« ゲソ天で三冷ホッピー … 大衆酒場「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) | トップページ | 地魚を追いかけて … 居酒屋「海彦(うみひこ)」(横浜・新杉田) »

店情報: 居酒屋「海彦(うみひこ)」(横浜・新杉田)

  • 店名: 居酒屋「海彦」杉田店
  • 電話: 045-776-3929/045-773-1705
  • 住所: 235-0033 神奈川県横浜市磯子区杉田1-6-6 アズサワビル2F
  • 営業: 17:00-24:00、無休(ランチは月~金で11:30-14:00)
  • 場所: JR京浜東北/根岸線・新杉田駅の改札を出て駅ビル内2階を直進、突き当りを右に出て歩道橋を渡り「らびすた新杉田」に入り、本屋を抜けた左側の下りエスカレーターを降りると目の前が聖天橋交差点。その交差点を横須賀街道(国道16号線)の向こう側(京急杉田駅側)に渡り右へ。横須賀街道沿い左側の「ローソン」の先、左手に「すき家」のあるビルの2階が「海彦」。
  • メモ: 三浦半島の地魚を追い続けて毎朝漁港で買い付けをしている。たとえば2006年10月25日の「三浦あらかると」メニューは、三崎鮪刺身中トロ1,200・赤身800、うに・イクラ盛り1,000、珍しい赤さば680、金目鯛刺680、いなだ刺600、〆さば600、しょっこ刺650、活みる貝刺680、鯵刺・たたき580、真いわし刺700、白身魚カルパッチョ880、あぶり〆サバ650、小メロン・ピリ辛漬物480、かんぱちカマ焼き80、かます塩焼き580、縞いさき塩焼き580、天婦羅盛り合わせ980、地魚から揚げ盛り780、特大かわはぎ煮付け900、樽生かき酢680、辛カキ酢680。飲み物はビール(中瓶、中ジョッキ)546、ウーロンハイ、緑茶ハイなど346、生レモンサワー、生グレープフルーツサワーなど409、地酒、焼酎も多い。宴会は120名までで宴会コースあり。公式サイトあり。
  • HTML版(2003年以前): (02.01.25)(99.09.14)

|

« ゲソ天で三冷ホッピー … 大衆酒場「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) | トップページ | 地魚を追いかけて … 居酒屋「海彦(うみひこ)」(横浜・新杉田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/12829085

この記事へのトラックバック一覧です: 店情報: 居酒屋「海彦(うみひこ)」(横浜・新杉田):

» 地魚を追いかけて … 居酒屋「海彦(うみひこ)」(横浜・新杉田) [居酒屋礼賛]
全国の市の中で第1位の人口(2006年11月1日時点で360万人以上)を誇る横浜市は、そのエリアも広くて市内16の区は、東は東京・川崎から続く京浜工業地帯からはじまって、北西部は多摩丘陵、そして南部は三浦半島へと続きます。 私の職場のある磯子(いそご)区は、市内でもかなり南のほう。三浦半島の入口に位置している他、近くに魚市場で知られる横浜中央卸売市場・南部市場もあるなど、新鮮な魚が手に入りやすい地... [続きを読む]

受信: 2006.11.26 15:17

» 三浦地魚の盛り合せ … 情熱魚酒場「海彦(うみひこ)」(新杉田) [居酒屋礼賛]
 『情熱の豪快大ゲタ刺身盛合せ』は、情熱魚酒場「海彦」での宴会の華(はな)。 『神奈川の地場産素材の素晴らしさを伝えたくて「地産地消」の居酒屋を創りました。』  というのが「海彦」の謳(うた)い文句。  今日の刺身盛合せは、イサキ、スズキ、マグロ、カンパチ、ブリ、赤サバ、サザエ、炙り〆サンマ、イクラこぼれ鮨、アジわさびおろし、マグロタルタルという、三浦地魚の豪華11点盛りです。  今日は、元の職場... [続きを読む]

受信: 2014.12.30 11:26

« ゲソ天で三冷ホッピー … 大衆酒場「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) | トップページ | 地魚を追いかけて … 居酒屋「海彦(うみひこ)」(横浜・新杉田) »