« 店情報: 立ち飲み「うなぎや」(横浜・屏風浦) | トップページ | うなぎカブトも80円! … 立ち飲み「うなぎや」(横浜・屏風浦) »

やきとり1本60円! … 立ち飲み「うなぎや」(横浜・屏風浦)

気候もよくなってきたので、普段はバスで通勤している会社から単身赴任寮までの道のりをテクテクと歩いてみています。このコース、途中で京急・屏風浦(びょうぶがうら)駅に続く白旗(しらはた)通り商店街を抜けていくのですが、その商店街の中には酒菜処「夕凪(ゆうなぎ)」や立ち飲みの「うなぎや」をはじめとする酒場も数軒。何日間かは各酒場を横目で見ながら通りすぎたのですが、今日はついにがまんできず「うなぎや」へちょっと寄り道です。

店内はコの字型の立ち飲みカウンターなのですが、普通に考えるコの字カウンターとは逆。つまりコの字の内側に人が立つのです。大阪方面では立ち飲む人が多くなってくると“ダーク”と言って、男性コーラスグループのダークダックスの立ち姿のように右肩だけを前方に出す形で斜めに立つことによって店に入れる人数を増やしたりするようなのですが、東京方面ではあまりそういう姿は見かけません。みなさんしっかりと自分の場所を両肩分確保して立っていることが多いので、この店のようにコの字の内側に立つパターンだとますますキャパシティが減ってきます。各辺3人ずつくらい、全部で9人も立つともう入れない。そこここに隙間はあるんだけど、詰めてもうひとりはむずかしいかなぁ、といった感じになってしまうのです。

水曜・午後8時の今がまさにそんな感じ。ちょうど9人がなんとなく均等割付的に立っていて、うまく入り込める間隔がないのです。「うーん。どうしようかな」と思いつつも、「いらっしゃいませ。飲み物は?」とニコニコ笑顔で迎えてくれるお内儀さん(らしき女性)の言葉に「ホッピー(400円)をお願いします」と注文。「氷は入れますか?」と聞いてくれたので「氷はなしでお願いします」。以前は店主ひとりで切り盛りされていたと思うのですが、今はお内儀さん(らしき女性)とふたりで切り盛りされてるんですね。

店内正面奥の、なかんずく大きい隙間のところに近づいて「ここに入れてもらっていいですか?」とひとり飲みの右側のおじさんに話し掛けると「あ、いいよ。ちょうど帰るところだから」と、少しずれて場所をゆずってくれました。

そこへトンと出されるジョッキ入りの焼酎と瓶入りホッピー。さっそくトトトッとホッピー割りを作り、まずひとくち。ックゥ~~ッ。効きますねぇ。こうやって推奨どおりの分量で作るとアルコール度数が5%くらいと、ビールとそれほど変わらないはずなのに、なぜかホッピーは効きがいいんですよねぇ。

お腹もすいてるし、まずはちょっと腹持ちのするものをいただきますか。この店はメニューの品数は少なくて、皿物はマグロ刺に冷奴、厚揚、漬物、モロキュー、トマトくらいで各250円。それとは別にウナギの蒲焼や串物、焼き鳥などの焼物がこれまた数種類用意されている程度です。冷奴にしようかな。

冷奴(250円)は半丁の豆腐を6つに切り、刻みネギとカツオ節をのせたもの。子供のころは豆腐は味がないような気がして嫌いだったのですが、大人になって、特にお酒を飲みはじめてからはすっかり大好物です。夏場は冷奴で涼をとり、冬場は湯豆腐で暖をとる。年中いけますよね。

さぁ。ひとしきりお腹も落ちついてきたところで、今度は焼物をいきますか。やきとりはネギ間、皮、レバー、肉の4種類があり、それぞれ1本がなんと60円!

まずは皮(鶏皮)を2本タレでたのむと、表の焼き台(お持ち帰り用の焼物もここで焼かれる)で焼き上げられて、お皿にニンニク味噌が添えられて出てきます。へぇ。塩焼のときだけニンニク味噌を合わせるのかと思ったら、タレ焼きにも添えるんですね。

どれどれと食べたこの皮が、実にプリプリとしていてうまいのです。量も普通にあるし。これで1本60円とは、うれしいかぎりですねぇ。

皮のあまりのおいしさに「1杯だけ」と思っていたホッピー(400円)もおかわりし、今度はレバー(鶏)をタレで2本。これもこれでおいしいんだけど、皮のインパクトを先に受けちゃったからなぁ。順番を逆にすればどっちもとてもおいしくいただけたかも。

壁に張られたメニューのほかに、どこにも書いてはないけど「今日のメニュー」のようなものがあるみたいで、となりの人が「何がある?」と聞くと「今日は棒々鶏(バンバンジー)があるわよ。食べる?」とお内儀さん。他のつまみと同じように小さ目の丸皿に盛られて登場していました。

私も最後に漬物(250円)をいただきます。漬物はキュウリのぬか漬けでした。

ちょうど1時間の立ち飲みタイムは1,540円。ちょいと1杯のつもりが、しっかりとホッピー2杯で長居しちゃいましたねぇ。どうもごちそうさま。さぁ、寮までの続きを歩くぞ!

060927a 060927b 060927c
「うなぎや」 / 氷なしホッピー / 奴

060927d 060927e 060927f
皮(タレ) / レバー(タレ) / 漬物

店情報前回

《平成18(2006)年9月27日(水)の記録》

|

« 店情報: 立ち飲み「うなぎや」(横浜・屏風浦) | トップページ | うなぎカブトも80円! … 立ち飲み「うなぎや」(横浜・屏風浦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/12294710

この記事へのトラックバック一覧です: やきとり1本60円! … 立ち飲み「うなぎや」(横浜・屏風浦):

» うなぎカブトも80円! … 立ち飲み「うなぎや」(横浜・屏風浦) [居酒屋礼賛]
昨日いただいた、やきとりの皮があまりにもおいしくて、今日も「うなぎや」に寄り道です。木曜・午後8時半の店内はゆったり気味で、先客は4人ほど。昨日とほぼ同じ場所(入口から見ると突き当たりの、テレビの下あたり)に陣取り、今日もホッピー(400円)です。 今日、ホッピーの注文を受けてくれたのは店主。昨日氷なしホッピーを2杯いただいたので油断してたら、氷の入ったホッピーが出てきました。そうか。何も言わなか... [続きを読む]

受信: 2006.10.15 19:08

« 店情報: 立ち飲み「うなぎや」(横浜・屏風浦) | トップページ | うなぎカブトも80円! … 立ち飲み「うなぎや」(横浜・屏風浦) »