« 店情報: 居酒屋「やきとり工房(やきとりこうぼう)」(横浜・新杉田) | トップページ | 待ち合わせは立ち飲みで … 立ち飲み「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷) »

お猪口1杯の牛乳 … 居酒屋「やきとり工房(やきとりこうぼう)」(横浜・新杉田)

「久しぶりに1杯どう?」と会社の同僚と向かったのは、同僚行きつけの焼き鳥居酒屋「やきとり工房」です。店内は右手の焼き台を囲むようにL字カウンターがあり、その周りにテーブル席が並びます。木曜、午後7時半の店内はほぼ満席。かろうじてふたり分空いていたカウンターに並んで腰をおろします。

すぐに出されたのはお通しの小鉢(煮物)と、……、これはなに!? お猪口(ちょこ)に入って出てきたのは、なんと牛乳なのだそうです。なるほどねぇ。飲む前に、お猪口1杯の牛乳を飲むことで、胃を守ろうということなのかな。空腹時にアルコールを摂取すると、胃壁が充血したり、場合によっては出血したりすることもあるそうですもんね。さっそくその牛乳をクイッといただきます。

1杯の牛乳のあとは瓶ビール(スーパードライ、中ビン、450円。価格は消費税別。以下同じ。)をもらって乾杯し、常連の同僚が何品かを注文してくれます。

カウンターの中の焼き台ではおにいさん二人が料理を担当していて、フロアでは店のおねえさんたちが料理やお酒を運んだり、注文をとったりと大忙し。神奈川県内に同名の店が3店舗ほどあるらしいのですが、まさに店内の雰囲気もチェーン店ほど大きくはなく、個人店ほど小さくはなくといった感じです。

余談ながら、店のおねえさんたちは焼き鳥屋さんとは思えないくらいちょっと派手目。この店に限らず、新杉田駅近くにはちょっと派手目(でも日本人)のおねえさんが働いている居酒屋が多いのです。近くに大きい工場があるので、酒場にやってくる男性客が多いからでしょうか。いずれにしてもキラリと華(はな)があっていいことですね。

まず出てきたのは「鶏せんべい」(450円)です。鶏肉を薄くのばしてパリッと揚げたこの一品はこの店の名物なのだそうです。箸でまん中をツンとつつくと、パリッと割れて、小さなかけらに分かれます。これをパリパリといただくとビールが進むこと。ほとんどの人が注文するほど人気の品でもあるようで、カウンター上段には下揚げが終わった「鶏せんべい」が山積みされてます。注文を受けてから、これを再度揚げて仕上げていくんでしょうね。

060309a 060309b 060309c
お通しと猪口1杯の牛乳 / 鶏せんべい / 山積みの鶏せんべい

そして焼き鳥。最初はテール(ぼんち、120円)、はつ(110円)、ねぎま(120円)の塩焼きが2本ずつ。それぞれ小ぶりながら1串に6~7個刺さっていていい焼加減。皿の縁に練りガラシと、横浜焼き鳥の特徴でもある味噌が添えられています。この味噌はニンニクを混ぜたりして、その店その店の固有の味わいを出していることが多いのだそうで、塩焼きの焼き鳥にこの味噌をちょいとつけて食べるのがおいしいんですよね。

追いかけるように砂肝(110円)です。これも塩焼きですが、こちらはひとつひとつがけっこう大ぶりで、1串に4個刺し。プリプリ感がいいですねぇ! 砂肝、大好きです。

飲み物は何品か並ぶ焼酎(各1杯500円)の中から私は芋焼酎「さつま司(さつまつかさ)」(減圧・常圧ブレンド)を、同僚は芋焼酎「黒甕(くろかめ)」(黒麹・かめ仕込み)をそれぞれロックでいただきます。店のおねえさんが目の前でロックグラスいっぱいに注いでくれるのがうれしいですね。他にはそば焼酎「十割(とわり)」、米焼酎「岩窟王(がんくつおう)」、泡盛「於茂登 炎(おもと ほむら)」が選べます。

060309d 060309e 060309f
テール・はつ・ねぎま / 砂肝 / 焼酎ロック

続いてはえんがわ(150円)、なんこつ(120円)、鶏かわ(90円)を、これまた塩焼きで。えんがわというのは砂肝の先っぽの部分なのだそうです。

カウンター上には1粒ごとにビニール袋に入れられた梅干が置かれており、自由に使っていいのだといいます。それじゃその梅干をいただいてみましょうかと、そば焼酎の湯割り(350円)をいただきます。そこに梅干を入れてみるものの……。梅干が硬めなのでうまくほぐれないのです。うーむ。この梅干は湯割りに入れるよりも、つまみでかじったほうがいいかな。

煮込み(たまご付)(480円)もこの店の名物料理の一つなんだそうです。大根、コンニャクなどと一緒に煮込まれて、刻みネギをたっぷりとかけて出された煮込みは、比較的あっさり系です。

060309g 060309h 060309i
えんがわ・なんこつ・鶏かわ / そば焼酎湯割り / 煮込み(たまご付)

日本酒のほうも普通の日本酒(大500円、小280円)のほかに「高清水(たかしみず)しみずの舞(吟醸)」「三春駒(みはるこま)辛口」「酒道粋人(しゅどうすいじん) 灘の宮水」「三谷藤夫(みたにふじお)山廃吟醸」「三谷藤夫(みたにふじお)山廃純米」といった地酒が並んでおり、それぞれ1杯500円。その中から「三谷藤夫」の吟醸をいただきます。地酒は1合升に置かれたグラスに、下の1合升が表面張力になるまで注がれます。

つまみのラストは鶏ハラミ(150円)となかおち(150円)。鶏ハラミというのははじめて食べるなぁ。1羽から数グラムずつしかとれないらしい鶏ハラミが、串にずらりと刺さっています。しっかりとした噛み心地がいいですね。

060309j 060309k 060309l
トクトクと注いでくれる / 地酒 / 鶏ハラミ・なかおち

午後10時半ごろまで、約3時間の滞在。ふたりで7,700円くらいのところ、同行者が持っていた「お一人様500円割引券」を2枚使って6,700円(ひとりあたり3,350円)くらい。そのお釣りとともにまた「お一人様500円割引券」を2枚もらったのでした。

店情報

《平成18(2006)年3月9日(木)の記録》

|

« 店情報: 居酒屋「やきとり工房(やきとりこうぼう)」(横浜・新杉田) | トップページ | 待ち合わせは立ち飲みで … 立ち飲み「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/9270407

この記事へのトラックバック一覧です: お猪口1杯の牛乳 … 居酒屋「やきとり工房(やきとりこうぼう)」(横浜・新杉田):

« 店情報: 居酒屋「やきとり工房(やきとりこうぼう)」(横浜・新杉田) | トップページ | 待ち合わせは立ち飲みで … 立ち飲み「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷) »