« 店情報: もつ焼き「わかば」(本所吾妻橋) | トップページ | 梅シロップ入り酎ハイ … やきとり「いせや本店」(吉祥寺) »

モツ刺しに特シロ … もつ焼き「わかば」(本所吾妻橋)

わくい亭」を出て三ツ目通りを東に渡った路地に入ったところにあるのがもつ焼き「わかば」。「酔わせて下町」をして『界隈を散策して「本所は他にもいい店がありそうだ、次は○○へ」と、思ってはいるのだが、「春日通、右に曲がるとわくい亭、左に曲がるともつ焼きわかば」。なんとも酒呑みを悩ませる魔の交差点に来ると、その考えはいつも挫折してしまう。笑』と書かせた、本所の二大巨頭の1軒なのです。

「わかば」という店名のとおり、店の表にある提灯やテント、のれんはすべて若葉の緑色。その緑ののれんをくぐって店内に入ると、午後9時前の店内はお客さんでいっぱいです。店内の造りは入って左側が店の奥まで続く直線のカウンター席。間が人が通れるように切れているのが特徴的。右手はやや広めの小上がりのテーブル席になっていて、座卓が4つほど並んでいます。右手奥にはコの字型の壁のくぼみにそってテーブル席が置かれていて、壁際にコの字に並んで座れるようなベンチシートが作りつけられています。我われ5人は、そのくぼみに作られたテーブル席に通されました。

酎ハイ(330円)や生ビール(中、450円)をもらって乾杯し、まずたのんだのはこの店の名物でもあるらしいモツの刺身類です。噂どおりモツの刺身にはかなり力を入れているようで、メニューにもレバ刺し、ハツ刺し、タン刺し、シロ刺し、タマ刺し、コブクロ刺し、ガツ刺し、センマイ刺し各400円、上ミノ刺し600円、馬刺し800円という10品がずらりとならんでいます。その中からレバ刺し、ハツ刺し、タマ刺しの3品(各400円)を選択。

060502s 060502t 060502u
飲み物 / レバ刺し・ハツ刺し / タン刺し・タマ刺し

レバ刺しは新鮮さをアピールするようなキラリとした光沢で、ひと切れひと切れの身の厚さもあって食欲をそそります。ハツ刺しもプリプリと新鮮そのもの。そして「ごめんなさい。1人前なかったので半分はタン刺しを入れました」と出てきたタマ刺し、タン刺しのピンクの色のきれいなこと!

もつ焼きはシロ、カシラ、レバ、タン、ハツ、ナンコツ、コブクロ、鳥タタキが各1本110円で、味はたれ・塩・ニンニクだれから選べます。焼き物メニューはさらに焼き鳥(ネギマ、130円)、上ミノ(350円)、手羽先(3本、450円)、豚トロ(一人前480円)、豚足(500円)、ネギ(120円)、ししとう(2本、250円)、ピーマン(一人前、250円)などがラインナップされています。そんな中からシロをたれ(110円×2)で、特シロとカシラはニンニクだれ(110円×2×2)で、そして豚トロ(一人前480円)をいただくことにしました。

060502v 060502w 060502x
シロ(たれ) / 特シロとカシラ(ニンニクだれ) / 豚トロ

シロ。ひと切れひと切れが大きい! タレもたっぷりとつけられていてプリプリくにゅくにゅといい食感です。そのシロでおどろいていたらもっとびっくりは特シロ。これはいわゆるテッポウで、まさにとろけんばかりのフンワリ感です。カシラの香ばしい油の感覚もよく、ニンニクだれともよく合います。豚トロがまた、肉のかたまりといっていいくらいのもので、食べ応え十分。

うーむ。この店も1軒目にお腹をすかせて来るべき店ですねぇ。もつ刺しやもつ焼き以外にも煮込み(400円)、お新香(350円)、長ナス1本漬(350円)、さつまあげ(450円)、玉子焼き(450円)、焼海苔(250円)、タンおろし(450円)、軟骨あられ(450円)、ゴボウスティック(400円)、ナス味噌炒め(450円)、クサヤ(750円)などの肴メニューも充実。さらにはお茶漬け、焼きおにぎり、焼ソバ(各500円)といったシメの食事メニューまであるため、1軒でしっかりと楽しめる感じです。

今日はすでに1軒目にたっぷりといただいていたため、ここらで終了。1時間強の滞在は5人で8,700円(ひとりあたり1,740円)でした。

店情報 (「宇ち中」、「アル中ハイマー日記」)

《平成18(2006)年5月2日(火)の記録》

|

« 店情報: もつ焼き「わかば」(本所吾妻橋) | トップページ | 梅シロップ入り酎ハイ … やきとり「いせや本店」(吉祥寺) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/10476685

この記事へのトラックバック一覧です: モツ刺しに特シロ … もつ焼き「わかば」(本所吾妻橋):

» 鮮烈な食感、上ミノ刺 … もつ焼き「わかば」(本所吾妻橋) [居酒屋礼賛]
 「酔わせて下町」のFさんたちと、本所吾妻橋(ほんじょあづまばし)のもつ焼き屋、「わかば」にやってきました。  25年ほど前の創業当時から、緑のちょうちんがトレードマークの「わかば」は、昨年(2008年)5月に大幅に改装し、きれいなお店になりました。  店内は左手の焼き台の横から店の奥に向かって、10人ほど掛けられる直線カウンターが伸びています。このカウンター席、入口側から6人分、4人分と分割され... [続きを読む]

受信: 2009.04.05 19:10

« 店情報: もつ焼き「わかば」(本所吾妻橋) | トップページ | 梅シロップ入り酎ハイ … やきとり「いせや本店」(吉祥寺) »