« 店情報: ラーメン「梅乃家(うめのや)」(千葉・竹岡) | トップページ | 東京湾一周ツアー(2) … 大衆酒場「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) »

東京湾一周ツアー(1) … ラーメン「梅乃家(うめのや)」(千葉・竹岡)

横須賀に数ある名大衆酒場のひとつ「銀次」。その「銀次」は土日祝日が定休日のお店ながら、毎月第四土曜日のみ営業しているとあって、平日に横須賀まで行けない人でも月に1度だけピンポイントで「銀次」に行くことができるチャンスの日なのです。

そんな第四土曜日の今日この日に「銀次」に行こう! という企画を立案してくれたのは、歩く酒場データベース・Kご夫妻。「よーし行こう!」と企画に乗ったのはH氏と、新宿のやきとん「串元」の大常連さんであるT氏とK女史。そして宇ち中さんと私の7人。他にも途中から、あるいは一部だけ合流可能という人たちもいて、とても楽しい“のんべ旅行”になりそうです。

が、しかーし! ただ単に横須賀に行って帰ってきたのではおもしろくない。そこは旅好き、乗り物好きでもあるらしいK氏。今回の「第四土曜日企画」は、なんと千葉駅に集合し、内房をぐるりと回って浜金谷から東京湾フェリーで久里浜に渡り、横須賀の「銀次」に行って東京まで戻ろうという『東京湾一周ツアー』を企画してくれたのでした。

まだ昨夜の酔いも覚めやらぬ午前8時過ぎに自宅を出発。西武新宿線→地下鉄東西線→JR総武線と乗り継いで千葉駅でみなさんと合流したのは9時50分。缶ビール(サッポロ「畑から百三十年」)などを買い込んでKご夫妻が計画してくれた、千葉駅9時59分発のJR内房線・安房鴨川行きの電車に乗りこみます。

1時間に1本しかないという内房線普通電車は、比較的ゆったり気味。我われ7人も左右に並んだボックス席ふたつを確保し、電車が動きはじめるとともに通路を隔ててみんなで乾杯です。天気もいいし、旅行気分が盛り上がってきますねぇ!

「はいどうぞ」とKご夫妻が渡してくれたのは、茹で落花生や煎り落花生など、千葉県名産のつまみ。あらら。旅行の企画からつまみの手配まで、なにからなにまですみません。さらにビールを飲み終わったところで、T氏のデイパックから出てきたのは、なんとキンミヤ焼酎のボトルと瓶入りホッピーです! さすがホッピー大好きのT氏。旅行のときもかかさずホッピーですねぇ!!

「うわぁーっ! 海だぁーっ!」という声に外を見ると、目の前にはドーンと秋晴れの東京湾が広がっていて気持ちがいい。

1時間ちょっとの電車の旅で、上総湊(かずさみなと)駅に到着したのは午前11時6分。ここで11時12分発の高島別荘入口行き天羽日東バスに乗り込みます。もちろん偶然このバスに乗ったわけではなくて、これも当初からの予定どおりの行動です。電車を降りてからバスの出発までがほんの6分というところからも、K氏の綿密な計画ぶりがうかがえます。

バスに揺られること約6分(260円)。十夜寺(じゅうやじ)のバス停で降りると、すぐ目の前にあるのが千葉県内房周辺で作られたご当地ラーメンである「竹岡ラーメン」の元祖とも言われる「梅乃家」です。

今日の『東京湾一周ツアー』の1軒目の目的地が、この店なのです。

「えっ!? ラーメン屋が呑んべツアーの1軒目なの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこのお店、朝8時半の開店と同時にビール(瓶・生、550円)や日本酒(300円)、さらには焼酎の梅割り(300円)などが楽しめるのです。この次のフェリー乗り場行きのバスが来るのは1時間10分後。それまでの間、この店で竹岡ラーメンをつまみに梅割りを飲もうというのがK氏の計画なのです。

「梅乃家」は国道から分かれた小道の、鋭角の角地にある三角形の建物。黄色いテントの下に入口があって、昼前のこの時間、店内は満席で、店の外にも10人ほどの人が並んでいます。この店に来るのが今日で3回目というKご夫妻によると、これでも行列が少ないそうで、これまではもっとたくさんの人が並んでいたんだそうです。行列に並ぶ人たちは、あまり整然とは並んでいなくて、行列の途中にベンチに座っている人がいたりするのもおもしろい。いかにも地元の人らしきおばあさんが、本当に普段着でやって来て、我われの後ろに並びます。

10分も待たず入った店内はテーブル席が何卓か並び、左側には小上がり席と、さらに二階に上る階段もあります。我われ7人は、右手奥の6~7人かけられるテーブルに案内されました。

この店のメニューはとってもシンプルでラーメン(500円)、大ラーメン(550円)、チャーシューメン(600円)、大チャーシューメン(650円)の4つのみ。それに“やくみ(玉葱)”(40円)をのせるかどうかというオプションが選択できます。それと先に紹介したビール、日本酒と梅割りですね。「ジュースは外の自動販売機にあります」なんて書かれているのもおもしろい。

