳥「鳥竹(とりたけ)」(渋谷) [居酒屋礼賛]
天皇誕生日なのに出勤日。横浜での仕事を終えて湘南新宿ラインでスパッと渋谷です。おでんと串揚げの「多古菊」で、呑んだフルさんやここっとさんと待ち合わせて向かった先は、すぐ近くの焼き鳥と鶏料理の店、「鳥竹総本店」。ボリュームたっぷりの焼き鳥で有名なお店です。ここっとさんは生まれも育ちもこのあたり。ここ「鳥竹」にも子供のころから来ていて、焼き鳥といえばこの店くらいのボリュームで出てくるものと思っていたの... [続きを読む]

受信: 2006.01.14 10:36

» 鍋をつついて忘年会 … 焼き鳥「鳥竹(とりたけ)」(渋谷) [居酒屋礼賛]
飲み仲間たちとの忘年会で井の頭線・渋谷駅(マークシティ)横の「鳥竹」です。この界隈は焼き鳥激戦区。「鳥竹」をはじめ、「森本」「鳥升(とります)」「山家(やまが)」などの人気焼き鳥店が、競い合うようにもうもうと白煙を出しています。 「鳥竹」は1階がカウンター席とテーブル席、2階がテーブル席、そして地下1階が座敷席になっています。店全体としては昼前からオープンしているものの、地下の座敷席だけは午後6時... [続きを読む]

受信: 2007.02.04 10:16

» 夏こそ熱ーい鳥鍋で! … 焼き鳥「鳥竹(とりたけ)」(渋谷) [居酒屋礼賛]
 一般的に、鍋は冬場に食べるものですが、夏場に食べて美味しい鍋もあります。どぜう鍋や、とり鍋などがそれです。これらは割り下(わりした)という、醤油、味醂、砂糖、だしを合わせた煮汁で作られ、ご飯のおかずというよりは、酒の肴(さかな)として食べられることが多い。暑い中で、熱い鍋をフウフウ吹きながらいただいて、お酒をキュッとやる。最近は、たいていの店で、エアコンがガンガン効いているため、あまり季節感がな... [続きを読む]

受信: 2007.08.06 04:45

» 怒濤の年末年始特集1 … 「秋元屋」「ピュアー」「鳥竹」「満月」「ゴテンズバー」 [居酒屋礼賛]
 12月28日・金曜日。今年の仕事も今日まで。会社での納会を終えて、ひとり「秋元屋」です。氷なしホッピー(380円)に煮込み(320円)、お新香(180円)でスタートし、氷なしの黒ホッピー(380円)でレバ生(300円)へ。ツルリツルリといただくレバ生のなんとうまいことよ。最後はガツとテッポウを1本ずつ(各100円)醤油で焼いてもらって、今年の「もつ納め」は、午後9時半から1時間ちょっとで、席料1... [続きを読む]

受信: 2008.02.02 14:18

» すずめ焼きで快気祝い … 焼き鳥「鳥竹(とりたけ)」(渋谷) [居酒屋礼賛]
 飲み仲間のここっとさんが階段でころんで軽い記憶喪失になっていたのだそうで、今日はその快気祝いで渋谷の「鳥竹」です。  メンバーは、ここっとさんご夫妻のほか、ワイタベさん、にっきーさん、宇ち中さんと私の6人。 「午後6時に、地下の座敷が開くのと同時に店に入るから、遅れないように!」  という幹事の指示にしたがって、5分ほど前に店に到着してみると、なんとそこにはすでに10人以上の行列が! 昼前から開... [続きを読む]

受信: 2008.11.30 12:05

» 年末年始を飲み歩く2 … 「鳥竹」「パニパニ」「石松」「満月」 [居酒屋礼賛]
12月29日(月)  今年も、残すところあと3日。今日は毎年恒例の飲み仲間の忘年会で、渋谷の「鳥竹」(前回)です。集まったのは、呑んだフルさん、おっとこまえH氏、にっきーさん、宇ち中(うちちゅう)さん、「さいき」「武蔵屋」の常連・K氏、ここっとさんご夫妻と私の8人です。  いつものように焼き鳥(1本315~368円)やナンコツ唐揚げ(410円)、黒板メニューのうなぎチャンプル(650円)をいただい... [続きを読む]

受信: 2009.02.08 10:40

» ずっしり重いやきとり … 焼き鳥「鳥竹(とりたけ)」(渋谷) [居酒屋礼賛]
 上の写真は「鳥竹」の『やきとり』(315円)です。どうですかこのボリューム。これが「鳥竹」の焼き鳥の大きな特長で、手に持つとずっしりとした重量感が伝わってきます。  しかも、単に大きいだけではなくて、おいしいから人気があるんですね。ビルの地下1階から2階までという広い店内が、いつも満席に近い状態だというのもうなずけます。  新年5日の今日は、宇ち中さんが音頭を取ってくれて、ここ「鳥竹」で新年会。... [続きを読む]

受信: 2013.01.19 23:04

« フライは横浜名物!? … 串揚げ「總彌(そうや)」(横浜・阪東橋) | トップページ | ボリュームたっぷり … 焼き鳥「鳥竹(とりたけ)」(渋谷) »