« 馬もつ煮込み … 大衆酒場「大統領(だいとうりょう)」(上野) | トップページ | 店情報: 立ち飲み「うなぎ家(うなぎや)」(蒲田) »

個人的な予想価格? … 鶏唐揚げ「とよ田(とよだ)」(自由が丘)

今日は3人で「とよ田」。午後8時過ぎに店に着いたけれど予想どおり店内は満席で、携帯電話の番号を伝えて席が空くのを待ちます。30分ほど待ったところで連絡が入り店内へ。今日は小上がりの座敷席に案内されました。座敷席は6人掛けの座卓がひとつ。我われ3人は奥のほうに座り、相席で同じく空席待ちをしていたらしいカップルがひと組、入口側に座ります。

店はおかあさん(たぶん女将)と、揚げ場を担当するおにいさん(おそらく女将の息子)、そしてフロアを担当するおねえさん(うーむ。女将の娘さんか、おにいさんの奥さんかどっちでしょう…)の3人で切り盛りしており、そのおねえさんがすぐにおしぼりをもってきてくれます。

あったかいおしぼりで手を拭きつつ、おもむろに今日の注文となるわけですが、なにしろこの店には品書き(メニュー)はいっさいない。しかしながら「なんにしますか?」とお店の人に聞かれて「えっと……」と返事に詰まると、「唐揚げは砂肝と手羽肉、もも肉の3種類があります」とやさしく教えてくれるので、はじめての人でもそれほどとまどうことはないでしょう。いちばん簡単なのは「ひと通りお願いします」とか「コースでお願いします」と注文することです。これで砂肝、手羽肉、もも肉がひとつずつ順番に出てきます。複数人で行った場合には「コースを3人前お願いします」という風に注文すればOKです。

唐揚げのほかにはお新香(キュウリのぬか漬け)があるだけです。浅漬けと古漬けがあるので好きなほうを選びます。

我われは今日は砂肝を2人前、手羽肉を3人前、そしてもも肉を2人前いただくことにして、飲み物は瓶ビール(アサヒスーパードライ中瓶)です。「おつかれ~っ」と乾杯するころには定番のお通しである「玉ねぎポン酢醤油、カツオ節かけ」も出てきます。

順番としては必ず砂肝の唐揚げが一番最初で、2番目が手羽肉唐揚げ、そして最後にもも肉唐揚げが出るように思うのですが、となりのカップルは砂肝の次にもも肉が出て、最後に手羽肉が出てきていました。もしかすると順序も指定できるのかもしれませんね。食べる様子をどこかで見ているのか、ちょうどその前に食べてるのがなくなるころに、次のができあがってきます。

060426a 060426b 060426c
ビールとお通し / 砂肝唐揚げ(2人前) / 手羽肉唐揚げ

今日はお新香の古漬けも注文。他のお客さんたちがそうしているように、七味唐辛子をたっぷりとふりかけて食べてみると、それがまたおいしいこと。

全部食べ終わると、最後に鶏スープが出されます。となりのカップルは食べ終わってお勘定をお願いしたところ「はいはい。今鶏スープを出しますから、ちょっとお待ちくださいね」とおかあさん(たぶん女将)から声がかかってました。鶏の旨味たっぷりのスープは、もしかするとサービスなのかなぁ。

060426d 060426e 060426f
古漬け(七味唐辛子かけ) / もも肉唐揚げ / 鳥スープ

午後10時過ぎまで、約1時間半の滞在。3人でビール中瓶を7本いただいて、9,550円(ひとりあたり3,200円弱)でした。

さて、この店にはメニューがないことはすでに書きましたが、メニューがないのでもちろん一品一品の値段もわかりません。これまでに何度かやってきた経験から、お通しの玉ねぎが200円、砂肝唐揚げが650円、手羽肉唐揚げともも肉唐揚げが各700円、お新香は300円、ビールや日本酒などの飲み物は550円。そして鶏スープはサービス(0円)として計算すると、実際に支払った金額によく合います。あくまでも私の個人的な予想価格ですからね。ざっくりと参考程度にお考えください。

店情報前回

《平成18(2006)年4月26日(水)の記録》

|

« 馬もつ煮込み … 大衆酒場「大統領(だいとうりょう)」(上野) | トップページ | 店情報: 立ち飲み「うなぎ家(うなぎや)」(蒲田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/10170905

この記事へのトラックバック一覧です: 個人的な予想価格? … 鶏唐揚げ「とよ田(とよだ)」(自由が丘):

» じっくりから揚げ … ひな鳥から揚「とよ田(とよだ)」(自由が丘) [居酒屋礼賛]
じっくりと「とよ田」のから揚げと対峙してみようと思いたって自由が丘です。仕事終わりがちょっと遅かったので、店に着いたのは午後8時半。ひとりならすぐに入れるかと思いきや、「とよ田」はそう甘くはなかったですねぇ。「しばらく外でお待ちください」。いつものような携帯電話連絡待ちではないものの、店の外で待つこと約10分。やっと店内に入れました。なにしろ携帯電話待ちのお客さんが多いですからねぇ。店の外に行列が... [続きを読む]

受信: 2006.08.06 10:16

« 馬もつ煮込み … 大衆酒場「大統領(だいとうりょう)」(上野) | トップページ | 店情報: 立ち飲み「うなぎ家(うなぎや)」(蒲田) »