« 店情報: 居酒屋「海彦(うみひこ)」(横浜・新杉田) | トップページ | 店情報: ラーメン「梅乃家(うめのや)」(千葉・竹岡) »

地魚を追いかけて … 居酒屋「海彦(うみひこ)」(横浜・新杉田)

全国の市の中で第1位の人口(2006年11月1日時点で360万人以上)を誇る横浜市は、そのエリアも広くて市内16の区は、東は東京・川崎から続く京浜工業地帯からはじまって、北西部は多摩丘陵、そして南部は三浦半島へと続きます。

私の職場のある磯子(いそご)区は、市内でもかなり南のほう。三浦半島の入口に位置している他、近くに魚市場で知られる横浜中央卸売市場・南部市場もあるなど、新鮮な魚が手に入りやすい地域なのだそうで、地魚を売りにしている居酒屋も多いのです。

職場の仲間5人でやってきたのは、新杉田駅近くの地魚がおいしい居酒屋「海彦」です。

店内は大小のテーブル席がずらりと並んでいる他、奥には小上がりの座敷席も何部屋かあって、100人以上入れる規模のお店です。

水曜・午後7時半の店内はテーブル席はほぼ満席。我われ5人は奥の小上がりのひとつに案内されます。

焼酎のボトル(黒甕720ml、2,980円)をもらって乾杯し、お通しのマグロ赤身のにぎり(←珍しいお通しですよね!)とカナッペをつまみながら、おもむろにメニューを確認します。

魚中心のメニューは「本日のおすすめ」が珍味三種盛り(蟹味噌、酒盗とろろ、烏賊麹塩辛)780(各単品480)、新秋刀魚刺身600、新秋刀魚塩焼き600、地鶏網焼き800、カキフライ600、塩焙り銀杏400、鮪のカマ焼き800~、鮪尾の身フライ・デミソース550、茹で鮪・粒マスタード仕上げ600、名物活あなご天ぷら・白焼き各1,200、ジャンボ出し巻き卵焼き980、えび上海ソースがけ600、タルタルツナタツタ520、鶏手羽焼き480、鶏手羽甘辛揚げ480、本にがり寄せ豆腐480、もろ味噌きゅうり380、姫さざえ500、いいたこから揚げ500、豚キムもやし炒め600、きゃべつのコンビーフ炒め550、揚げ出し豆腐450、あげたて納豆唐揚480、あげたて厚揚げ420、屋台風ソース焼そば550、塩にら小女子焼そば600、復活!ソース焼飯500、殻ごと海老マヨ600の品々。

そしてもう1枚が「三浦あらかると」と書かれたメニュー。こちらには三崎鮪刺身中トロ1,200・赤身800、うに・イクラ盛り1,000、珍しい赤さば680、金目鯛刺680、いなだ刺600、〆さば600、しょっこ刺650、活みる貝刺680、鯵刺・たたき580、真いわし刺700、白身魚カルパッチョ880、あぶり〆サバ650、小メロン・ピリ辛漬物480、かんぱちカマ焼き80、かます塩焼き580、縞いさき塩焼き580、天婦羅盛り合わせ980、地魚から揚げ盛り780、特大かわはぎ煮付け900、樽生かき酢680、辛カキ酢680という品々が並んでいます。

まずは三浦半島の地魚の中から、いなだ刺(600円)、しょっこ刺(650円)、活みる貝刺(680円)の3品をもらいます。

イナダは関西で言うハマチ。35~60センチ級のブリのことを指します。ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ(関西ではツバス→ハマチ→メジロ→ブリ)と出世する中の下から2番目ですね。

ショッコというのは漢字では「汐っ子」と書いて、夏から秋口に黒潮にのってやって来る当歳(←今年誕生)のカンパチのことを言うのだそうです。季節の魚なんですね。

焼酎もおかわり(2本目からはオリジナル甕焼酎、1,500円)しつつ、次にいただいたのは地魚から揚げ盛り(780円)と、上で紹介した特別メニューとは別に各テーブルに用意されている定番メニューの中から鯵のナメロウ(610円)と地ダコぶつ切り(610円)を注文。出てきた地魚のから揚げは、大きな魚から小さな魚までいろいろ混ざっていて、みんなで奪いあうようにいただきました。これで780円は安いなぁ。

さらに焼酎をおかわりするころにはすっかりできあがってきて、地魚以外の料理にも食指が動きます。地鶏網焼き(800円)に塩焙り銀杏(400円)、丸イカ姿浜焼き(580円)、カニサラダ(580円)です。

午後10時過ぎまで約2時間半の滞在は5人で15,345円(ひとりあたり3,069円)でした。三浦半島の地魚、いいですねぇ!

061025a 061025b 061025c
しょっこ刺 / 活みる貝刺 / 地魚から揚げ盛り

店情報前回

《平成18(2006)年10月25日(水)の記録》

|

« 店情報: 居酒屋「海彦(うみひこ)」(横浜・新杉田) | トップページ | 店情報: ラーメン「梅乃家(うめのや)」(千葉・竹岡) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/12829112

この記事へのトラックバック一覧です: 地魚を追いかけて … 居酒屋「海彦(うみひこ)」(横浜・新杉田):

» 三浦地魚の盛り合せ … 情熱魚酒場「海彦(うみひこ)」(新杉田) [居酒屋礼賛]
 『情熱の豪快大ゲタ刺身盛合せ』は、情熱魚酒場「海彦」での宴会の華(はな)。 『神奈川の地場産素材の素晴らしさを伝えたくて「地産地消」の居酒屋を創りました。』  というのが「海彦」の謳(うた)い文句。  今日の刺身盛合せは、イサキ、スズキ、マグロ、カンパチ、ブリ、赤サバ、サザエ、炙り〆サンマ、イクラこぼれ鮨、アジわさびおろし、マグロタルタルという、三浦地魚の豪華11点盛りです。  今日は、元の職場... [続きを読む]

受信: 2014.12.30 11:26

« 店情報: 居酒屋「海彦(うみひこ)」(横浜・新杉田) | トップページ | 店情報: ラーメン「梅乃家(うめのや)」(千葉・竹岡) »