« 骨までポリポリ … 鳥料理「とよ田(とよだ)」(自由が丘) | トップページ | 店情報: 居酒屋「みますや」(神田) »

ぜんまい白和えで燗酒を … 居酒屋「金田(かねだ)」(自由が丘)

せっかくの自由が丘ですのでもう一軒。東京の居酒屋の中でも「みますや」(神田)、「シンスケ」(湯島)、「鍵屋」(根岸)、「江戸一」(大塚)、「伊勢藤」(神楽坂)などと並べて語られることが多い老舗居酒屋「金田」です。

ここも入れないことが多い居酒屋ですが、午後9時なのでもう大丈夫でしょう。「こんばんは。」「いらっしゃいませ。あと30分でラストオーダーですが、よろしいですか?」と迎えられます。

060222h 060222i
サッポロラガー / 菊正宗

ダブル「コ」の字になったカウンターの手前側、小さいほうに座り、連れは瓶ビール(サッポロラガー、大瓶、630円)、私は燗酒(菊正宗、小徳利、420円)をいただきます。お通しはこの時期の定番であるミニ・スープ豆腐。このちょこっとした豆腐がうまいんですよねぇ。

毎日のメニューはA3用紙にコピーされて、カウンター上段に置かれています。売り切れると色鉛筆で取り消し線が引かれるのですが、今日は取り消し線は少ないようです。さて、なんにしましょうか。

ずらりと150種くらい並んだメニューの中から、白和えやおからといった昔のお惣菜風のつまみが好きな同行者は「ぜんまい白和え」(600円)を選択。私は「あなご煮凍り(にこごり)」(700円)と「うに煮凍り」(750円)でしばらく迷って、ウニのほうを選びます。

060222j 060222k
ぜんまい白和え / うに煮凍り

季節のゼンマイに舌鼓を打ち、美しいウニの煮凍りをつついているうちに、もうラストオーダーの時間です。「じゃ、お酒(菊正宗、420円)をもう1本」。

まわりのお客さんたちも徐々に席を立ちはじめます。

我われも閉店時刻(午後10時)のちょっと前にお勘定。約1時間の滞在はふたりで2,820円でした。

店情報 (前回、「帰り道は、匍匐ぜんしん!」)

《平成18(2006)年2月22日(水)の記録》

|

« 骨までポリポリ … 鳥料理「とよ田(とよだ)」(自由が丘) | トップページ | 店情報: 居酒屋「みますや」(神田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/8952875

この記事へのトラックバック一覧です: ぜんまい白和えで燗酒を … 居酒屋「金田(かねだ)」(自由が丘):

» 寒い冬を越えて … 居酒屋「金田(かねだ)」(自由が丘) [居酒屋礼賛]
ひな鳥のから揚げのあとは、これまた先月22日と同じく自由が丘の居酒屋「金田」です。 いつも人気いっぱい、お客もいっぱいの「金田」ですが、さすがに午後9時前に入ると、ラストオーダー(午後9時半)まであと30分ちょっととあって店内にも空席が出はじめます。我われふたりも、ダブル「コ」の字になったカウンターの奥側(大きいカウンターの側)の一角に座り、私は燗酒(「菊正宗」、420円)、同行者はビール(サッポ... [続きを読む]

受信: 2006.03.26 20:54

« 骨までポリポリ … 鳥料理「とよ田(とよだ)」(自由が丘) | トップページ | 店情報: 居酒屋「みますや」(神田) »