« ぬか漬は男が漬ける … 立ち飲み「倉庄(くらしょう)」(大船) | トップページ | 早い時間も大にぎわい … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »

ねっとりと胡麻ドーフ … 居酒屋「金田(かねだ)」(自由が丘)

ラストオーダーまであと30分の午後9時。「金田」の1階カウンターは、まだお客さんでいっぱいで、ふたりで訪れた我われは2階の座敷席へと通されます。小上がりの座敷では、クリップボードにはさんだメニューが出され、一緒にはさまれた小さい紙に注文の品を書いてお店の人に渡す仕組み。「旬」と記された子持ちヤリイカ(850円)、のれそれ(600円)、れんこん揚げ出し(600円)、ユリ根梅肉和え(530円)、菜の花おひたし(450円)、山ウド酢味噌(450円)や、「新」と書かれたホタルイカ(ボイル、450円)、モズク酢(450円)などを横目に見ながら、今日注文したのは「当店製」と注記されている「胡麻ドーフ」(520円)です。

飲み物はビール(キリンラガー大瓶、630円)と日本酒(花の井、390円)。お通しは定番のミニ冷奴。出てきた胡麻ドーフはねっとりと濃厚です。

060314a 060314b 060314c
入口看板 / お酒とお通し / 胡麻ドーフ

閉店まであと15分ほど残して、「1階のお客さんももうみなさん帰られましたから」と店員さんが閉店を告げにきます。なるほど早めに終わることもあるんですね。帰り支度をはじめる2階のお客さんたち。それじゃ我われも腰をあげますか。お勘定はふたりで1,540円でした。

店情報 (前回)

《平成18(2006)年3月14日(火)の記録》

|

« ぬか漬は男が漬ける … 立ち飲み「倉庄(くらしょう)」(大船) | トップページ | 早い時間も大にぎわい … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/9393490

この記事へのトラックバック一覧です: ねっとりと胡麻ドーフ … 居酒屋「金田(かねだ)」(自由が丘):

» 里いも煮はホクホクと … 居酒屋「金田(かねだ)」(自由が丘) [居酒屋礼賛]
 自由が丘の名店、「金田」にやってきました。昭和11(1936)年創業のこの店は、今年で創業71年の大老舗です。  午後6時半の店内は、平日ながら、ゆるやかにいっぱいですが、そこは独り呑みの気楽さ。ダブル「コ」の字カウンターの一角に空いている隙間に入れてもらって、燗酒(菊正宗、420円)を注文すると、すぐに冬場の定番お通し(サービス)である、ミニスープ豆腐が出されます。  その燗酒を手酌で注いで、... [続きを読む]

受信: 2008.01.06 11:50

« ぬか漬は男が漬ける … 立ち飲み「倉庄(くらしょう)」(大船) | トップページ | 早い時間も大にぎわい … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) »