« 店情報: 居酒屋「さくら水産」(五反田) | トップページ | えぞ鹿のロースト … フランス料理「北島亭(きたじまてい)」(四ツ谷) »

大規模・大衆酒場!? … 居酒屋「さくら水産」(五反田)

外出時のランチに利用することが多い「さく水(さくすい)」こと「さくら水産」。昨今は「ホッピーは都内で一番安い」だとか「一番安いつまみはなんと50円!」なんて話題をよく耳にするお店です。都内にも何軒もある「さくら水産」の中で、今日やってきたのは五反田(ごたんだ)駅の近くにある「さくら水産 五反田西口店」です。

ビルの2階にある入口を入ると、そこにはズドーンとダブル・コの字型のカウンター。下町の大衆酒場で、効率を重視して考案されたというダブル・コの字型カウンターは、その効率性が認められ牛丼の「吉野家」でも同じ思想が採用されたそうなのですが、ここ「さくら水産」にもその思想が入り込んでいるんですね。ダブル・コの字型カウンターの奥は、座敷席になっていて掘り炬燵式のテーブルがずらりと並んでいます。今日は4人でやってきたので奥のテーブル席へ。

なにはさておきまずは生ビール(中、390円(←価格は税抜き表記。以下同じ))を4杯もらって乾杯です。お通し(200円)は海藻の酢の物。その海藻をつっつきながらメニューの確認です。

おぉ。ホッピーはセットで280円(税抜き)ですか。これはたしかに安い。ナカ(おかわりの焼酎)が100円に、ソト(おかわりのホッピー)が200円。うーむ。セットの値段が、ナカの値段+ソトの値段になっていないところが微妙だなぁ。ナカ、ソト両方おかわりのときは気をつける必要があるなぁ、なんて妙なところが気になったりしてしまいます。

料理も全体的に安い。一番安いのは50円(税抜き)の「ピリ辛こんにゃく」と「魚肉ソーセージ」。そして80円の「オニオンスライス」「まぐろのあら煮」「納豆」「らっきょ」と続き、100円もの、180円もの、250円もの、280円ものと続き、定番メニューでは最高値が「生うに」の390円。ちなみに刺身類は「まぐろ」「とろしゃけ」「いか」「しめさば」「たい」が280円、「中とろ」「はまち」「えんがわ」などが380円です。こういう値段の並びの中にあると、380円くらいでも高級品に思えてしまうのが不思議ですよねぇ。

それじゃ、その50円シリーズの「ピリ辛こんにゃく」と「魚肉ソーセージ」は両方とも押さえておいて、100円メニューの「こはだ酢」もいただきましょうか。魚系のメニューばかりかと思いきや、普通の居酒屋風のメニューもあって、そんな中から「カマンベールチーズ揚げ」(300円)と「シーフードグラタン」(380円)を選択。さらに定番メニューの中の最高級品「生うに」(390円)も注文します。

051212a 051212b 051212c
生ビールとお通し / ピリ辛こんにゃくと魚肉ソーセージ / こはだ酢

051212d 051212e 051212f
カマンベールチーズ揚げ / 生うに / シーフードグラタン

100円の「こはだ酢」は身が大きい! 大きいコハダのほうが、むしろ安く仕入れられるんでしょうか。「生うに」は「え。これウニ?」って感じの褐色の怪しげなもの。でも口に入れるとなんだかウニの味。

定番メニューのほかに、壁に張られた季節のメニューや、中央のホワイトボードに掲げられた今日のメニューといったものもあります。季節のメニューには、この時期ならではの鍋物が出ているのですが、「湯豆腐」(280円)、「ちゃんこ鍋」(550円)、「とまと鍋」(500円)、「チゲ鍋」(450円)と、これまた安い。しかも1人前から注文できるところがうれしい。よく「1人前600円」なんて鍋物に「やったー」と喜んでいたら、「鍋物は2人前からお願いします」という注意書きがあってがっくりしたりするとこも多いですもんね。1人前から鍋を出してくれる店はいいですねぇ。みんなで相談した結果、「とまと鍋」にも引かれつつ、今回は「チゲ鍋」(450円)を1人前いただくことにしました。

さらには「にんにくチップス」(100円)や「焼ビーフン」(280円)、「なすの浅漬け」(250円)、「たこやき」(280円)、「さばの味噌煮」(300円)も追加注文。一品一品が安いので、つい行け行けドンドンでたのんじゃいますねぇ!

051212g 051212h 051212i
チゲ鍋 / にんにくチップス / 焼ビーフン

051212j 051212k 051212l
なすの浅漬け / たこやき / さばの味噌煮

飲み物のほうは生ビールをおかわりしたり、サワーをおかわりしたり。ホッピーも安いのですが、酎ハイ類も、酎ハイが280円、ウーロン割りや玉露割り、ウコン茶割りなどが300円。生レモンサワー、生グレープフルーツサワー、梅干サワーなどが350円と高くないのです。私もトマトハイ(350円)をいただくことにしました。

1時間半ほどの滞在は4人で7,035円。ひとりあたり1,800円弱でした。うーむ。カウンター席ではひとり客が飲んでたりするし、まさに大規模・大衆酒場って感じですね。大規模チェーン店にこの展開をされると、個人経営の大衆酒場はつらいだろうなぁ。

店情報

《平成17(2005)年12月12日(月)の記録》

|

« 店情報: 居酒屋「さくら水産」(五反田) | トップページ | えぞ鹿のロースト … フランス料理「北島亭(きたじまてい)」(四ツ谷) »

コメント

初めまして。
いつも楽しく拝見しております。

さくら水産に行かれたのですね。
実は一人飲みする時に入りやすいので、結構使ってます。

私のここのオススメは湯豆腐です!
注文するとわかるのですが、はっきり言って、ここは湯豆腐じゃないです。
いろんなものが入っていて見た目は寄せ鍋です。
そのボリュームで1人前280円なんてありえない感じです。

なので冬は湯豆腐で安い熱燗を・・・でセンベロするのが楽しみです。
(私は日本酒に弱いので、少しでベロベロです)苦笑)

投稿: まぴ | 2006.01.08 18:33

コメントありがとうございます。>まぴさん
最近、「さくら水産」他の大規模居酒屋チェーンにもときどき行っているのですが、ひとり客でも楽しめるようにカウンター席があるお店が多くなってるんですね。
「さくら水産」の湯豆腐も、ぜひ試してみたいと思います。

投稿: 浜田信郎 | 2006.01.15 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/8057259

この記事へのトラックバック一覧です: 大規模・大衆酒場!? … 居酒屋「さくら水産」(五反田):

» さくら水産に夜 食事  [花田学園物語]
さくら水産で食事。http://www.teraken.co.jp/ ここは、夜でも「お食事」で、昼と同じランチメニューが食べれる。(厳密には少し違う) と、いう事で行く。 学校から帰って亀戸に着くと、だいたい10時を回っている。 歩いて約10分で家なんだが、帰って飯を作る気にならない・・・ まあ、そういう日もあるもんだ。 店内は、かなりの人がにぎわっていた。 ここは、かなり安�... [続きを読む]

受信: 2006.01.14 02:00

« 店情報: 居酒屋「さくら水産」(五反田) | トップページ | えぞ鹿のロースト … フランス料理「北島亭(きたじまてい)」(四ツ谷) »