« 大満足の小腹セット … 居酒屋「鳥佳(とりよし)」(横浜・上大岡) | トップページ | ゆったりのんびり … 近所のバー »

刺身が食べたくて … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

刺身が食べたくて「竹よし」です。午後9時の店内はカウンターに先客が4人。しかし奥側の3人連れはまさに今お勘定をしているところ。私もカウンターの手前のほうに腰をおろし、彼らのお勘定が終わるのを待ちます。なにしろ店主ひとりで切り盛りしているので、一度にふたつ以上のことはできないですからね。

「はい。お待たせしました」とおしぼりを渡してくれる店主に瓶ビール(中瓶、500円)と刺身の盛り合わせ(1,000円)を注文します。「ビールはアサヒとキリンが選べますよ」と店主。へぇ。そうなんだ。ここはずっとアサヒ(スーパードライ)だったのですが、常連さんの中にひとり「キリンじゃないと飲まない!」という人がいて、その人用に常に何本かのキリン(ラガー)は置いていたのです。それが定常的になったんですね。じゃ、この店ではあまり飲んだことがないキリンをいただきましょう。

今日のお通し(200円)はホタテの小柱を中心に、カニと生湯葉を盛り、三つ葉が添えてポン酢醤油をかけたもの。お通しの段階からすばらしい品ですね。生の小柱がうまいや! こうなると燗酒ですね。まだビールをいただいている途中ではありますが、早々と燗酒(菊正宗、350円)を注文します。

そして出てきた刺身盛り合わせ(1,000円)はシマアジ、カツオ、メジマグロ、キンメダイの腹身、ヒラメの5点盛りです。よーし。どうだこの脂のよくのった戻りガツオ。そしてつややかなキンメダイの腹身。活じめのヒラメはエンガワも添えられています。シマアジ、メジマグロ、キンメダイは山葵醤油で、戻りガツオは生姜醤油で、そしてヒラメは紅葉おろしの入ったポン酢醤油でいただきます。くぅ~っ。燗酒も進むのぉぉ。

燗酒は菊正宗がなくなったとのことで、おかわりからは辛口・菊水(450円)の燗酒です。昨日まで30度近かった最高気温が、今日はガクンと下がって25度。早い時間から燗酒がたくさん出たんだそうです。「常に品切れないようにしておかないといけないのに、すみませんねぇ」と恐縮する店主。奥に菊正宗のストックが1本はあるつもりでいたら、なかったんだそうです。

先客のおにいさんは帰られましたが、店内には常連のWさんやAさんもあらわれてにぎやかになってきました。

店主も話の輪に加わって、今日用意しているいろんな食材を見せてくれます。タイの頭酒むし(600円)用のタイの頭はヒレの少し後ろでカットされており肉もたっぷり。大たいら貝(800円)もでかいなぁ。そして刺身盛り合わせの中にも入っている活じめヒラメの肉厚なことといったら! 活じめヒラメの肝や卵巣もすばらしい。これらは単品で活じめヒラメの刺身(600円)を注文した人に添えられるのかな。

「今日はアンキモもいいんですよ」と見せてくれる生のアンキモのでかいこと。そして蒸して冷ましたアンキモも美しい。「ちょっと食べてみますか」とひとりに一切れずつサービスしてくれました。ありがとうございます。

いろいろ見せてもらった材料の中から、Wさんは秋鮭ハラス焼き(500円)を、Aさんはアンコウ唐揚げ(700円)を、そして私がマテ貝網焼き(500円)をもらって3人でわけっこします。夏の名残の魚介類と、冬のはしりの魚介類がいっぺんに楽しめるのがこの季節のいいところですね。やぁ、どれもおいしいや。

みなさんとの話もはずんで気がつけばもう閉店時刻の午前0時。日付けが変わっちゃいました。3時間の滞在で、菊正宗を1合と、菊水を3合いただいて、今日は3,900円でした。どうもごちそうさま!

060922a 060922b 060922c
瓶ビール / お通し / 燗酒

060922d 060922e 060922f
刺身盛り合せ / タイの頭などの食材 / アンキモ

060922g 060922h 060922i
秋鮭ハラス / アンコウ唐揚げ / マテ貝網焼き

店情報前回

《平成18(2006)年9月22日(金)の記録》

|

« 大満足の小腹セット … 居酒屋「鳥佳(とりよし)」(横浜・上大岡) | トップページ | ゆったりのんびり … 近所のバー »

コメント

10/13宴会希望です。初めて利用しようと思うので、詳しい内容を教えて頂けますか?
A.M.9:00~18:00までに電話頂けるとありがたいです。
TEL03-5987-5195
ちきり清水商店㈱清水

投稿: 清水俊介 | 2006.10.10 20:04

>清水俊介さん
別途メールもいたしましたが、ぜひお店のほうに問い合わせてみてくださいね。
ただし、10人も入れば満員になるようなお店ですので、大きな宴会はできないと思います。
可能であれば、急に宴会で利用されるのではなくて、まずは少人数でお店に行ってみられるのがいいのではないでしょうか。

投稿: 浜田信郎 | 2006.10.15 19:49

浜田さん、はじめまして。
tancrediといいます。
「居酒屋礼賛」をいつも楽しみに拝見させていただいております。
実は、この9月22日、カウンターの中ほどで長居をしていた人間をご記憶でしょうか?まさか浜田さんご本人とは知らず、失礼をしました。

当日ははじめて訪店したのですが、もともと魚介類が大好きな上に、イカワタと貝類には特に目がないもので、いっぺんで「竹よし」さんを気に入ってしまいました。
あのときは、タイラ貝とアゲマキ貝はもちろん、ついついイカワタルイベをおかわりしてしまったほどでしたf^^;

先週2度目に訪店しましたが、3週間前とはがらっと品書きが変わっているあたりも嬉しかったですし、ご主人に伺うと、少なくとも日に2種類の貝は置くようにしているとのこと、ますます気に入ってしまった次第です。
もちろん、お気に入りの絶品イカワタもいただきました!
肴やお酒が美味しいことはもちろん、居心地もとってもいいお店ですね。

そんなわけでまたご一緒することもあるかもしれませんが、その節はよろしくお願いいたします。

投稿: tancredi | 2006.10.16 23:42

その節はお世話になりました!>tancrediさん
刺身盛り合わせの種類を一緒に覚えていただき、ありがとうございました。(^^)
最近は、豊後水道の秋サバもおいしいです。刺身でいけるサバを、サッと酢ジメにしたシメサバが最高でした!
またお店でお会いしましたらよろしくお願いします。

投稿: 浜田信郎 | 2006.10.29 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/12197575

この記事へのトラックバック一覧です: 刺身が食べたくて … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» 豊後水道の秋鯖 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
「秋元屋」を出て、西武新宿線の線路沿いに約10分ほど歩くととなり駅・都立家政(とりつかせい)です。もう1軒、「竹よし」に寄って帰りましょう。 日曜日、午後5時半の「竹よし」は先客はひとり。入口右手の直線カウンター6席分の手前のほうに座っている男性ひとり客の後ろを通り、カウンターの奥から2席めくらいに腰をおろし、燗酒(菊正宗、350円)を注文します。今日のお通し(200円)はさらしクジラ。これまた大... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 15:44

« 大満足の小腹セット … 居酒屋「鳥佳(とりよし)」(横浜・上大岡) | トップページ | ゆったりのんびり … 近所のバー »