« 青空(雷雨!?)ホッピー会 … バー「ホッピー仙人」主催 | トップページ | 暑気払いの二次会 … 居酒屋「かっぱ屋(かっぱや)」(都立家政) »

お盆突入の暑気払い! … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

お盆休みに突入した今日は、わが地元の食通・なおとんさんの音頭取りで「竹よし」で暑気払いです。

横浜での「青空ホッピー会」から、暑気払いのはじまる午後5時までには「竹よし」に帰着予定だったのですが、急な雷雨で向こうを出遅れたのに加えて、各電車の大幅な遅れや山手線の落雷による運転停止などで、やっと「竹よし」にたどり着いたのは午後6時半ごろ。案の定、私が一番最後の到着で、集まったみなさんはもうすっかりできあがってますがな…。遅れてごめんね。カンパーイッ!

今回は食事会ではないので、特にテーマ食材もなく店主夫妻の思いつくまま、気の向くまま。朱色の身も鮮やかにお皿に並んでいるのは「馬肉の燻製」。「ゴーヤサラダ」はゴーヤだけをゴマ味噌で和えたきわめてシンプルなもの。「キュウリの漬物」は長さ方向に半分に切ったものを、さらに幅方向で半分に切った1/4本分を手にもってかぶりつく。一口大の漬物もいいですが、こうやって大きいままかじるのもいいですね。

「茄子と茗荷の煮浸し」は夏らしくさっぱりと。「トロのステーキ風」は表面だけに焼き目がついていて、中はレアできれいなピンクです。そして海老を香草とともに春巻きの皮で巻いて揚げた「海老の包み揚げ」は、パリッとした皮の中からプリプリの海老が出てくるいいつまみです。「野菜の天ぷら」はさつま芋やらアスパラやら、野菜のかき揚げやらと盛りだくさん。

ウナギを芯にした玉子焼、「う巻き」は味もボリュームもまさに「おーい、酒くれぇーっ!」てな一品ですね。その酒はhopperさんからの差し入れの愛知の「義侠・純米生原酒」。このお酒はしっかりとしてて、濃いなぁ。チェイサーの水をもらったくらいです。

「シラスごはん」にはシラスが山のように入っています。なにしろ遅れてきたおかげ(?)で、これらの食べものがいっせいに目の前に登場して、もうどれから箸をつけていいのか迷うほど。それにしてもすべての料理を取っておいてくれたんですね。ありがとうございます。

しかしこうやって刺身のない「竹よし」の食事というのもまたおもしろいですね。特に夏は野菜がおいしいので、こうやって魚からちょっと距離をおいた食材のオンパレードも楽しいなぁ。そういう中にあってちょっと手を加えられたトロやウナギ、エビも光ります。

そこへ出てきたのは「舌平目のムニエル」。「1尾しかないから早いもん勝ちだよ」と出されたお皿を、みんながちょっとずつつっつきながら回し食い。今日の参加者も、食事会のときとほぼ同様で、勝手知ったるメンバーばかりなのでした。

そして「にぎり寿司」です。にぎり寿司はいつも「竹よし」のメニューにあり、トロ(1個200円)以外のほとんどのものが1個100円で食べられます。常連さんの中には、最後のシメにちょいと何個かのにぎり寿司を食べて帰る人も多い人気のメニューなのです。特に今日は生の魚を出さない料理にしていたようなので、ここで生魚がきわだちますね。シメサバ、トロ、ヅケなどなどがずらりと並びます。(注: 寿司を数えるのに“貫”を使うと誤解を生むことがありますので、あえて“個”を使ってます。)

このあたりで午後7時過ぎ。ここからはひとしきり調理を終えた店主もこちら側に出てこられて、いっしょに暑気払いです。逆に、事前にいろんな料理を作ってくれていて、今まで客席側でみんなと楽しくお話していたママさんは、このあたりで休憩にあがられます。まだまだ自宅療養中ながら、今日のようにみんなが集まるときにはがんばって料理を作ってくれたり、みんなの輪に入ってくれたりするのがうれしいですね。

店主が今回の暑気払い用に仕入れてくれていたのは「極上黒松剣菱」です。昔でいう「剣菱の超特級酒」で、学生時代(30年近く前)、何か特別なことがあるとみんなで「黒松剣菱」(←こちらは特級酒)を押し頂きながら飲んでたことを思い出します。その後、「越乃寒梅」を筆頭とする第一次地酒ブームの波が押し寄せてきて、「剣菱」をはじめとする大手メーカーのいわゆる“ナショナルブランド”のお酒があまりパッとしない時代に入っていったことを思い出します。

とはいえ、たとえば「金田」でいただく「菊正宗」にしても、「武蔵屋」でいただく「桜正宗」にしても、当然のことながら普通にうまいですもんね。

この「極上黒松剣菱」もうまいなぁ。燗をつけるともっとうまいかもね。

店主が客席側に来た今、カウンターの中を仕切っているのは本日の仕掛け人、なおとんさん。「ホッピー」「痛風御免」と大書された前掛けに雪駄履きと、なんだかやり手の包丁人みたいです。「ホッピーの前掛け、どうしたんですか?」なんて聞いていると、「そうそう。今日はホッピーもあるんですよ」と金宮ホッピーを作ってくれます。

「竹よし」のサワー用の焼酎は、もともと金宮を使っている。だから瓶入りのホッピー(いわゆるソトの部分)だけを買ってくれば金宮ホッピーができるんですね。今日は暑気払いという、普段の営業外の集まりだったので瓶入りホッピーもたくさん仕入れてきたのだそうです。

カウンター内の厨房で、なおとんさんがチョコチョコと作ってくれたのはなんともぜいたくな「ウニ丼」です。これがまたお腹いっぱいなのに入っちゃうんですよねぇ。

食事会と同じように午後9時半ごろまでの大盛り上がり会となったのでした。大変な幹事役を買って出てくれたなおとんさん、本当にありがとうございました。(お勘定は食事会と同じくひとり4,500円でした。)

060812g 060812h 060812i
馬肉の燻製 / ゴーヤサラダ / 茄子と茗荷の煮浸し

060812j 060812k 060812l
トロのステーキ風 / 海老の包み揚げ / 野菜の天ぷら

060812m 060812n 060812o
う巻き / シラスごはん / 「義侠・純米生原酒」

060812p 060812q 060812r
舌平目のムニエル / にぎり寿司 / 「極上黒松剣菱」

060812s 060812t 060812u
ホッピーの前掛け / 金宮ホッピー / ウニ丼

店情報前回

《平成18(2006)年8月12日(土)の記録》

|

« 青空(雷雨!?)ホッピー会 … バー「ホッピー仙人」主催 | トップページ | 暑気払いの二次会 … 居酒屋「かっぱ屋(かっぱや)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/11831440

この記事へのトラックバック一覧です: お盆突入の暑気払い! … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» 刺身が食べたくて … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
刺身が食べたくて「竹よし」です。午後9時の店内はカウンターに先客が4人。しかし奥側の3人連れはまさに今お勘定をしているところ。私もカウンターの手前のほうに腰をおろし、彼らのお勘定が終わるのを待ちます。なにしろ店主ひとりで切り盛りしているので、一度にふたつ以上のことはできないですからね。 「はい。お待たせしました」とおしぼりを渡してくれる店主に瓶ビール(中瓶、500円)と刺身の盛り合わせ(1,000... [続きを読む]

受信: 2006.10.08 14:37

« 青空(雷雨!?)ホッピー会 … バー「ホッピー仙人」主催 | トップページ | 暑気払いの二次会 … 居酒屋「かっぱ屋(かっぱや)」(都立家政) »