« 店情報: 立ち飲み「恵み屋(めぐみや)」(京橋) | トップページ | 今年もあと3日 … 居酒屋「とりすみ」(渋谷) »

シメは十割そば … 立ち飲み「恵み屋(めぐみや)」(京橋)

猫の毛も刈りたい」のももパパさん主催の忘年会が、京橋の十割そば屋 兼 立ち飲み屋「恵み屋」で開催されました。午後7時に店につくと、店内ではすでにももパパさんが生ビール(300円)を飲みながら、まん中のテーブルを確保してくれています。

ここ「恵み屋」は昼は立ち食いそばの店、夜は立ち飲み屋になるのです。店内は入口左側の壁と、右手奥に立ち食い・立ち飲み用のカウンターが作りつけられており、右手手前に立ち食い・立ち飲み用のテーブルが2卓並んでいます。その2卓のうち、奥側のテーブルをももパパさんが確保してくれていたのでした。

「こんばんは」とあいさつしながら、そのテーブルにつきます。「いらっしゃいませ」と声をかけてくれる店のおにいさんに、私も生ビール(300円)を注文。目の前にはももパパさんがすでにたのんでいた「ソーセージと野菜炒め」(300円)の小鉢が出ています。

「ひとまず会費は男性3千円、女性2千円ということでいきましょう」ということで、目の前の「予算かご」に私も3千円入れます。注文した品物が出てくるたびに、この「予算かご」からその料金を持っていってくれる仕組みです。

生ビールが出たところでまずはふたりで乾杯し、「鳥皮ポン酢」(300円)も追加注文です。店内の先客は3人程度。みなさんそばを食べています。夜の部も立ち飲みだけではなくて、そばだけの立ち食いもできるんですね。ももパパさんによると、この店でこんなにお客さんが少ない状態というのは非常に珍しいのだそうです。

051227a 051227b 051227c
ソーセージと野菜炒め / 予算かご / 鳥皮ポン酢

すぐに「東京のむのむ」ののむのむさんとその友人Kさんも到着。「はじめまして」とあいさつすると、「実は「川名」でお会いしてるんですよぉ」とのこと。あ。そうか。いつも奥の座敷にいらっしゃる常連のおふたりさんだったんですね! よろしくお願いします。

店内の壁の上部には四角い板に書かれたメニューが20品ほどずらりと並んでいるほか、入口上部の「本日のおすすめ」ボードにも10品ほどが書き出されています。値段はほとんどが300円か350円です。そんな品々の中から思いつくものを何品か注文します。

「ポテトフライ」(350円)はお皿にたっぷりと盛られ、ケチャップとマヨネーズが添えられます。「鳥唐揚げ」(350円)には唐揚げが4つ。ちょうど人数分でよかったね。そしてももパパさんのおすすめは「冷やっこ」(200円)。なんと丸一丁の豆腐に刻みネギとカツオ節がたっぷりとかけられています。

051227d 051227e 051227f
ポテトフライ / 鳥唐揚げ / 冷やっこ

仕事を終えたにっきーさんと、やや遅れて「offbeat-days」のbunさんも到着です。おつかれさまー。

できたてアツアツの「厚焼き玉子」(350円)もおいしいなぁ。飲み物もビールから焼酎へと切り替わっていきます。ももパパさんはホッピー(350円)を飲んでいるのですが、ナカ(ホッピーの焼酎おかわり。200円)をたのむと、なんとグラスに8~9分目くらいまで焼酎が! ひぇ~っ。ホッピーの入るすき間がないじゃん! 私は焼酎のそば湯割り(ジョッキで350円)をいただきます。

051227g 051227h 051227i
厚焼き玉子 / ホッピー / そば湯割り

実はこの忘年会の言いだしっぺだったらしい“陽気な酔っ払いおじさん”ことMatsさんも到着です。「鉄馬と酒と旅と」のsposta90さんと「おさまり発見記」のsaketomoさんご夫婦は風邪のため欠席。残念でした。

つまみのほうはカツフライや揚げシュウマイ、鳥唐揚げ、ポテトフライなどを盛り合せた「おまかせ揚げ盛り」(700円)です。これがこの店で一番高いつまみかなぁ。そしてお酒が進む「そばみそ」(300円)に、「本日のおすすめ」ボードから「豚肉とキャベツ炒め」(300円)もいただきます。

051227j 051227k 051227l
おまかせ揚げ盛り / そばみそ / 豚肉とキャベツ炒め

同じく「本日のおすすめ」ボードからいただいた「ムシドリゴマドレ」(350円)は蒸し鶏とたっぷりのレタスにゴマドレッシングをかけた一品。最後に刻みネギがぱらりとふられているのもいいですね。