湘南のモツラー・GAさんからは「ラーメンには必ず薬味(玉ねぎ)をトッピングしましょう。できればチャーシューメンにして、梅割りをぐびりとやってからチャーシューを頬張るとタマランチ元会長です。そして、ラーメンを一気に食べましょう。房州お湯ラーメン独特の、醤油は濃いが出汁は薄いという味わいが楽しめます。」という、ありがたい『梅乃家での心得』をいただきました。そのおすすめにしたがって、私はチャーシュー麺の薬味付きと梅割りをいただくことにします。ほかのメンバーもそれぞれラーメンやチャーシュー麺に、ビールや梅割りを注文します。

梅割りは、梅割りにした状態で冷蔵庫で冷やされていて、注文に応じて受け皿つきのコップになみなみと注いでくれます。お通しは揚げそら豆。梅割りはとてもよく冷えているようで、コップの表面はあっという間に白く曇ります。

さっそくみんなで乾杯し、梅割りをコクッとひと口。ありゃりゃー。なんというフレッシュな梅の味わい。これはまた飲みやすいですねぇ。今日はこの先を考えて心理的なブレーキをかけまくったが、この店だけを目的に来ていたら何杯でもいってしまうかも!

厨房では女性が3~4人ほど働いていて、七輪で沸かしたお湯で、次々に乾麺が茹でられています。これとは別に店内に1~2名の女性がいますので、全体としては4~5名で切り盛りしているようです。

オールアバウトによると竹岡ラーメンの特徴は次の5つなのだそうです。

  1. 長ネギではなく玉ネギを使用している。

  2. チャーシューがたっぷり。

  3. 麺が生麺ではなく乾麺を使用している。

  4. スープ(ダシ)は麺を茹でた「お湯」を使っている。

  5. 麺茹では、炭を使った七輪で茹でる。

まずK奥さんが注文した(もっともシンプルな)ラーメン(500円)が登場です。「みなさん薬味付きが食べたいでしょうから、比較のために私が薬味のない普通のラーメンを注文しますね。」と言って注文してくれたものです。このシンプルなラーメンでも、大きなチャーシューがたっぷりと5枚。それにメンマと海苔も添えられています。「どうぞ食べてみてください」というお言葉に甘えてちょっといただいてみると、スープはかなり黒々としているのですが、食べてみるとそれほど醤油辛くはありません。麺を茹でたお湯のスープなのに、なにやら味わいがあるのが不思議だなぁ。

そしてチャーシュー麺の薬味つきも出てきました。「いったい何枚入ってるの!?」と驚くほどの枚数のチャーシューと、こんもりと盛り上げられた玉ネギ(←これが薬味)が、ビジュアル面での大きな特徴。黒いスープに浸かっていたからか、麺もけっこう褐色に色づいています。

そのチャーシューをつつきながら梅割りをちびりちびり。チャーシューは白身とのバランスもよくて、まるでカシラをつまみに飲んでるような感じです。それにしても食べても食べても出てくるチャーシュー。正直言って、私はチャーシューだけでほぼ満腹になってしまいました。

この店の眼下に広がるのが竹岡漁港。K氏の推測では「漁を終えた漁師さんが、朝になってこの店にやってきて、梅割りを飲みながらラーメンを食べて、海で冷めた身体をあっためたんじゃないかなぁ。だから朝8時半から開いてるし、アルコール類も置いているんじゃないでしょうか」とのこと。なるほどなぁ。

とってもフルーティな梅割り焼酎と竹岡ラーメンを堪能し、予定どおり1時間10分後の12時27分の東京湾フェリー行きバスで、ワイワイとフェリー乗り場へと向かいます。まるで修学旅行みたいだ!(笑)

061028a01 061028a02 061028a03
サッポロ缶ビール / 茹で落花生 / キンミヤとホッピー

061028a04 061028a05 061028a06
「梅乃家」の行列 / 店内の様子 / 梅割り

061028a07 061028a08 061028a09
メニュー / ラーメン / チャーシュー麺・薬味付き

061028a10 061028a11 061028a12
テーブルの様子 / チャーシュー / 褐色の麺

店情報 (同じときの「宇ち中」)

《平成18(2006)年10月28日(土)の記録》

|

« 店情報: ラーメン「梅乃家(うめのや)」(千葉・竹岡) | トップページ | 東京湾一周ツアー(2) … 大衆酒場「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/12918695

この記事へのトラックバック一覧です: 東京湾一周ツアー(1) … ラーメン「梅乃家(うめのや)」(千葉・竹岡):

» 東京湾呑んだくれツアーその2〜梅乃屋 [宇ち中]
2006/10/28 (続き) 上総湊駅が始発で浜金谷まで海岸線を走るバスの発車時刻は、ちょうど電車の到着を待っていたかのように電車を降りた約5分ほどあと。駅前で記念撮影などをしながら、ちょっと歩いたところにあるバス停でバスに乗り込みます。海岸線を東京湾を眺めながら走るバスはとっても気持ちがいいですね。わいわい遠足気分な7人、海を見ながら楽しく盛り上がります。そして10分も経たないうちに目指す「梅乃屋」のあるバス停、あっという間�... [続きを読む]

受信: 2006.12.03 20:46

« 店情報: ラーメン「梅乃家(うめのや)」(千葉・竹岡) | トップページ | 東京湾一周ツアー(2) … 大衆酒場「中央酒場(ちゅうおうさかば)」(横須賀中央) »