« 貴重なお酒を分けあって … 焼き鳥「伊勢(いせ)」(神田) | トップページ | 店情報: お食事処「倉井ストアー(くらいすとあー)」(立石) »

真夜中でも満席 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野)

神田駅で自宅が別方向の呑んだフルさんと別れ、JR中央線に乗って中野までやってきました。最後にもう1軒寄って帰りますか。中野駅北口を出て、どーんと広がる中野5丁目の飲み屋街へと向かいます。トコトコ歩いて、そろそろ早稲田通りに出るかという手前にあるのが、もつ焼き「石松」です。

人気もつ焼き店だった「春」の賃貸契約が切れたため、昨年末にここに移ってきて、店名も「石松」と変えて新装再開したのです。なにしろそれまでの「春」の跡地が、そのまま「春」という名前のスナックみたいな感じの店になっているので、名前も変えざるを得なかったんでしょうね。

焼き台のところについている小窓からのぞき込むと、午後11時半の店内は満席。カウンターの内側に回りこんでる人までいるほどです。あれっ!? しかしカウンターの内側に回りこんでるのはなんとH氏ではありませんか。よーし、入っちゃえ!

扉を開けて「こんばんはぁ、ひとりです」と店内へ。「おー、こんばんは」と店内のあちこちから声がかかってビックリ! カウンター中央部にいるのはとぱーずさんとDH氏。その奥にはK氏や、「秋元屋」の常連さんでもあるM先生が飲んでいるではありませんか。さらについ先ほどまで、ふじもとさんやしげるさん、そして初お目見えの宇ち中さんもいらっしゃったのだとか。こんな遅い時間帯にすごいことになってたんですねぇ!

みなさんの後ろで立って飲もうと思っていたのに、K氏が「もうすぐ帰るから」と代わりに立ってくれました。どうもすみません。

目の前にはトンと金宮のキープボトルが置かれます。「じゃ、ホッピーで!」と注文したところ、今日は普通のホッピーが売り切れてて黒ホッピーしかないんですよ、と説明してくれながら、カウンターの内側、冷蔵庫の前に陣取っているH氏が黒ホッピー(ソトはたぶん200円)を取り出してくれます。そうかそうか。この場所に座ってると冷蔵庫係もしないといけないんですね。どうもありがとうございます。

「マスター、レバ刺しはありますか?」「あるよ。」「じゃ、まずはそれで!」

レバ刺しお通しのモヤシ酢漬けをつっついてホッピーを飲みながら待つことしばし。いかにも「石松」(旧「春」)らしい、エッジのきりりと立ったつややかなレバ刺し(380円)の登場です。

ここ「石松」は「春」のときと同様に、注文を受けてから下ごしらえをして、その場で串にさして焼くスタイル。今日のようにお客さんが多いと、その下ごしらえも大変な様子です。

タン塩向こうのお客さんからタン(1本100円)の注文が入ります。「私もタンをお願いします」と便乗注文。他のお客さんの注文にのっかっていっしょに注文すると、店主も楽そうだし、こちらもあまり待たなくてよくなるので、お互いに好都合のようなのです。まわりからも「じゃオレも1本!」なんて声が飛び交います。

H氏やK氏は今日は開店直後からここで飲んでるのだそうで「もう5時間近く飲んでますよ!」と言いつつ、そろそろ終電だからと帰り支度をはじめます。

カシラかたいとこ塩「それじゃ気をつけてね」とH氏、K氏を見送ったところで、となりのお客さんが注文した品は「カシラのかたいとこ」。えー。なにそれ!? カシラに“かたいとこ”なんてあるんだ。じゃ、わたしもそれ1本。またまた便乗注文です。

電車がない時間になっても、地元の常連さんたち中心に盛り上がる店内はまだまだ満席。この時間から入ってくるお客さんもいるくらいです。真夜中でも満席というのはすごいなぁ。

ふと気がつくともう1時をまわっている。とぱーずさんとDH氏もそろそろ帰るらしくお勘定をしてもらっているので、私もお勘定をお願いします。便乗注文が多かった今日は、お勘定まで便乗です(笑)。

今日のお勘定は980円。どうもごちそうさまでした。みなさんお先に!

店情報 (前回、「Wine&Dish&Music・・・」)

《平成18(2006)年2月24日(金)の記録》

|

« 貴重なお酒を分けあって … 焼き鳥「伊勢(いせ)」(神田) | トップページ | 店情報: お食事処「倉井ストアー(くらいすとあー)」(立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/9056315

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中でも満席 … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野):

» レバ刺しは内臓一式から … もつ焼き「石松(いしまつ)」(中野) [居酒屋礼賛]
仕事関係の飲み会を終えて中野まで帰ってきたのは午後11時過ぎ。この時間なら、いつも満席の「石松」に入れるかも。ちょっとのぞいてみましょうか。 客引きのおにいさんのお誘い攻撃をかわしながら、中野5丁目の深部へと進みます。もつ焼き「石松」の前に立ち、焼き台前の小窓からマスターに「ひとりだけど…」と声を掛けながら店内をのぞくと、この時間でも店内は満席。カウンターの内側まで回りこんでお客さんが入っているよ... [続きを読む]

受信: 2006.04.02 16:54

« 貴重なお酒を分けあって … 焼き鳥「伊勢(いせ)」(神田) | トップページ | 店情報: お食事処「倉井ストアー(くらいすとあー)」(立石) »