壁の定番メニューからは「もつ煮込み」(350円)です。こうなるとキリッと芋焼酎のお湯割りにしようかな。店内には焼酎もずらりと並び、それぞれ1杯400円です。まずは「宝山(ほうざん)」からいただきましょうか。

051227m 051227n 051227o
ムシドリゴマドレ / もつ煮込み / 焼酎

なにしろ十割そばが売り物の店なので、最後はそばをいただかないとね。そばはその十割そばの「恵みもり」(並、480円)のほか、「さらしなもり」(並、480円)、「ダッタンもり」(並、500円)の3種類。その3種類をそれぞれ大盛り(640円)でいただいて、みんなでつっつき合うことにしました。

待つことしばし、どーんと出された大盛りそばのその量にびっくりです。これはひとりで来て大盛りをたのむと食べきれないかも!

そばをたぐりながら、芋焼酎の湯割り(400円)もおかわりです。今度は「里の曙」をいただくことにします。

051227p 051227q 051227r
恵みもり / さらしなもり / ダッタンもり

たっぷりとたっぷりと午後11時まで。普通「恵み屋」で立ち飲むときは、だいたいセンベロ(千円)でも十分、けっこう飲んだとしても2千円いくかどうかという程度なんだそうですが、さすがに午後7時から4時間も立ち飲みを続けると、当初の会費(男3千円、女2千円)でちょっと足りないくらいの料金になってしまいました。それでも安いですよね。

なお、ももパパさんのホッピーは、結局、ソト1・ナカ5(瓶入りホッピー1本で、ナカを5杯飲むこと)というものすごい量になったのでした。「河本」や「ホッピー仙人」などのようにホッピービバレッジが推奨する飲み方をした場合にはソト1・ナカ1に、「やき屋」や「秋元屋」「川名」など、ソトが別に出されるお店で自分で作って飲む場合にはソト1に対してナカが2~3になるのが標準的な量ですので、「ソト1・ナカ5」というのがいかに濃いホッピーかということがわかっていただけると思います。ほとんど無色透明のホッピーだったのでした。(爆)

店情報 (「猫の毛も刈りたい」の記事)

《平成17(2005)年12月27日(火)の記録》

|

« 店情報: 立ち飲み「恵み屋(めぐみや)」(京橋) | トップページ | 今年もあと3日 … 居酒屋「とりすみ」(渋谷) »

コメント

トラックバック、ありがとうございます。
相変わらずの詳細記事を読みながら、楽しかった時間を思い返しています。
それにしても、立ち飲み屋で4時間も立っているなんて・・・・

気がつくと、あれ以来恵み屋へ行っていません。
そろそろ顔を出さないと。

投稿: ももパパ | 2006.01.14 18:14

いいお店を教えていただいて、ありがとうございます。>ももパパさん
この記事を書くのに当たって時間を見てみると、4時間立ってたということがわかった次第。でも、その場ではワイワイと楽しくて、あっという間に感じた時間でした。
今年もまたよろしくお願いします!

投稿: 浜田信郎 | 2006.01.15 12:56

先日はご一緒させていただいて、ありがとうございました。
4時間も飲んでたんですね。
あの時は、楽しいばっかりで、あっという間でした。
今年も、どこかでお会いするかもしれませんが、
よろしくお願い致します。

投稿: のむのむ | 2006.01.16 21:34

すいません,当日言い出しっぺ最後の30分くらいしかいなかった、matsです。
一人3000円でしたか・・・私2000円くらいしかカゴに入れませんでした。
次回は4時間頑張ります?

投稿: mats | 2006.01.22 10:27

こちらこそありがとうございます。>のむのむさん
今年もいろんなところでごいっしょできるといいですね。
よろしくお願いします。(^^)

投稿: 浜田信郎 | 2006.01.29 20:10

お忙しい中、ありがとうございました。>matsさん
次回もまた長時間耐久立ち飲み大会でよろしくお願いします。
最近流行のオサレな立ち飲み屋は、深夜まで開いてるところも多いので、午後7時からはじめても6時間耐久とか8時間耐久になったりして…。(^^;;;

投稿: 浜田信郎 | 2006.01.29 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/8154000

この記事へのトラックバック一覧です: シメは十割そば … 立ち飲み「恵み屋(めぐみや)」(京橋):

» 恵み屋で忘年会 [猫の毛も刈りたい]
集まったのは 居酒屋礼賛の浜田さん 東京のむのむののむのむさん。 のむのむさんの [続きを読む]

受信: 2006.01.14 18:11

« 店情報: 立ち飲み「恵み屋(めぐみや)」(京橋) | トップページ | 今年もあと3日 … 居酒屋「とりすみ」(渋谷) »