« 今が旬、メバルの煮付け … 大衆割烹「三州屋(さんしゅうや)」(銀座) | トップページ | 店情報: 居酒屋「品川亭(しながわてい)」(西新宿) »

やっこさんをつまみに … 大衆酒場「河本(かわもと)」(木場)

豊洲方面での仕事を終えてトコトコと歩いてやってきたのは木場(きば)の「河本」です(写真)。以前、豊洲に勤務していたころはよくこうやって歩いてきたなぁ。

ガタピシと建て付けの悪い入口引戸を開けて店内に入ると午後6時半の店内は6~7割程度の入り。ホッピー(300円)とニコタマ(煮込み玉子入り、200円)からスタートです。(写真

ここのホッピーはホッピービバレッジ推奨どおりのスタンダードな作り方。昔懐かしいコカ・コーラの1リットルビンに入れてよく冷されたキンミヤ焼酎70mlを、これまたよく冷えたホッピー(ソト。360ml)で割って、氷は入れない。この焼酎対ホッピーが1:5というのが推奨比率なのです。こう割るとアルコールが約5%とビールと同じくらいになっているはずなのですが、どういうわけだかビールよりは圧倒的に効くんですよねぇ。

ニコタマはメニューにはない一品。壁の短冊メニューには「煮込み 200円」としかないのです。この店に最初に来たときに、閉店間際で煮込み鍋を片づける場面に遭遇し、中にゆで玉子が入っていることを発見し、2度目に来たときに玉子入りの煮込みをいただいたのでした。

ニコタマに続いては“やっこさん”の小(100円)をいただきます。“やっこさん”は冷奴のこと。小でも半丁分の豆腐が出てくるのです。(写真

ガタピシと引戸が開いて入ってきたのは、この近所に住んでいる大常連のくまさんです。くまさんはホッピーと“やっこさん”の大(200円)を注文。大は豆腐1丁分なので、さすがに大きいですねぇ。(写真

約1時間の滞在は600円でした。どうもごちそうさま。

店情報写真前回

《平成18(2006)年6月16日(金)の記録》

|

« 今が旬、メバルの煮付け … 大衆割烹「三州屋(さんしゅうや)」(銀座) | トップページ | 店情報: 居酒屋「品川亭(しながわてい)」(西新宿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/11068581

この記事へのトラックバック一覧です: やっこさんをつまみに … 大衆酒場「河本(かわもと)」(木場):

» 煮込みおかわり! … 煮込み「河本(かわもと)」(木場) [居酒屋礼賛]
横濱(ハマ)の酒場通・iiさんがお仕事で東京にやってきたので、酒友・H氏とともに木場の「河本」で一献。店に着くとおふたりともすでに到着していてiiさんはホッピーに南蛮もやし(300円)、H氏はホッピーにやっこさん小(100円)をもらって飲みはじめています。 「久しぶりねぇ」と笑顔で迎えてくれるマスミちゃん(女将さん)にホッピー(300円)と煮込み玉子入り(200円)を注文します。ちなみに壁の短冊メ... [続きを読む]

受信: 2006.11.19 13:40

« 今が旬、メバルの煮付け … 大衆割烹「三州屋(さんしゅうや)」(銀座) | トップページ | 店情報: 居酒屋「品川亭(しながわてい)」(西新宿) »