« 片手に飲み物、片手につまみ … 立ち飲み「酒寮キンパイ西口店」(横浜) | トップページ | 店情報: そば「安兵衛(やすべえ)」(横浜) »

本店2階に集まって … 豚料理「味珍(まいちん)」(横浜)

午後7時、横浜駅西口「豚の味珍」本店2階。集まったのは横浜の酒場通・伊東さん、「Gaily Amaha の 未熟な舌 過敏な腸」のGAさん、そしてはじめてお目にかかるのは路麺大帝氏です。

ビール(キリンラガー中瓶、500円)で乾杯したあと、すぐにヤカン(350円)に切りかえます。ヤカンというのは焼酎(宝焼酎)のこと。ユニークな形のヤカンで注いでくれるため、みんなからヤカンと呼ばれているのでした。カウンター上に置かれた褐色の液体が入ったウイスキーの瓶が梅シロップ。これを焼酎に入れていただきます。

まずいただいたのは辣白菜(ラーパーツァイと読み白菜の漬物のこと、300円)と尻尾(700円)、(700円)。注文すると同時に小皿に辛子と酢を入れて、これをグルグルとかき回しながら料理の登場を待ちます。

トロトロの尻尾と、中の軟骨がコリッと心地よい。さすが「味珍」です。

追加で注文したのはサラダ舌(タン)のぶつ切り(700円)の石井バージョン。石井バージョンというのは、普通の辛子酢でいただくかわりに、腐乳(ふにゅう、150円)をお酢で溶いて、それをタレにしていただくもの。石井さんという人が始めたので石井バージョンと呼ばれているのだそうです。

舌は普通はスライスして出されるのですが「ぶつ切りで」とお願いすると小さい立方体に近い形に切って出してくれます。スライスしたものよりも歯応えもしっかりと感じられて、石井バージョンによくなじみます。

はじめていただいたサラダは、レタスの葉の上にクラゲ、刻んだ大根、キュウリが盛られてっぺんにコーンと紅しょうがをのせてドレッシングをかけたもの。クラゲの食感が楽しいですね。

1時間20分の滞在。4人で約6千円(ひとり1,500円ずつ)でした。

本店2階に入るのははじめてですが、この下り階段はものすごく急ですね。転げ落ちないように気をつけなければ。今日、本店2階に入ったことで、本店1、2階、向かいの支店1、2階の4店舗すべてに入ったことになりました。メニューは同じながら、4つの店の雰囲気はそれぞれ少しずつ異なっています。それぞれに特徴があっておもしろいですね。

店情報写真前回

《平成18(2006)年5月31日(水)の記録》

|

« 片手に飲み物、片手につまみ … 立ち飲み「酒寮キンパイ西口店」(横浜) | トップページ | 店情報: そば「安兵衛(やすべえ)」(横浜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/10858656

この記事へのトラックバック一覧です: 本店2階に集まって … 豚料理「味珍(まいちん)」(横浜):

» ねっとりもっちり牛スジ … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) [居酒屋礼賛]
ふらりとやってきたのは横浜駅西口は狸小路にある「豚の味珍」。その店名のとおり豚の頭や舌、足、耳、尾、胃など(各700円)でお酒が飲めるお店なのです。 「豚の味珍」は路地をはさんで両側に2軒。そしてそのそれぞれに1階の店舗と2階の店舗があるので、都合4店舗がここで営業しているのです。本店1階はL字カウンターのみ、本店2階はL字カウンターとテーブル席がひとつ。支店(新店)1階はV字カウンターのみ、そし... [続きを読む]

受信: 2007.01.20 11:32

« 片手に飲み物、片手につまみ … 立ち飲み「酒寮キンパイ西口店」(横浜) | トップページ | 店情報: そば「安兵衛(やすべえ)」(横浜) »