« 店情報: 焼き鳥「とり千(とりせん)」(横浜・新杉田) | トップページ | 店情報: ホルモン料理「赤ちょうちん(あかちょうちん)」(新宿御苑前) »

名物・牛すじ煮込み … 焼き鳥「とり千(とりせん)」(横浜・新杉田)

職場の仲間と連れだって、新杉田駅近くにある焼き鳥の「とり千」です。信号交差点の角に建つこの焼き鳥屋は、角をはさんで両側に入口があり、カウンター席とテーブル席が何卓かといった造り。木曜午後7時の店内はグループ客ひと組がテーブルを囲んでいるのみ。我われ4人も別のテーブルを囲み、生ビール(中、450円)をもらって乾杯です。

ここの名物のひとつは牛すじ煮込み(350円)。まずこれはもらいましょう。ビールに合わせて枝豆(300円)や、お腹がすいているのでボリュームたっぷりの縞ホッケ(しまほっけ、480円)の注文も飛びます。焼き鳥は各人の希望を聞いて、すなぎも(80円)、つくね(80円)、かわ(80円)、はつ(80円)、ばら(80円)を2本ずつ、塩でいただくことにしました。焼き鳥は基本的に「1品2本以上で注文」ということになっています。

店はご夫婦らしき男女ふたりで切り盛りされており、フロアで注文を聞いてくれるのはおとうさん。焼き台の前で焼き鳥を焼いてくれているのがおかあさんです。

すぐに出てきた牛すじ煮込みの中身は牛すじとコンニャク。これがシチュー風にちょっとトロッとした煮汁でしっかりと煮込まれているのです。もしかすると牛すじのコラーゲンで、煮込んでいるうちに煮汁がトロッとしてくるのかもしれませんね。

会社から近いこともあって、ここには何度か来ているのですが、冬場に出される鶏肉と大根の煮物なんかもうまいんですよねぇ。煮物がおいしい店はうれしいですね。

すぐに生ビールもおかわりしますが、私は2杯目の生ビールの代わりに瓶ビール(キリンラガー大瓶、500円)をいただくことにしました。最初の1杯など、ペースが早いうちは生ビールをゴクゴクといただくのが豪快でいいのですが、ペースが遅くなってくると瓶ビールのほうがビールがだれないように思うんですよねぇ。

縞ホッケは長方形のお皿からはみ出している。予想どおり、身もプリッと厚くて食べごたえがあります。

焼き鳥もできあがりました。塩焼きでたのむと横浜の焼き鳥屋の特徴であるニンニク味噌を出してくれます。これをちょいとつけて食べるのがおいしいんですよねぇ。ちなみにタレ焼きには大根おろしが添えられることが多いようです。

焼き鳥の“ばら”というのは豚バラと白ネギを串に刺して焼いたもの。肉と脂の絶妙なハーモニーを白ネギが見事にバックアップ。これはいいなぁ、ということで第2回目の焼き鳥の注文時にもばら(80円)を筆頭に、トマト巻(150円)、ぼんちり(100円)、とりはらみ(100円)を2本ずつ、塩でいただくことになりました。

トマト巻もこの店のおすすめ品のひとつ。ここにくるとトマト巻ばっかりたべる輩(やから)もいるくらいなのです。トマト巻には、普通のトマトをくし切りにしたものを肉で巻いて焼くタイプと、丸ごとのプチトマトを巻いて焼くタイプのふたつを見かけますが、この店はプチトマトをベーコンで巻いて焼くタイプ。熱を加えることによってちょっと酸味が増した感じのするトマトが、ベーコンの塩っけ、脂っけとよく合います。

“とりはらみ”というのも珍しいですよねぇ。びっしりと串に刺されたとりはらみは、けっこう重量感があって、食べても肉質がしっかりとしています。これは好みだなぁ。そういえば、この近くの「やきとり工房」でも鶏はらみを食べることができます。

「これ食べて」とおとうさんが出してくれたのはキュウリとダイコンのお新香。これがまた焼き物が続いた口にさっぱりと心地よいのです。壁にずらりと張り出された短冊メニューの中にも「おしんこ」(300円)というのがあるので、それかな。いい味です。

さらには「さつま揚げ」(メニューでは300円)も出してくれました。焼きたて熱々がうれしいですね。どうもありがとうございます。

壁の短冊メニューには焼き鳥以外のメニューも30品以上。冷やっこの200円からはじまって、マカロニサラダやモロキュウ、厚揚げ、月見納豆やスタミナ豆腐など多くが300円。サバ塩焼きやイカ一夜干し、シシャモにエイヒレ、さらにはなんこつ唐揚げなどが380円で、とり唐揚げや手羽先唐揚げなどが480円と続き、鳥刺や鳥レバ刺の500円が一番高いかなぁ。食事系ではお茶漬などのごはん類はないものの、そのかわりに焼うどん、焼そば(各480円)というメニューがラインナップされています。

しかしこの店でなんといってもうれしいのは飲み物が安いところ。横浜地区ではチューハイをはじめサワー類が400円以上するお店が多いのに、この店はチューハイ、ウーロンハイ、レモンサワー、ライムサワー、梅サワー、グレープフルーツサワーなどなどのサワー類が300円なのです。「白波」(芋焼酎)や「いいちこ」(麦焼酎)の湯割り、水割り、ロックも300円。日本酒も2合で600円と、呑んべにはありがたい下町価格なのです。

今日はビール好きなメンバーが集まっていたため最初から最後まで生ビール(450円)(私は途中から瓶ビール(大瓶500円))でしたが、それでも2時間半の滞在で4人で12,500円(ひとりあたり3,100円強)でした。

一度ひとりでやってきて、カウンターでじっくりと飲んでみたいですね。どうもごちそうさま。

060824a 060824b 060824c
牛すじ煮込み / 枝豆 / 生ビールと瓶ビール

060824d 060824e 060824f
縞ホッケ / すなぎも、つくね / かわ、はつ、ばら

060824g 060824h 060824i
ばら、トマト巻、ぼんちり、とりはらみ / おしんこ / さつま揚げ

店情報前回

《平成18(2006)年8月24日(木)の記録》

|

« 店情報: 焼き鳥「とり千(とりせん)」(横浜・新杉田) | トップページ | 店情報: ホルモン料理「赤ちょうちん(あかちょうちん)」(新宿御苑前) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/11927155

この記事へのトラックバック一覧です: 名物・牛すじ煮込み … 焼き鳥「とり千(とりせん)」(横浜・新杉田):

» なんとチューハイが190円! … 焼き鳥「とり千(とりせん)」(横浜・新杉田) [居酒屋礼賛]
久しぶりに豊洲方面での仕事。5年前まではこの地で働いていたのに、今やすっかり違う街に大変身してしまいました。昼食は、そのころよく飲みに行っていた「万福食堂」(公式サイト)で食べようと行ってみると、以前の場所はすっかり違う建物になっていて見当たりません。界隈をうろうろとしていると、なんと新築の高層ビル街の1階にテナントとして出店しているのを発見。店頭のメニューを見てみると、昔から名物だった「長崎ちゃ... [続きを読む]

受信: 2007.02.04 09:54

« 店情報: 焼き鳥「とり千(とりせん)」(横浜・新杉田) | トップページ | 店情報: ホルモン料理「赤ちょうちん(あかちょうちん)」(新宿御苑前) »