« 名物はフワ、スジ、ハチノス … もつ煮込み「藤や(ふじや)」(北千住) | トップページ | 常連さんに混ざって … バー「日の出理容院(ひのでりよういん)」(横浜・桜木町) »

レバとハツを塩揚げで … 立ち飲み「福田フライ(ふくだふらい)」(横浜・桜木町)

ランドマークタワー今日はみなとみらい地区で仕事関係の飲み会。桜木町駅で解散後、ふらりと駅の反対側、野毛地区に向かいます。飲み物、食べ物ともにしっかりといただいたあとではあるのですが、そういう状況であってもつい引かれてしまうのが、たとえば野毛の入口にある「福田フライ」だったりするのです。

午後9時の「福田フライ」は、まだ8割程度のお客さんでにぎわっている。私は入口の揚げ台のすぐ横に陣取り、まずはチューハイ(400円)をいただきます。

フライのほうはレバとハツ(各120円)からいきましょうか。今日は塩でお願いします。

一般的にはフライを注文するときは、普通のウスターソースか、この店特製のニンニクがガンガンに効いた辛いソースのどちらかを選ぶのですが、前回来たときに、近くのおじさんがレバの塩揚げをたのんでいて気になっていたのでした。

レバとハツ(塩)もともとレバやハツなどのモツ類は、衣をつけずに素揚げされるのですが、揚げあがってから塩がパラリとふられて出されます。なるほど、これはさっぱりとした味わいになりますねぇ。個人的にはもうちょっと塩が効いていてもいいかな。

続いてはポテト(70円)とクジラ(170円)を注文。なにしろ目の前が揚げ台で、女将がデンと陣取っているので注文しやすい場所ですねぇ。

ポテト(辛)まず出てきたのはポテト。これは串カツ(120円)と並んで、この店の人気の品のひとつのようなのです。今日は辛いソースでいただきます。味つけはあらかじめ指定しておくと、そのソースをつけて出してくれるスタイル。関西の勝手にソースをつける(二度づけ禁止)スタイルとは違います。

クジラ(辛)そしてクジラ。フライのメニューはほとんどが120円なのに、このクジラだけがちょっと高級(170円)なんですよね。でも、これも人気があります。

刺身などの魚介類を楽しみたい人は息子さんがいるカウンターの奥側に、昔ながらのフライ物を楽しみたい人は女将さんがいるカウンターの手前側に寄ってるのがおもしろいですね。もっとも大混雑の時間帯はあっちだ、こっちだと言ってる余裕はなくて、とにかく空いてるところにすべりこまないといけません。

約30分の滞在。チューハイ1杯にフライ4串で今日は880円でした。「ありがとう」という女将さんの笑顔に見送られて再び野毛の町へ。

店情報 (前回)

《平成18(2006)年3月2日(木)の記録》

|

« 名物はフワ、スジ、ハチノス … もつ煮込み「藤や(ふじや)」(北千住) | トップページ | 常連さんに混ざって … バー「日の出理容院(ひのでりよういん)」(横浜・桜木町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/9164053

この記事へのトラックバック一覧です: レバとハツを塩揚げで … 立ち飲み「福田フライ(ふくだふらい)」(横浜・桜木町):

» 辛いソースで椎茸も … 立ち飲み「福田フライ(ふくだふらい)」(横浜・桜木町) [居酒屋礼賛]
あれっ!? 木曜日の午後8時過ぎなのに「福田フライ」が混雑していない。表の立ち飲みテーブルなんて、だれも立っていない。こんな様子も珍しいですねぇ。見れば向かいの「三陽」もビアガーデン(←店の表に張り出したテーブル席のこと)が空いている。この時間、ちょうどお客さんが入れかわる時間帯なのかな。 まずはビール(キリンラガー大瓶、600円)をいただいて、揚げものはハツ、串カツ(各120円)を辛いソースで注... [続きを読む]

受信: 2006.04.24 18:32

« 名物はフワ、スジ、ハチノス … もつ煮込み「藤や(ふじや)」(北千住) | トップページ | 常連さんに混ざって … バー「日の出理容院(ひのでりよういん)」(横浜・桜木町) »