« 店情報: 大衆酒場「一番(いちばん)」(横浜・西谷) | トップページ | じっくりから揚げ … ひな鳥から揚「とよ田(とよだ)」(自由が丘) »

座って飲める立呑屋 … 大衆酒場「一番(いちばん)」(横浜・西谷)

iiさん、sgrさんと3人で巡る相鉄線沿線ツアー。3軒目(私以外の人は4軒目)は瀬谷(せや)から上り電車に乗って横浜方面へ5駅。着いたのは西谷(にしや)です。

駅を降りて、「本当にこの先に酒場があるの?」というような住宅街を抜けていくと左手角に「立呑酒場 (株)ニューボンボン店」(045-373-7221、横浜市保土ケ谷区西谷町1066 )という立ち飲み屋が出てきた。iiさんが店内に入っていくものの、すぐに出てきて「今日はもう終わりなんだって」とのこと。「でも1回、中をのぞいて見ておいたほうがいいですよ」というおすすめにしたがって、ちょっとの間をとってからまるで別のひとり客のようなそぶりで入口を開けて店に入ってみた。表面がステンレスの大きなコの字型カウンターは、そろそろ引き上げるかという風情のお客さんが二人ほどおり、店は女将さんひとりで切り盛りしている模様。その女将さんから「今日はもう終わりました」と声がかかり、見学タイムもここまで。なかなか良さげな雰囲気ですよぉ。(笑)

もう一度駅まで戻り、駅の入口を通り過ぎた先、左手に「立呑み酒場 一番」と書かれたお店が出てきます。「立ち飲みと書いてるけど、実際は座って飲めるんですよ」とiiさん。うーむ。守備範囲が広いなぁ。まさにiiさんが通勤されてる沿線で知らぬ店はないといった勢いです。

「こんばんは。3人です」と入ると、午後10時の店内は、奥行き方向に長いコの字カウンター(“コ”の右側が入口)には男性のひとり客と、女性のひとり客がひとりずつ、コの字の入口に近いところと、右側の辺に座っており、我われ3人は左側の辺の中央部に座ります。

「ホッピー(380円)をみっつね!」 なんとこの店には大きな氷入りながらホッピーがあるのです。

料理です。iiさんが「コロッケと…」と注文をはじめると、店のおかあさんが「コロッケはみっつにしようか?」とたずねてきます。「いや、コロッケはひとつで、あとチクワ天とポテトね」と注文を続けるiiさん。

まず出てきたのは「ちくわ天ぷら」(350円)。ちょっと厚めの衣が付いたチクワ天は4切れ、チクワ2本分です。衣がホンワリと甘いのがいいですねぇ。私の好みです。「うまーい!」と喜んで食べてたら、「この時間に食べると何でもうまく感じるんですよ」とiiさん。うーむ。さすが横浜(ハマ)の酒場通ですなぁ。おっしゃるとおり、お酒を飲んでると夜がふけるに連れ食欲がこれ増してくるんですよねぇ。

「コロッケ」(350円)は一人前2個入り。そうか。注文したときにおかあさんが「みっつにしようか?」と言ってたのは、1人前だとコロッケが2個なんで、それを我われの人数に合わせて3個にしようかと聞いてくれてたんですねと確認すると、「そうなのよ」とおかあさんもニッコリ。いやいやお気遣いありがとうございます。

そして「フレンチフライポテト」(350円)。なんとこれはこの店でジャガイモから下ごしらえして作ったもののようで、ジャガイモの味わいや食感がしっかりしています。ファストフード店でよく出てくるような内部がフワっとした感じのフライドポテトもおいしいのですが、こうやってしっかりした食感のポテトを食べるとまた新鮮味を感じますね。

ナカ(ホッピーの焼酎だけのおかわり)となる焼酎(350円)を1杯だけもらい、3人で分けあって2杯目のホッピーを作ります。そのホッピーを飲み終わるころには時間もそろそろ11時近く。さぁ、そろそろ引き上げますか。

1時間の滞在は3人で2,540円。ひとり850円ずつのお勘定でした。

相鉄線で横浜駅まで帰り、「相鉄沿線も奥が深い! またぜひよろしくお願いします」とiiさんにお願いしつつ、各自の路線に別れて帰宅したのでした。

【番外編】 帰りの車内にて

夜の電車は争いが多い。今日の戦いは酔っ払いのおっちゃんたち二人の熾烈な戦い。ひとりは酔って車内で爆睡しており、もうひとりはその横で迷惑そうに座ってる。なぜ迷惑そうかというと、となりの爆睡男が完全にそのおっちゃんに寄っかかってるからである。

たまりかねたおっちゃんは「ゴホゴホ」と肩をゆすりながら大きな咳払いなどをするわけだが、となりの酔っ払い男はほんの十秒程度はちゃんとするものの、またすぐ寄っかかり状態に戻ってしまう。そうするととなりのおっちゃんもまた「ゴホゴホ」と身体を揺すりながら咳払いをするわけである。

果てしなく続くこの戦い。一見おっちゃんが迷惑を被っているように見えるが、実は爆睡男が迷惑をかけているのはおっちゃんひとりに対してだけ。それに引き換え、定期的に大きな咳払いをするおっちゃんは、疲れて眠りながら帰宅している多くのサラリーマンを覚醒させてしまうという大迷惑なのであった。

店情報写真情報 (関連記事:「The State of Things」)

《平成18(2006)年7月4日(火)の記録》

|

« 店情報: 大衆酒場「一番(いちばん)」(横浜・西谷) | トップページ | じっくりから揚げ … ひな鳥から揚「とよ田(とよだ)」(自由が丘) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/11256378

この記事へのトラックバック一覧です: 座って飲める立呑屋 … 大衆酒場「一番(いちばん)」(横浜・西谷):

» 一番@西谷 [The State of Things]
だめかなあ,とつぶやきながら西谷の暗い小道をずんずん進むiiさん.迫力の「(株)ニューボンボン店」の看板と提灯には明かりが灯っていたが,もうおしまい,とつれない答え.じゃあ,と向かったのがコの字カウンターでホッピーが飲めるお店.iiさんのリスク管理は万全であっ..... [続きを読む]

受信: 2006.08.04 11:14

« 店情報: 大衆酒場「一番(いちばん)」(横浜・西谷) | トップページ | じっくりから揚げ … ひな鳥から揚「とよ田(とよだ)」(自由が丘) »